円高対策の投資としてユーロ円ショートは正解でした。

このエントリーをはてなブックマークに追加 

円高に備えた投資としてFXでユーロ円(EUR/JPY)のショートを実践しました。

ユーロ円売りは米ドル円と相関関係があり、かつ、長期保有してもマイナススワップが発生しないのが魅力です。

円高に備えた投資としてユーロ円売りを実践してみましたので結果をご報告いたします。

円高対策ユーロ円売り

ども。投資軍師のかんべえです。

円高に備えた投資として、何が一番いいのか?

ベア系のETFや金に投資する、もしくは米ドル円を売るのがいいのか?

と、色々考えた結果、FXでユーロ円の売りをするのがスワップもマイナスにならずいいのではないかと思い実践してみました。

実際に円高に備えた投資として効果があったのか?

円高に備えた投資の必要性

現在はドル円は105~110円あたりを推移して比較的安定していますが、いつ大変動がおきるかわかりません。

米ドル円チャート2019年
(出典元:SBI証券ドル円10年チャート

2009年から2019年までのドル円チャートです。

2012年アジア通貨危機の時は80円を割るほど円高になっていました。

そして現在は108円前後、またいつ円高になるかわかりません。

直近で大きく円高になった英国EU離脱時を見てみましょう。

2016年からの1年間のドル円チャートです。

1年の間にも大きく動きます。EU離脱時には100円を割っていますし、トランプ政権誕生後は120円近くまで戻していて、また110円あたりまで下落しています。

ドル円相場2019年2月

また、2019年は年初のドル円フラッシュクラッシュで110円から一気に105円割れという暴落もありました。

2019年8月でも米中貿易摩擦による105円割れ等、乱高下が続いています。

短期的にみても円高時に備えた投資をしておく必要性があることがわかります。

ただ、FXでドル円(USD/JPY)を売る、すなわち、ドルを売って円を買った場合、確かに円高時には利益を得ることができますが、ドルの方が円より金利が高いため、長期に保有すればするほど、スワップ金利を支払う必要があります。

円高に備えた投資としてドル円売りはわかりやすいのですが、長期的なコストが発生していまいます。

いつ円高になるかわかりません。長期でショートポジションを保有する可能性があり、ドル円売りはリスクが高くなってしまいます。

投資軍師かんべえ
円高を狙ってドル円ショートをするのも手ですが、長期保有するとスワップの支払が大きくなってしまい、あまりおすすめできません。

 

ユーロ円売りならスワップ金利を支払わずに円高対策することができる

そこで、ユーロ円(EUR/JPY)売りを思いつきました。

ユーロ円チャートを見てみましょう。

ユーロ円チャート10年2019年
(参照元:SBI証券ユーロ円チャート

2009年から10年間にわたるチャートですが、ドル円チャートと比較してもユーロ円は相関が関係があることがわかります。

こちらが2016年1年間のユーロ円チャートです。EU離脱時の6月やトランプ政権誕生時の11月ではドル円と同じく、大きく円高になっており、ドル円とも相関関係があります。

ですので、円高に備えてユーロ円売りを入れておくことで円高時に利益を得ることができます。

そして、ユーロは円より金利が低いため長期で保有しても基本はマイナススワップが発生することはありません。
(関連記事:マイナススワップが発生しない通貨ペアだけでFXをすべき

円高に備えるために保有コストのかからないユーロ円売りのポジションを保有しておくことがコストもかからず、効果的な方法だと気づきました。

その他、円高になると株安になるという関係を狙ってベア系のETFに投資するという方法や安全資産の金連動型ETFに投資するというのも考えましたが、そこまでの相関関係はなく、最近は円高になっても株が下がらないこともありますので、不向きであると思い、不採用としました。

というわけで円高に備えた投資としてユーロ円売りを実践してみました。

投資軍師かんべえ
ユーロ円ショートならスワップがマイナスとならないため、長期保有しても保有コストがかからないというわけなんです。

 

