米国VIを売りのみで稼ぐ堅実投資法(相場安定時にコツコツ稼ぐ)

このエントリーをはてなブックマークに追加 

米国VIのショート(空売り)のみで稼ぐ堅実投資法を書きました。

米国VI投資法

ども。投資軍師のかんべえです。

今回は最近人気が高まっている米国VIについてです。

米国VIは相場暴落時には価格が高騰する一方で、相場安定時・上昇時には価格をどんどん下げてくれますので、価格高騰時に売りポジションをとれれば、相場安定時にも稼ぐことができます。

つまり、相場が安定すればするほど稼ぐことができる商品なんですよね。

私もそこに目をつけて、米国VI売りを実践しています。

今回は私が実践している「米国VIを売りのみで稼ぐ堅実投資法」をまとめてみたいとおもいます。

米国VIとは

米国VIとは恐怖指数(VIX)に連動する指数先物商品です。

VIXはS&P500(アメリカの株価指数)のボラティリティ(値幅)に連動するもので、株価が暴落したときに数値を上げます。

GMOクリック証券のCFD口座」で取引をすることができます。

米国VIは株価が暴落すると上昇し、株価が安定・上昇しているときは下落する傾向のある銘柄です。

相場暴落前に米国VIを買っておけば、暴落時に米国VIの価格が上がるので利益を得ることができます。

また、逆に相場安定時、上昇時に売っておけば、米国VIの価格は下がっていくので、利益を得ることができます。

米国VIは15~30ポイントを推移しており、1lotで1ポイントの値幅で1000円の利益が出る取引となります。

参考サイト:恐怖指数(VIX)とは?利益をあげるための3つの基本戦略

米国VIの性質をチャートで分析

では、実際に米国VIのチャートを見てその性質を分析してみましょう。

米国VIチャートYahoofinance米国VIチャートより抜粋)

2019年1月のドル円フラッシュクラッシュ時の暴落時に大きく価格を上げています。30ポイントを超えていますね。

S&P500チャートと比較すると

S&P500チャート2019年(S&P500チャート)

米国viと比較すると、S&P500の暴落時に米国VIの価格が上がっているのがわかるかと思います。

米国VIは人気が高まっている

この米国VIは最近人気が高まっています。

取引のしやすさ、暴落したら上がり、平常時は価格が下がるというわかりやすさからなのか、また人気投資ブロガーのあやたかさんの株ブログでも取り上げられており、取引する人も増えてきています。

私も米国viのトレードをしています。

ただし、ポリシー通り堅実投資法で実践しています。

具体的には20ポイント以上に上昇した後、ショート(売り)をしていきます。買いは一切せず、売りのみで、堅実に稼いでいく手法です。

以下、詳しく解説していきます。

米国VIショート(空売り)投資法を解説【ブログで実践中】

私が実践している米国VIショート投資法ですが、以下のルールで実践しています。

米国VIショート投資法

 

  • 取引はショートのみ(空売り)口座資金は3~10万円ほど
  • 米国VIが20ポイントを超えるような暴落をひたすら待つ
  • 株価暴落後、米国VIが高騰してもすぐには取引しない
  • 暴落から数日後、株価が落ち着いてきたらショートポジションを取る(2枚以上)
  • ロスカットされないようにロスカットポイントは30~40ポイント近くにしておく
  • 米国VIが下落し15ポイント以下になったら半分決済する
  • 残りはずっと保有し続けて、価格調整差額をコツコツ溜める(ロスカットラインは20くらいまで下げておく)
  • 以上を繰り返し、相場安定時にコツコツ稼いでいく

米国VIは正直リスクの高い先物取引になりますが、こちらも極力堅実に、レバレッジを低くして、本当にチャンスの時にしか投資をしないようにする戦法です。

補足解説していきます。

①取引はショートのみ

米国viはショートでしかトレードしません。

その理由は相場はほとんどの期間が上昇と安定だからです。

特に現在の地合いでは顕著です。

もう一度、S&P500のチャートを見てみましょう。

S&P500チャート2019年
(S&P500チャート)

年初のドル円フラッシュクラッシュ以降はほとんど大きな下落を見せず、上昇を続けています。

6月末に小暴落はありましたが、基本は上昇・安定の期間であることがわかります。

相場は基本は上昇と安定が続き、暴落は比較的短期間です。特に現在の地合いではその傾向が強いですね。

ですので、単純にショートをした方が稼げる可能性が高くなるというわけです。

ロング(買い)ですと、タイミングよく暴落の前に買わないと、価格はどんどん下がっていきます。後述しますが、米国VIチャート上は15ポイント近辺が底値のように見えますが、価格調整差額で毎月調整されていますので、実際は下落が続き含み損が増えていくことになります。

