小型株でおすすめの銘柄をピックアップした【5万円以内で買える株】

このエントリーをはてなブックマークに追加 

1単元5万円以内で買える小型株の中で個人的に気になるものをピックアップしてみました。

これから成長が期待できるビジネスを意識した投資をしてみたいと思います。

ども。リーマン投資家のかんべえです。

安定して月100万円の投資収益を得るために日々、投資の研究、試行錯誤をしております。

今回は1単元(100株)を5万円以内で買える小型株、つまり、株価が500円以下の銘柄の中で、個人的に注目している銘柄について書きたいと思います。

あくまで、個人的な意見ですが、2019年以降の投資に向けて参考になれば幸いです。

小型株に投資するメリットとデメリット

小型株のメリットはやはり少額から投資ができるという点です。

1単元(100株)1万円~5万円ほどで買うことができるので、個人投資家の方も投資がしやすく、少額という点では初心者向きになります。

そして、もう一つのメリットとして「伸びしろがある」という点が挙げられます。

現時点で時価総額が低いので、一発大きなビジネスを充てることができれば、株価が2倍、3倍、になりやすいというメリットがありますね。

一昔前では「パズドラ」で一躍話題になったガンホー(3765)の株価が大きく上がりましたよね。

ガンホー株価2018年11月(参考:Yahoo Finance ガンホー株価

株価が100円にも満たなかった銘柄ですが、パズドラ特需で一気に上がり、一時は株価1500円を付けるほどです。まさにテンバガー、20倍くらいになったのではないでしょうか。

このくらいすごいのはなかなか出てきませんが、小型株は今まで株価が安い分、上がり幅も大きくなる傾向がありますね。

一方でデメリットとしては、リスクが高いということです。

小型株は主にマザーズなどの新興市場に上場しているものが多く、未知数があります。

また、株価が安いということは直近の経営成績がよくなかったり、不正の事件があったりと、不安材料が多いのも確かです。

塩漬けリスク、最悪の場合は上場廃止の可能性もあり得ます。

ですので、安定銘柄を狙うよりかはリスクが高いです。ただ、最近では日産自動車の不正事件、オリンパスの事件、日本航空でさえ上場廃止になっているので、そのあたりは小型株だからというよりかは、株投資は見極めが大事だということですね。

小型株銘柄選定の基準 これから来るビジネスに関連する銘柄を狙う

第二のガンホー株を目指して、私も小型株に投資をしていっています。

銘柄の選定基準ですが「これから上がる株銘柄を探す方法【テーマ株投資法】」でも書いていますが・・・

将来大きくなりそうなビジネスに関連する銘柄

これを狙って投資していっています。

将来大きくなりそうな、今後来そうなビジネスを考え、それに関連する銘柄を見て、投資します。

例えば

  • ドローン
  • 量子コンピューター
  • ワイヤレス充電
  • 自動運転
  • 電子決済
  • ブロックチェーン・仮想通貨
  • 電柱地中化、土壌汚染チェック インフラ系
  • 5G

などなど

現時点でも少しずつ始まっているものや、これから実現させていくようなものなど、特に国をあげて進めているビジネスについては多めに投資したいと思っています。

上記のビジネスのように、これから来る、とニュースで言われているものでも、関連銘柄はまだまだ安かったりします。

そこを狙って今のうちに仕込んでおきたいと思っています。

後は、過去のチャートから割安になっていることを見ています。

では、私が注目している銘柄をご紹介します。(チャート引用元Yahoofinance)