円高対策ユーロ円売りの実践方法

では、実際に円高に備えてFXでユーロ円売りをする方法をみていきましょう。

円高対策ユーロ円売りのやり方

 

  1. FX口座を準備する(ユーロ円売りのスワップがプラス・最小取引通貨単位が低いSBI FXトレードがおすすめ
  2. 円安時にユーロ円売りの指値注文をしかけておく(0.2円~0.5円の値幅)
  3. ユーロ円売りの注文が約定したら円高になるまで保有する(レバレッジは2倍以内)
  4. ユーロ円が0.5円~2円ほど円高となってきたらユーロ円売りを決済していく
  5. 次の円安に備えてユーロ売り注文をしかけておく
  6. 以上を繰り返す

手順1:FX口座を準備

まずはFX口座を準備します。

長期保有を想定してできるだけレバレッジを低く抑えて投資するためにも最小取引通貨単位が小さいものを選びます。

さらにはユーロ円売りのスワップ金利がプラスの口座を選びます。

後述しますが、おすすめはSBI FXトレードです。

口座開設はこちらです
⇒SBI FXトレードの口座開設
(当サイト限定Amazonポイント3000ptプレゼント中です。)

堅実にトレードするために注文単位も100~300ユーロ単位でトレードしていますが、他のFX口座ですと、1000ユーロ、もしくは、10,000ユーロ単位での取引となりますので、資金がない場合、小刻みなトレードがしづらいので、私はSBI FXトレードを使っています。

FX口座に入れる資金は初心者の方であれば10万円前後から始めるのが良いかと思います。

目安はレバレッジを2倍以内に抑えることですね。

※レバレッジとは?FX初心者の方はまずは以下の記事をご覧ください。
FX初心者の人向けに必要な知識を全てまとめました。~正しいFXのやり方・始め方~

手順2:ユーロ円売り指値注文をしかけておく

円高対策のためには円安時にユーロ円売りのポジションを増やしておきます。

レバレッジは2倍以内に抑えつつ、0.2円~0.5円ユーロ高になってきたら、売り注文を入れるようにしています。

注文の一例です。(2019年10月20日ユーロ円が121円のとき)
ユーロ円売り注文一覧

このように300ユーロずつ、ある程度の値幅間隔でユーロ円売り指値注文をしておきます。無期限注文ですので、一度注文しておけば、ほったらかしで大丈夫というわけです。

300ユーロ=約36000円ほどですので、口座の資金と兼ね合いで、仮にユーロ円が大きく上がってレバレッジが2倍を超えないような感じで調整するようにしていますね。

手順3.ユーロ円売りの注文が約定したら決済指値注文をしつつ、円高になるまで保有する

円安ユーロ高となり、ユーロ円売りの注文が約定したら、次は円高時に決済するために指値注文をしておきます。

ユーロ円売り決済注文

大きく円高になるまでこちらもほったらかしで待つという感じですね。

動かないときはスワップ金利をためておきます。

ユーロ円売り残高
(2019年10月20日時点ユーロ円売り残高)

手順4:円高となればユーロ円売りを決済して利確していく

円高暴落となり、ユーロが下がってきたら、決済注文が約定していき利益が出てきます。

ドル円フラッシュクラッシュのように一時的に大暴落するときもありますので、できるだけ指値注文は下値まで設定しておくのをおすすめします。

手順5:再び円安になるのを待ちながら売り指値注文をしかけておく

円高ユーロ安となり、ある程度のユーロ円のポジションを決済出来たら、また次の円安に備えて売り注文をしかけておきます。

結局、裁量トレードとはなりますが、レバレッジを低くしておけば、ユーロが大きく上がっても強制ロスカットはされませんので、堅実に繰り返します。

手順6:以上を繰り返す

以上を繰り返します。

レバレッジを2倍以内に抑えつつ、円安ユーロ高となればユーロ円売りのポジションを増やしていき、そして、円高ユーロ安となれば、ユーロ円売りを決済していく。

以上を繰り返す単純な手法です。

円高対策ユーロ円売り実践結果

では、実際にユーロ円売りで円高対策した結果をご紹介します。

本当に円高対策ができたのでしょうか?