②米国VIが20ポイントを超えてから売る

米国viが20ポイントを超えるまでは取引をしないというルールも設定しています。

米国VIのチャートを5年間分みてみましょう。

米国VIチャート5年
Yahoofinance米国VIチャートより抜粋)

最近は特に相場が安定していますので、20ポイントを超えるのはなかなかありません。年に数回ほどです。

ですが、焦って、15ポイントあたりで売りをしかけてしまうと、一気にロスカットしてしまう可能性がありますので、注意が必要です。結局、損をしてしまっては意味がありませんからね。

なかなか取引チャンスが無いのですが、気長に待つ戦法でやっています。

2019年は年初のドル円フラッシュクラッシュ以降はポジションを取れていません。夏枯れ相場あたりで狙いたいとは思っていますが、暴落があるまで待ちですね。

③暴落から数日後、株価が落ち着いてきたらショートポジションを取る(2枚以上)

私の場合は米国VIの高騰時にすぐにポジションを取ることもしていません。指値20で設定したりもしていません。

なぜなら、暴落時にはどこまで米国VIが上がるかわからないからです。20ポイントで止まる時もあれば、年初のドル円フラッシュクラッシュのように30を超えてくることもあるからです。

ですので、暴落後、数日期間を置いて、相場が落ち着いてきたときにショートをしかけます。

ちょっと難しいのですが、暴落後1日~5日後を目安にポジションを取ることとしていますね。

相場が落ち着いて株価が上昇しても米国VIはすぐに20ポイントから15ポイントに下がったりはせず、ジワジワ下がる傾向がありますので、その時を狙って売りをしかけるようにしています。

もちろん、暴落が終わったと見せかけて再度暴落することもあるのですが、その時は少し塩漬けするか、損切りをするようにしています。

ポジションは2lot以上とるようにしています。これは1lotは早めに決済し、残りは長期に持ち続けて価格調整差額でコツコツ稼ぐためです。

④ロスカットされないようにする

ロスカットラインも幅を取って設定するようにしています。

状況にもよりますが、20ポイント近辺でショートポジションをとったら30ポイント以上にロスカットラインを設定して、多少の変動ではロスカットされないようにしておきます。

これはあくまでここ数年の地合いを前提としているのですが、暴落を耐えれば、近いうちに安定相場が続きますからね。ショートポジションを持ち続けても利益が出る可能性が高いわけです。

⑤相場が安定し、米国VIが15以下になってきたら半分決済し、残りは長期保有

無事、20ポイント以上でショートポジションを取ることができれば、相場が落ち着き、米国VIが15ポイント以下になるまで保有し続けます。

そして、15ポイント以下となれば半分利確します。

残り半分は長期保有して、安定相場時の間、含み益を増やしていきます。安定相場がいつまで続くかわかりませんので、次の変動までおいておきます。

価格調整差額でかなり稼ぎ、ロスカットラインを20ポイントくらいに設定しておいて、仮に暴落があってロスカットされてもプラスになる状態が理想ですね。

以上のような投資法で、年に数回しかトレードする機会がないですが、それでも堅実に稼げるよう実践しています。

価格調整差額とは?

米国VIの価格調整差額についても解説しておきます。

もう一度、米国VIチャートを見てみましょう。

米国VIチャート5年
(Yahoofinance米国VIチャートより抜粋)

こう見ると、10~15ポイントくらいが底値でそれ以上は下がらないように見えます。これなら下がったときに買っておけば問題ないように思えますが、そういうわけではありません。

チャート上は底堅くでも、これは毎月、連動対象を期先のものに乗り換えているためであり、毎月価格調整差額という調整金が発生しています。

先物取引というのは期限が決まっています。

6月限月もの、7月限月もの、など、それぞれ価格は異なっています。

しかし、米国VIには期限がなく、ずっと保有することが可能です。

それは、毎月、連動対象を期先のものに乗り換えているためです。

例えば、この記事を書いている2019年6月では、米国VIは7月になると、6月限月もののVIXから7月限月ものに乗り換えることをしているわけです。

その結果、6月限月ものと7月限月ものとでは価格が違うので、その差額が価格調整差額として、プラスまたはマイナスで処理されるわけです。

相場安定時であれば、売りポジションを持っているのであれば、基本は価格調整差額はプラスに働きます。多くの場合、古い先物よりも新しい先物のほうが価格が高くなるためです。これをコンタンゴといいます。

6月限月が15ポイントで7月限月が16ポイントだとすると、1ポイント分価格調整差額が発生し、米国VIの価格は16になります。ですので、チャート上は底堅く見えるわけですね。

そして、15ポイントで売りポジションを持っていた場合、16ポイントに乗り換えが起きるため、含み損が増えますが、その分の調整が価格調整差額としてプラスで計上されることになります。