2019年に向けて

フォーサイド(2330) キャッシュレス銘柄

フォーサイド2018年11月

フォーサイドは電子決済銘柄・キャッシュレス銘柄として注目しています。

日本は先進国に比べてキャッシュレス化が遅れています。

そこで、東京オリンピックに向けて、キャッシュレス化を進めようとしています。

2019年に消費税増税を予定していますが、電子決済であれば、ポイント5%還元を検討していたりしていて、国をあげてキャッシュレス化を進めようとしています。

当然、関連銘柄には好材料です。

先日、フォーサイドは中国市場向けのアリペイの提供も開始すると報道があり、ストップ高になったりと、動きのある銘柄ですね。

参考:中国アリババグループ「日本恒生ソフトウェア株式会社」との業務提携によるQR決済サービス“アリペイ(支付宝)”ソリューション提供開始のお知らせ

ただ、未知数も多いので、下がる時は下がりますね。

過去に株価1000円近くつけているので、目標株価1000円超で、今のうちに買っておこうと思います。

ブイキューブ(3681)ドローン銘柄

ブイキューブ株価

続いて注目している銘柄がブイキューブです。株価は500円前後推移しています。

ドローンビジネスの中でも災害現場に使える業務用ドローンを開発、提供しているところに注目しました。

ブイキューブドローン(ブイキューブ公式:自治体向け業務用ドローンの活用

原発事故や雪山、火災現場、土砂災害現場など、なかなか人が直接行けないところで、ドローンが活躍するというわけです。

自治体が相手なので、大きな契約がとれれば、安定して利益を出すことができ、株価も上がっていくのではないか?とみています。

過去に株価1500円円超もあったので、史上最高値まではホールドして、待ちたいと思います。

JVCケンウッド(6632)自動運転銘柄

続いて注目しているのがJVCケンウッドです。

自動運転銘柄として期待しています。


JVCケンウッド公式サイトより)

関連記事:JVCケンウッド 安全な自動運転の根幹技術開発で株価に注目

未来は自動運転が主流になると言われていますよね。

タクシーでさえ、もう自動運転者に市場を奪われるのではないかともいわれています。

自動運転銘柄の中でも小型株であり、自動運転の根幹技術を開発しているケンウッドも買っていきたいと思っています。

フィスコ(3807)ブロックチェーン銘柄

フィスコ株価

次はブロックチェーン銘柄、仮想通貨銘柄のフィスコです。

まあ、仮想通貨はかなり下火になっちゃいましたけどね~、なので、そこまでは期待できないですが・・・

ブロックチェーン技術についてはまた仮想通貨以外にも使われていくと思うので、また、何か、第二の仮想通貨のようなものが開発されるのを期待しています。

ちょっと半信半疑な気持ちなので、株価は2倍になればいいかなくらいな気持ちで、少なめに投資しています。

環境管理センター(4657)インフラ系、アスベスト、土壌汚染調査

環境管理株価

続いてご紹介するのが環境管理センターです。

ここは、土壌汚染などを調査・分析する会社でインフラ系の銘柄として期待しています。

過去には築地から豊洲に移転する際に土壌汚染対策の業者として注目を集めて、ストップ高となっていました。

参考:環境管理センターがストップ高、豊洲問題で受注思惑が浮上

こういったインフラ系は今後も大きく値を上げる可能性を持っており、継続的にストップ高が来る銘柄として期待しています。

平常時は安いので、塩漬けになる期間は長いかもしれませんが・・・。

株価500円以上だけどサイバネット、イトーヨーギョー、イメージワン

以上、注目しているビジネスに関連する銘柄をご紹介しました。

その他、株価は500円以上ですが、注目している銘柄としては

サイバネット(4312):ワイヤレス給電関連で注目

イトーヨーギョー(5287):電柱地中化で注目

イメージワン(2667):ドローンビジネスで注目 

株価は500円以上ですが、こちらも注目している銘柄ですね。

以上が私が注目して実際に投資をしている小型株です。

うまく仕込めた銘柄 NF回路設計ブロック

成功例を一つ

ワイヤレス給電銘柄として注目していたNF回路設計ブロック(6864)ですが

NF回路設計ブロック株価

化けました。

でも、ワイヤレス給電事業で上がったわけではなく、量子コンピューター事業で話題となり連日ストップ高となりました。

参考:NF回路設計ブロックが連日ストップ高で株価急騰中!ワイヤレス給電銘柄投資で含み益が拡大しています。

500円前後の株価の時から買っていたんですけどね、900円くらいに上がって大分売ってしまって、また買い戻してと、ちょっと売買は下手クソでしたが、それでも大きく利益を得ることができました。

