FX初心者は少額からコツコツ始めるのがおすすめです。

このエントリーをはてなブックマークに追加 

FX初心者の方はまずは少額から取引を始めることをおすすめします。

FX初心者の方向けにFXをリスクを低く、少額から始める方法をご紹介します。

FX初心者の方へ なぜFXがハイリスクなのか?

FXと聞くとハイリスクなイメージがあるとかと思いますが、なぜ、ハイリスクと言われているのか正確に理解していますか?

”FXがハイリスクといわれる理由はレバレッジをかけた取引ができる”

からです。

レバレッジをかけた取引とはFX口座に預けたお金の何倍もの取引をすることができるということです。2018年4月時点のルールでは口座に預けた資金の25倍まで取引ができることになっています。

ですので、例えば、FX口座に10万円を預けたら25倍の250万円分まで注文することができます。

1ドル100円とすると25000ドルまで買うことができるというわけです。

25000ドルということは1円上がれば25,000円儲かることになりますし、ドルが10円あがれば250,000円も利益が出ます。

100,000円で250,000円も利益を得ることができるという点ではハイリターンな投資です。

ただ、逆にレバレッジを25倍までかけて取引をすると、4円下がるだけで、一瞬で含み損が口座に預けた10万円以上になってしまい、強制決済(ロスカット)されてしまい、一瞬で10万円がなくなってしまうというわけです。

この点から、FXはハイリスクとされているわけです。

FXがハイリスクな理由②:10,000通貨単位の取引が基本?

レバレッジが25倍までかけられるという点からFXはハイリスクであることがご理解いただけたかと思いますが、FXがハイリスクな理由はそれだけではありません。

FXがハイリスクな理由のもう一つが

”10,000通貨単位でないと取引ができないFX業者が多い”

です。

10,000通貨ということは10,000ドルです。

10,000ドルというと約100万円です。

つまり、株でいう1単元の取引が毎回100万分の取引になってしまうということなんです。

この場合、資金力がない個人投資家はレバレッジをかけるのが基本となっていまい、FX初心者の人がいきなりハイレバレッジ、100万円単位の取引をすることになってしまいます。

当然、投資は甘くはありませんから、すぐにロスカット、強制退場となってしまいます。

これではFXがギャンブルのように思われてしまっても仕方がありませんよね。

しかも、CMでもお馴染みのGMOクリック証券やDMM FXは10,000通貨単位の取引になっています。

CMもしてて安心感もあるということで、両社を選ぶと、いきなりハイレバレッジの取引になってしまいます。正直、FX初心者にはお勧めできません。

もちろん、ハイリスクハイリターンを承知の上で投資をするのであれば問題ないのですが・・・。

FX初心者の人はまずは少額からしっかり稼げるようになるまで取引を続けた方がいいです。

先ほど、”10,000通貨単位でないと取引ができないFX業者が多い”と書きましたが、10,000通貨単位ではなく、それ以下の単位で取引ができるFX会社もあります。

中には1通貨単位からFXができるところもあり、FX初心者の人はまずは1通貨単位から少額でコツコツ始めるのがおすすめです。

FXを少額から始める方法 最小取引通貨単位が1通貨のFX会社

では、少額からFXができる会社を見てみましょう。

FX会社名最低取引通貨単位ドル/円
スプレッド
ユーロ/円
スプレッド
豪ドル/円
スプレッド
SBI FXトレード10.27銭~0.39銭~0.59銭~
OANDA Japan10.4銭0.7銭-
みんなのFX1,0000.3銭0.4銭0.6銭
外為ジャパン1,0000.3銭0.5銭0.7銭
JFX1,0000.3銭0.5銭0.7銭
ヒロセ通商1,0000.3銭0.5銭0.7銭
インヴァスト証券
1,0000.3銭0.6銭0.7銭
セントラル短資1,0000.3銭0.5銭0.8銭
GMOクリック証券
(FXネオ)
10,0000.3銭
(原則固定)
0.5銭
(原則固定)
0.7銭
(原則固定)
DMM FX10,0000.3銭0.5銭0.7銭
GMOクリック証券
(くりっく365)
10,000変動変動変動
各社スプレッド2018年7月更新