一方、相場暴落時はバックワーデーションといい、期先の価格の方が低いケースもあります。その場合は売りポジションを持っていると乗り換え時に含み益が増えるため、価格調整差額がマイナスに働きます。

しかし、多くの場合は相場は安定しているためコンタンゴが多く、結果として、売りポジションを保有していると価格調整差額がプラスに計上されることが多くなります。

VIXは将来のボラティリティの高さで価格が決まりますが、直近限月のものより期先限月のものの方が相場が変動する不安がありますので、価格が高くなる傾向があるわけです。ですので、6月限月より7月限月のVIX先物の方が価格が高いというわけです。これがコンタンゴです。

一方、相場が急落してVIXの価格が高騰したときは、将来の方が相場が落ち着くと期待されることから、期先限月のものの方が価格が低くなることがあります。これがバックワーデーションです。

相場変動があまりない最近の相場ですと、コンタンゴの方が多くなりますので、米国VIは売りの方が勝率が上がると予想されます。


VIX専門家のたんすさんにご教授いただきました。本当にありがとうございます。(たんすさんのブログ⇒たんす投資

その他、詳しい解説は「GMOクリック証券の解説」や「米国VIの価格調整額の仕組みを理解し、年利10%を稼ぎ出す方法」の記事もご覧になるとより理解が深まると思います。

まあ、完璧な理解はなかなか難しいのですが、米国viは相場安定時・上昇時にどんどん価格を下げていくものなので、チャート上は底堅く見えても、実際はどんどん価格を下げてくれていて、含み益も増えていくということを理解してもらえたらいいですね。

レバレッジ管理について

FXのスワップ投資と同じく、米国VIもレバレッジを低く、基本はロスカットされないように運用します。

米国VIは10倍までレバレッジをかけることができ、1ポイントあたり1000円の損益となります。

ですので、20ポイントで売りポジションを取り、30ポイントをロスカットラインにすると考えると、10,000円以上は入金しておかなければなりません。

2lotで行くなら20,000円ですが、余裕を持つためにも3~10万円ほどは口座にいれておきたいですね。

私もそうですが大体取引は2lotまでにしておき、儲かってきたら、徐々にlot数を増やしたいと思っています。

実践結果:ドル円フラッシュクラッシュ時にトレード成功

私は2年前くらいから、米国VIを始めていて、何度かロスカットも食らっているのですが、上記の投資法を実践してから少しずつ結果が出始めています。

26ポイントあたりでショートできていたポジションを15ポイントあたりで利確することができました。約1万円の利益を出すことができました。(参考: 2019年2月収益報告米国VI

次は2枚(2lot)以上で取引をしたいと思っています。

2019年1月にポジションを取り、2月末に決済してしまったのですが、結果論にはなりますが、もっと保有し続けていれば、価格調整額も得れたのですがね。次は長期保有分も用意しておこうと思います。

米国VI投資の始め方、ショート注文方法

では、初心者の方向けに米国VIの注文方法も解説しておきます。

1.GMOクリック証券CFD口座を用意する

米国VIですがGMOクリック証券のCFD口座を使います。手数料も安く、取引もしやすいのでおすすめです。

⇒GMOクリック証券CFD口座開設はこちら

2.CFD口座にログインする


(GMOクリック証券PC版ログインヘッダーメニュー)

ログインを上部メニューの「CFD」をクリックし、「指数・商品」をクリックします。

3.米国VIの銘柄を選択する

「指数・商品」の画面で左サイドメニューに「銘柄一覧」というものがあり、詳細選択すると以下のような画面となります。

CFD銘柄一覧

ここで米国VIがありますので、選択します。

4.注文する

続いて注文をします。

米国VI注文
(米国VI注文画面)

今回は20ポイントで売りの指値注文をしてみます。

米国VI注文

  • 売買:売
  • 注文タイプ:指値
  • 取引数量:1
  • 注文価格:20
  • 有効期限:当日

実際は暴落後に落ち着いてから売りを入れますので、指値で価格が上がるのを待つという注文はしません。

暴落が起きて、米国VIの価格が20を超えてきたら注文をするという感じです。それでも、指値注文はしておきたいですね。成行ですと、不利な価格で約定してしまう可能性もありますからね。

注文確定

これで注文確定です。

5.ロスカットラインを変更しておく(重要)

注文が完了し、注文履歴を見ると以下のようになっています。

注文履歴

ロスカットレートは「自動」となっており、証拠金に応じてかなり狭い値幅でもロスカットされるようになっています。これですと長期保有が難しいので「変更」をクリックします。

ロスカット変更

ロスカットレートのところ「指定」に選択して「30」にしておきます。

ロスカットライン

「確認」を押すと、必要証拠金が算出され、証拠金が足りていれば変更できます。

以上で注文は完了です。

米国VIは資産運用としておすすめできるのか?

