FX口座を複数持つ必要性が高い理由【通貨ペアごとに使い分けるのがおすすめ】

このエントリーをはてなブックマークに追加 

FX口座を複数持つ必要性・メリットについてまとめておきます。

一つのFX口座しか持たない場合の危険性、デメリット

FX口座を一つしか持っていない場合、以下のような危険性・デメリットがあります。

  • 相場大変動時にスプレッドが大きく広がりすぎて取引がしづらくなる
  • 相場大変動時にシステムエラーでログインできず、トレードのチャンスを失う
  • 複数の通貨ペアを取引していると損益管理が複雑になる
  • 複数の通貨ペアを取引していた場合、一つの通貨が暴落したとき、他の通貨もロスカットされてしまう

相場大変動時はイレギュラーなケースですが、一つのFX口座だけで取引をしていると、トラブルへの対応が難しくなります。

実際、私も5年以上FXをしていますが、相場大変動時には注文が通りにくかったり、スプレッドが大きく開くことは多く経験しています。

また、複数の通貨ペアを一つの口座ですべてまとめてしまうのも危険です。

例えば、トルコリラといったリスクの高い通貨を取引していると、急激な暴落で、損失が膨らみ、ロスカットとなった場合、他の米ドル円やユーロ円といった通貨ペアまでも強制決済させられてしますので、レバレッジ管理の点からもよくありません。

せめて二つ以上の口座を持ち、安全に運用したいところです。

通貨ペアごとにFX口座を用意するのがおすすめ

おすすめは通貨ペアごとに口座を持つことです。

FX業者ごとにスプレッド狭さ、スワップの高さが違うということもありますが、何よりも損益管理・レバレッジ管理がしっかりできるということが大事です。

例えば、米ドル、南アフリカランド、トルコリラといった通貨を同じ口座で取引していた場合

各チャートを見てみましょう。

米ドル円(USD/JPY)
2018年米ドル円10年チャート

南アフリカランド円(ZAR/JPY)
南アフリカランドチャート11月

トルコリラ円(TRY/JPY)
トルコリラチャート2018年10月

2016年は南アフリカランドが10円から6円へ大暴落、そして、2018年はトルコリがずるずる30円から15円大暴落しています。

もし、3通貨ペアを同じ口座で管理していた場合、南アフリカランドやトルコリラによって、調子のよかった米ドル円までもロスカットされてしまうという被害にあってしまいます。

特に暴落リスクのある、スワップ金利の高い通貨を取引するのであれば、それ専用の口座を用意しておいた方がいいでしょう。

参考:【比較】スワップ金利の高いおすすめ通貨はどれか?

豪ドルやNZドルは最近では暴落がありませんが、これもわかりません。

また、ポンドも変動が激しい通貨として有名です。

ポンド円(GBP/JPY)
ポンド円チャート2018年まで10年

ポンドをトレードしている人も、やはり、それ専用の口座を持っておいた方がいいでしょう。

ユーロもドイツ銀行問題やEU離脱問題等で、他の通貨と相関なく、暴落する可能性もあります。

ですので、原則は通貨ペアごとにFX口座を持つのがおすすめです。

また、FX会社ごとにスペックの高い通貨ペアは異なりますので、それぞれに有利な口座を持っておくようにしましょう。

各通貨別おすすめFX口座

では、各通貨別におすすめの口座を見ておきましょう。

【米ドル円(USD/JPY)】(ドル円スプレッド各社2018年12月時点)
FX会社名スプレッドスワップ最低取引通貨単位
GMOクリック証券
(くりっく365)
変動75円10,000
SBI FXトレード0.27銭~71円1
DMM FX0.3銭66円10,000
外為ジャパン0.3銭66円1,000
GMOクリック証券
(FXネオ)
0.3銭(原則固定)62円10,000
みんなのFX0.3銭54円1,000
外為オンライン1.0銭45円1,000
インヴァスト証券
0.3銭38円1,000
JFX0.3銭30円1,000
ヒロセ通商0.3銭20円1,000
B

 

【ユーロ円(EUR/JPY)
FX会社名ユーロ/円売りスワップ最低取引通貨単位
SBI FXトレード0.39銭~8円1
GMOクリック証券0.5銭 (原則固定)18円10,000
外為ジャパン0.6銭7円1,000
DMM FX0.6銭7円10,000
インヴァスト証券
0.6銭5円1,000
セントラル短資0.97銭2円1,000
OANDA Japan0.7銭0円1
JFX0.6銭0円1,000
ヒロセ通商0.5銭0円1,000
みんなのFX0.4銭-25円1,000
(ユーロ円FX口座比較:2018年10月時点)

 