比較表の最小取引通貨単位のところを確認してもらえるとSBI FXトレードOANDA Japanが1通貨からFXができる会社です。

スプレッドやスワップの観点からもSBI FXトレードがおすすめですね。

1通貨であれば1ドルということです。つまり数百円からFXを始めることができるというわけです。

ご自身の資金力と投資レベルに合わせてレバレッジを設定し、FXを始めるのがおすすめです。

少額でも利益を上げることができるようになれば、資金を増やし、レバレッジを高めていっても良いでしょう。

関連記事:FXを始めるにはいくらかかるのか?必要資金と少額取引ができるFX会社の紹介

参考サイト:FX少額投資のすすめ 1通貨から始める方法

当サイトではスワップ投資を推薦

ちなみに当サイトではFXはスワップ投資を推薦しています。

スワップ投資とはレバレッジを低く保ち、スワップ金利の高い通貨(南アフリカランドやトルコリラ)を中心に買いポジションを増やし、ひたすら上がるのを待ちながら、スワップ金利をコツコツ増やすという投資手法です。

実際、私もデイトレードで為替差益を得ようと頑張ってみたのですが、どうしても長期継続して稼ぐことができません。日々はコツコツうまくいっても日銀砲や英国EU離脱やトランプ政権の誕生やらで全く逆方向に相場が大変動し、今までのもうけをすべて奪っていってしまいます。

結論としてデイトレードでは稼げないということがわかりました。

デイトレードで継続して稼ぐことができるのは上位0.1%だと思います。

そこで、どうすればいいかと考えたとき、何も考えず、安くなったら買って、ひたすら上がるのを待つという、至極単純な投資が一番勝てるのではないかという結論至ったのです。

この投資法はレバレッジを低く保つので、なかなか大きな利益は得られませんが、長期的にみれば大きな利益を得ることができます。

日々の利益は大きくても年間トータルでマイナスなら意味がありませんからね。

その点、スワップ投資は通貨がデフォルトしない限り勝率は高いです。

例えば南アフリカランド円FXは約3年ほどかかりましたが、安定して利益が出るようになりました。

参考:南アフリカランド円FXを2年半続けて感じたリスクとメリットについて

参考②:私の南アフリカランド円FXの3年間の全取引履歴と投資術を公開します

スワップ金利が高い通貨は急落リスクも大きいのですが、レバレッジを低くしていれば問題ありませんし、また回復してきてくれた時のプラスが大きいです。

南アフリカランドも一時は6円まで下がりましたが、現在では9円ほどに戻ってきてくれて、時間はかかりましたが、トータルでプラスになっています。

また、トルコリラは現在下落中ですが・・・

参考:トルコリラFXで2年ナンピン買いを続けてようやく含み益となりました。

また南アフリカランドのように回復してくと見ています。投資は長期になればなるほど勝率が上がるのは事実ですね。

FX初心者の人はいきなり、高リスクの通貨に行くのではなく、まずは米ドル円がいいでしょう。米ドルでもスワップ金利は入りますからね。

参考:米ドル円FX積立投資をはじめてみます。~金利スワップ狙い・外貨積立におすすめ~

まとめ FX初心者は少額からコツコツ始めるのがおすすめです。

以上、FX初心者のFXの正しい始め方、少額から始める方法についてご紹介しました。

まとめますと

  • FXがハイリスクな理由はレバレッジを25倍までかけれるから
  • 10,000通貨からしか取引ができないFX口座での取引もリスクが高い
  • FX初心者は初めは少額からコツコツFXをするのがおすすめ
  • FX会社の中にはSBI FXトレードのように1通貨からFXができる会社もある
  • FX初心者は1通貨~100通貨単位といった少額から投資を初めてFXの腕を磨くべし
  • 少額でも利益をあげれるようになったら資金やレバレッジを上げて利益を増やしていくべし
  • デイトレードが向いていない人はスワップ長期投資がおすすめ

DMMやGMOクリック証券といったCMでもお馴染みの会社は10,000通貨単位からしか投資ができないというデメリットもありますので、やはりFX初心者は1通貨から投資ができるSBI FXトレードで始めるのをおすすめします。

キャンペーンやCMの芸能人に惑わされず、長期的にFX市場で稼げるような投資を初めてください。

以上、少しでも皆様のお役に立てれば幸いです。投資はくれぐれも自己責任でおねがいいたします。

口座開設は以下よりどうぞ
FX初心者は少額から SBI FXトレード

このエントリーをはてなブックマークに追加 
↑お役に立てましたらシェアお願いします<(_ _)>




ハイリターン投資ROCK×SBI FXトレード

サイト主かんべえも重宝しているFX口座のSBI FXトレードとタイアップしました!

1通貨からトレードができるので初心者には特におすすめの口座です。



>>ハイリターン投資×SBI FXトレード(Amazoneギフト券3000円プレゼント)<<


⇒SBI FXトレードの詳細な情報はこちら