さて、米国VIですが、堅実投資として、資産運用としておすすめできるのか?という点ですが、ちょっとリスクが高い投資に分類されてしまいますね。

空売りですから損失は天井知らずです。

リーマンショック級の暴落があれば、値飛びが起きてロスカットライン以上のマイナスを食らってしまう可能性もあります。

ですが、最近の地合いでは、相場が安定している期間がほとんど、その間にどんどん価格を下げてくれる米国VIには魅力があります。

私もそうですが、初心者の方は特に2lot~3lotまでで取引を続けるのが良いかなと思います。

基本は上記のルールでやればそんなに損失はないはずです。ただ、取引をする機会はかなり少ないですが・・・。

売りポジションを持っているときに大暴落がありロスカットを食らってしまう可能性はあるのですが、そのとき仕方がないと思って、あまり資金は投じず、続けてみようと思います。

繰り返しますが、2019年の現状は相場が安定していますので、有効だと思います。またトレンドが変わり、下落トレンドが始まったら手を引いた方がいいでしょう。

また、CFDといったちょっとテクニカルなトレードをしますので、投資初心者の方にはおすすめしません。

米国VI投資の心得 

  • 米国VIはリスクのある取引
  • 2lot以上は基本は取引しない
  • 下落トレンドが始まったら手を引く
  • それまでは価格調整差額で稼ぐ
  • 投資初心者の人はおすすめしない

 

投資軍師かんべえ
祖相場安定時に稼げるのは魅力ですが、初心者の方は避けた方がいいでしょう

米国VIの買い(ロング)はなぜおすすめしないのか?

ちなみに米国VIの買いはおすすめしていません。

もちろん、暴落の直前に買えれば利益が出るんでしょうけど、暴落を予想することはほぼ不可能です。私にはできません。

そして、どんどん減価していきますので、暴落が来なければ、資産がどんどん減っていくことになります。現在の地合いでは安定相場の期間がかなり長いので、売るタイミングを逃してしまいますと、どんどん資産が減ってしまいます。損切りをしなければならなくなります。

米国VIを買うなら暴落を予想して短期で買うことをおすすめします。

いつか上がるだろうという感じで長期に保有してしまうと、それは私が失敗している投資でVIX1552ETFを長期保有したり、日経平均ダブルインバースを長期保有するようなものと同等なりますので、勝率は低いと思った方がいいでしょう。

参考:米国VI空売りの価格調整差額でコツコツ稼げるか検証【VIXの空売り投資法】

まとめ

以上、私が実践している「米国VIを売りのみで稼ぐ堅実投資法」について書きました。

まとめますと

  • 取引は売り(ショート)のみ
  • 20ポイントを超えるような暴落が落ち着いたらポジションを取る
  • 15ポイントを割ってきたら半分利確、半分長期保有して価格調整差額で稼ぐ
  • ロスカットされないようにロスカットラインは30~40で設定
  • リスクのある投資なので少額から始める(2lotほど)
  • 相場が下落トレンドになったら手を引く
  • 米国VIは初心者の方の資産運用としてはおすすめできない

まだまだ一度うまくいっただけの投資なので、今後も継続して稼げるかは分かりません。実践していきまた情報をアップデートしていきたいと思います。

以上、少しでもお役に立てれば幸いです。投資はくれぐれも自己責任でお願いいたします。

⇒GMOクリック証券で米国VI取引を始める




今月の注目記事


好評のドル円買いユーロ円売り両建て戦法
⇒FX両建ては「ドル円買いとユーロ円売り戦法」の方がおすすめできる。


投資軍師かんべえ
円安時、円高時、どちらでも利益を出せる手法です。堅実に投資したい方におすすめ。


このエントリーをはてなブックマークに追加 
↑お役に立てましたらシェアお願いいたします。励みになります。<(_ _)>

カテゴリ: CFD, 米国VI



ハイリターン投資ROCK×SBI FXトレード

サイト主かんべえも重宝しているFX口座のSBI FXトレードとタイアップしました!

1通貨からトレードができるので初心者には特におすすめの口座です。

SBIFXトレードバナー

>>ハイリターン投資×SBI FXトレード(Amazoneギフト券3000円プレゼント)<<


⇒SBI FXトレードの詳細な情報はこちら


堅実投資法大公開
かんべえが実践している堅実投資法を公開しています。


おすすめ口座
堅実投資のために必要な口座をまとめました。



投資軍師かんべえのLINE相談
LINE@も始めました♪投資初心者の方は是非お役立てください。
記事に関する質問はもちろん。FXで資産運用をやってみたいけどやり方がわからない。この投資、本当にリスクなく稼げるの?といった初心者さんへの疑問にも無料でお応えしています♪




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*