ちょっと今は下がり気味ですが、また量子コンピューターやワイヤレス給電は注目されると思うので、高値更新を期待しています。

小型株に投資するならおすすめは松井証券

以上のような感じで、小型株の中でも、今後大きなビジネスになりそうな分野に力を入れている銘柄を中心に買っておくと、NF回路やガンホーのように化けるかもしれませんね。

テンバガーを得ることも夢ではないでしょう。

そして、小型株に投資をするなら証券口座は松井証券がおすすめです。

なぜなら、1日に約定代金が10万円以下なら、手数料が無料になるからです。

ですので、株価が500円以下の小型株を投資するのであれば、手数料無料で取引することが可能なんですよね。

1日の約定代金が10万円以上にならないように、日ごとに分けて小型株を売買していくのがおすすめです。

また、松井証券には「テーマ投資ガイド」という情報ツールがあります。

これは上記で紹介したドローンやキャッシュレス化などのテーマを解説し、それに関連す銘柄を抽出してくれるツールなので、銘柄選定にとても役に立ちます。


(松井証券テーマ株投資)

このような感じで、50音順で注目テーマを見ることができますし

最近注目のテーマを見ることもできるので、テーマ株投資にとても役立ちます。

参考:これから上がる株銘柄を探す方法【テーマ株投資法】

また、1日の約定代金が10万円以上になるのであれば、トータルで手数料の安いGMOクリック証券等にすればいいでしょう。

参考:結局どこの証券会社が一番良いのか【投資初心者にもおすすめの証券口座の選び方】

小型株でおすすめの銘柄をピックアップした まとめ

以上、小型株でおすすめの銘柄をピックアップしてみました。

あくまで私が投資している銘柄ですので、これを買えば上がるという保証は全くありませんので、投資はくれぐれも自己責任でお願いいたします。

銘柄の選定基準はこれから来ると思われるビジネスに関連する銘柄です。

正直、財務諸表とか詳しくは見ていませんので、色々穴があるとは思います。

ピックアップした銘柄は

  • フォーサイド(2330)⇒キャッシュレス銘柄
  • ブイキューブ(3681)⇒ドローン銘柄
  • JVCケンウッド(6632)⇒自動運転銘柄
  • フィスコ(3807)⇒ブロックチェーン銘柄

上がってくれたらいいな~と思いますね。

テンバガーとは言わずも3倍くらいになってほしいものです。

そして小型株は1日約定代金10万円以下は手数料が無料になる松井証券がおすすめです。

小型株なら買う日を分ければほとんど手数料を払うことなく、買うことができますからね。テーマ選定の「テーマ投資ガイド」もお役立てください。

以上、少しでも皆様のお役に立てれば幸いです。投資は自己責任でお願いいたします。




今月の注目記事


スワップ金利の高い通貨はどれか?
⇒【比較】スワップ金利の高いおすすめ通貨はどれか?各FX業者別まとめ


投資軍師かんべえ
通貨ペアごとにFX口座ごとに徹底比較してみました。



このエントリーをはてなブックマークに追加 
↑お役に立てましたらシェアお願いいたします。励みになります。<(_ _)>




ハイリターン投資ROCK×SBI FXトレード

サイト主かんべえも重宝しているFX口座のSBI FXトレードとタイアップしました!

1通貨からトレードができるので初心者には特におすすめの口座です。



>>ハイリターン投資×SBI FXトレード(Amazoneギフト券3000円プレゼント)<<


⇒SBI FXトレードの詳細な情報はこちら


トルコリラ最新


暴落にも耐えたトルコリラ堅実投資法をご紹介
⇒トルコリラFXで堅実にスワップ金利収入を稼ぐ方法を検証しました。