【豪ドル円(AUD/JPY)】(2018年10月:豪ドル円FX会社比較)
FX会社名スワップスプレッド最小取引通貨単位
ヒロセ通商48~50円0.7銭1,000
GMOクリック証券
(くりっく365)
42円0.7~1銭(変動)10,000
SBI FXトレード40~44円0.77銭*1
セントラル短資FX40~44円1.13銭(変動)1,000
GMOクリック証券
(FXネオ)
44円 0.7銭 (原則固定)10,000
インヴァスト証券
(トライオート)
45円0.9銭1,000
外為オンライン45円3.0銭10,000
外為ジャパン41円0.7銭1,000
DMM FX41円0.7銭10,000
みんなのFX30円0.6銭1,000

 

【NZドル円(NZD/JPY)】
FX会社名スワップスプレッド最小取引通貨単位
ヒロセ通商60円1.0銭1,000
インヴァスト証券
(トライオート)
60円1.7銭1,000
GMOクリック証券
(くりっく365)
58円1.7銭~(変動)10,000
外為オンライン58円6.0銭10,000
セントラル短資FX56円4.0銭1,000
SBI FXトレード55円1.79銭*1
GMOクリック証券
(FXネオ)
51円 1.2銭 (原則固定)10,000
DMM FX50円1.5銭10,000
外為ジャパン50円1.5銭1,000
みんなのFX30円1.0銭1,000
(2018年10月:NXドル円FX会社比較)

 

【ポンド円(GBP/JPY)】
FX会社名スワップスプレッド最小取引通貨単位
SBI FXトレード37円0.89銭1
みんなのFX16円0.9銭1,000
ヒロセ通商30円1.0銭1,000
インヴァスト証券
(トライオート)
18円1.0銭1,000
外為ジャパン15円1.1銭1,000
DMM FX15円1.1銭10,000
JFX8円1.3銭1,000
マネーパートナーズ25円1.9銭10,000
FXTF34円2.0銭1,000
外為オンライン40円3.0銭10,000
GMOクリック証券
(くりっく365)
45円変動10,000
(ポンドFX会社比較:2018年11月)

 

【南アフリカランド円】
FX会社名スワップスプレッド最小取引通貨単位おすすめ度
SBI FXトレード120~150円0.99銭*1★★★★
みんなのFX170円1.8銭1,000★★★★
LIGHT FX170円1.8銭1,000★★★
ヒロセ通商120~150円1.0銭1,000★★★
GMOクリック証券
(FXネオ)
130~170円1.0銭 (原則固定)100,000★★
外為ジャパン120~140円1.4銭1,000★★
外為オンライン80円15銭10,000
セントラル短資FX90円~100円1.9銭10,000
GMOクリック証券
(くりっく365)
130~160円0.96銭(変動)100,000★★
DMM FX120~140円1.4銭10,000★★
JFX120~150円1.0銭1,000★★
(2018年8月 ZAR/JPY各FX会社比較)

 

【メキシコペソ円(MXN/JPY)】
FX会社名スワップスプレッド最小取引通貨単位
みんなのFX150円1.8銭1.000
FXプライム byGMO150円1.9銭 (*1)
1,000
マネーパートナーズ120円0.5銭 (*2)
1,000
GMOクリック証券
(くりっく365)
110円平均0.74銭(変動)100,000
ヒロセ通商110円0.4銭1,000
サクソバンク証券
60円変動5,000
(2018年7月メキシコペソ円FX会社比較)
スワップポイントは100,000通貨あたりの金額
(*1) 1,000通貨は手数料30円発生
(*2)コアタイム(10:00から28:00)で原則固定

トルコリラ円(TRY/JPY)
FX会社名スワップスプレッド最小取引通貨単位
LIGHT FX100円前後1.8銭1,000
みんなのFX100円前後1.8銭1,000
ヒロセ通商90円前後1.9銭1,000
GMOクリック証券
(くりっく365)
90円前後5~7銭(変動制)10,000
FXプライム byGMO80円前後4.8銭(原則固定)
(1,000通貨は手数料30円発生)

1,000
SBI FXトレード90円前後4.8銭1
サクソバンク証券90円前後3.3銭5,000
GMOクリック証券
(FXネオ)
85円前後1.9銭
(原則固定の適用対象外)
10,000
セントラル短資83円前後8銭~18銭10,000
OANDA Japan50円前後12.2銭
(2018年8月トルコリラFX会社比較)

以上のような感じです。

選定基準はスプレッドの狭さと、スワップの高さです。あと、できれば取引単位がが1,000通貨以下の口座を選びたいところですね。

  • スプレッドが狭く
  • スワップが高く
  • 1,000通貨単位以下で取引ができる

という点から各通貨ペア別におすすめの口座をまとめると

という感じになります。

特に暴落リスクのある、ポンド円、南アフリカランド、メキシコペソ、トルコリラをトレードするのであれば、基本は通貨ごとに口座を持った方がいいでしょう。

FX業者の中では「みんなのFX」が高スワップ金利通貨ペアについてスペックが高いので、全てに使いたいところですが、できません。

2番手のヒロセ通商SBI FXトレードあたりを使うか、最近みんなのFXを運営しているトレイダーズ証券からリリースされた口座の「LIGHT FX」を使うのもありです。

LIGHT FX」はみんなのFXとスワップ、スプレッド、取扱通貨ペアも全く同じです。

恐らく、みんなのFXは多種の通貨について、スワップの高さに定評があるので、別々で管理したいという希望が多かったのかもしれませんね。

ちなみに私は

という感じで使い分けています。

ドル円と南アフリカランド円を同じ口座で取引しているので、ちょっと問題はありますが、トルコリラについては暴落をしても、その口座内で損益管理していたので、ロスカットもなく、安全に投資ができています。

異業者両建てはおすすめできない

ちなみに複数のFX口座を持つ、という点では異業者両建てを考えている人も多いかと思います。

各業者ごとに買いスワップの金額と売りスワップの金額に差があるので、一方では買いスワップの高い口座で買いを入れて、一方では売りスワップの小さい業者で売りを入れて、為替変動のリスクをヘッジして、サヤどりをするという投資法です。

参考:南アフリカランドFX異業者両建てで為替変動をヘッジしてスワップ金利だけ稼ぐ手法

ただ、個人的には両建てはおすすめしません。

まず、両建てでレバレッジをかけてしまうと、為替大変動時に、一方の口座だけ、ロスカットされてしまう危険があるからです。

また、レバレッジかけないのであれば、利益も大分小さくなってしまいます。高スワップのメリットが下がってしまいます。

これであれば、安定しているドル円の買いだけを入れておいた方がいいでしょう。

また、スワップの金額は変動していきます。

特に為替価格が下がったときなど、スワップが減る傾向にあります。

買いスワップが大きいと思っていた業者が、急にスワップが小さくなってしまうこともあります。

そうなると、また、別の業者に入れ替えたりしないといけなくて、とても面倒ですし、決済コストもかかります。

私はスワップの高い通貨については買いのみです。

確かに暴落して、含み損が増えますが、ほっておけば、スワップ金利がたまっていきますし、また、為替が回復してくれば、為替差益も得ることができるからです。

南アフリカランドやトルコリラについては実践済みですので参考にしてください。

南アフリカランドFX投資実践記事
南アフリカランド円FXを2年半続けて感じたリスクとメリットについて

トルコリラFX投資実践記事
トルコリラFXで堅実にスワップ金利収入を稼ぐ方法を検証しました。

まとめ

以上、今回はFX口座を複数持つ必要性について書きました。

まとめますと

  • 一つの口座に複数の通貨を取引していると損益管理がしづらい
  • 相場大変動時にスプレッドが大きく開いたり、システムエラーが起きたりと、一つの口座だけではリスクが高い
  • 取引通貨ペアのうち一つが暴落してしまうと、他の通貨のポジションまで強制ロスカットされてしまう
  • リスクの高い通貨を取引している場合は特に通貨ペアごとに口座を用意するのがおすすめ
  • FX業者ごとに得意な通貨、スペックの高い通貨は異なるので、それぞれに適した口座を持っておいた方が得
  • FX口座はスプレッドの狭さ、スワップの高さ、1000通貨以下の単位で取引できることが重要
  • SBI FXトレード、ヒロセ通商、みんなのFX(LIGHT FX)あたりがおすすめ

以上の結果となりました。

私もFXを5年以上やっていますが、通貨ペアごとに口座を分けておくと、損益管理・レバレッジ管理がしやすいので、トレードもしやすいと感じています。

以上、少しでも投資家の皆様のお役に立てれば幸いです。投資は自己責任でお願いいたします。




今月の注目記事


スワップ金利の高い通貨はどれか?
⇒【比較】スワップ金利の高いおすすめ通貨はどれか?各FX業者別まとめ


投資軍師かんべえ
通貨ペアごとにFX口座ごとに徹底比較してみました。



このエントリーをはてなブックマークに追加 
↑お役に立てましたらシェアお願いいたします。励みになります。<(_ _)>




ハイリターン投資ROCK×SBI FXトレード

サイト主かんべえも重宝しているFX口座のSBI FXトレードとタイアップしました!

1通貨からトレードができるので初心者には特におすすめの口座です。



>>ハイリターン投資×SBI FXトレード(Amazoneギフト券3000円プレゼント)<<


⇒SBI FXトレードの詳細な情報はこちら


トルコリラ最新


暴落にも耐えたトルコリラ堅実投資法をご紹介
⇒トルコリラFXで堅実にスワップ金利収入を稼ぐ方法を検証しました。