実際の約定履歴です。

【2016年のトレードを振り返っています】

(SBI FXトレード ユーロ円約定履歴2016年11月~12月)

2016年11月にトランプ政権が誕生し、円安株高になったときを狙ってユーロ円売り円買いをしておきました。当時のドル円は118円ほどです。

そして、2017年2月となると少しずつ円高が進みました。ドル円は112円前後まで下がりました。

そこで、少しずつユーロ円売りのポジションを決済しました。
(SBI FXトレード ユーロ円約定履歴2016年11月~12月)

123円あったユーロ円も118円まで円高になってきていたので少しずつ決済しました。

上記キャプチャ画像を見ていただけるとわかるかと思いますが、2円~5円ほどの値幅とって決済しており、円高時に利益を得ることができています。

レバレッジをかけないために200ユーロずつしか買っていなかったため、利益も大きくはありませんが、この短期間で約3,500円の利益を得ることができました。さらに円高になるともっと利益を得ることができます。

ちょっとマイナススワップが発生しているところが不可解ですけどね、まあ数円程度なので気にしないでおきます。

このようにユーロ円売りをすることで円高に備えた投資ができることがわかりました。

さて、このように「円高対策」としてユーロ円売りを続けていきました。

【2018年~2019の状況です】

2019年5月現在の残高です。

まず、2018年ですが21000通貨ほど保有していました。ユーロ円売り残高
(2018年10月26日時点ユーロ円売り玉残高)

ユーロ円売りが21,000通貨あります。すなわち、21,000ユーロを売って、円を買っている状態です。

平均約定価格が127.6465円になっています。

その結果、少し含み損がありますが、最近の株安・円高の傾向でトータルでも含み益が出そうな状態位になっています。

これは、円安ユーロ高になるたびに200ユーロずつ売っていった結果です。

ユーロが134円くらいの時は含み損も増えますが、長期保有していても問題がないので、ロスカットしないように、レバレッジを低くして保有していればいいというわけです。

右下のスワップ金利の金額も5,140円となっており、長期保有しても、むしろプラスになりますね。この点はベア投資とかとはちがうわけです。

こんな感じで繰り返して利益を増やし続けていっています。

そして、2019年5月時点です。

ユーロ円残高2019年5月6日
(2019年5月6日時点ユーロ円売り玉残高)

英国EU離脱が難航していることや米中関係の悪化により、円高ユーロ安が進み、123円まで円高ユーロ安となりました。

2018年が130円を超えていたので10円近く下がったことになります。

ポジションは少しずつ利益確定させていき、17,200ユーロとなっています。

円高になったときに利益を上げることができ、まさに「円高対策」が結果を出せたということになります。

今回はレバレッジを低く抑えるためにも保有通貨は少なくしていましたので、利益も小さいですが、資金力に余裕がある方はもっと売りポジションを増やすことで円高時にさらに利益を上げることができるでしょう。

1ユーロ120円とすると200ユーロは24,000円ほどですので、口座に10万円ほどあれば、私が実践した規模でのFX取引は問題なくできますね。

この投資のポイントはレバレッジを低く抑えることです。レバレッジをかけてしまうと円安時にロスカットされてしまいますので、全て失ってしまいます。

レバレッジは1倍~2倍程度に抑えて運用することをおすすめします。

ユーロ円売りにおすすめのFX口座は?

では、改めて円高に備えた投資としてユーロ円FXに適したFX会社はどこなのか、見ていきましょう。

ユーロ円FXの主要なFX会社のスペック一覧です。

FX会社名ユーロ/円売りスワップ最低取引通貨単位
SBI FXトレード0.49銭*8円1
GMOクリック証券
(FXネオ)
0.5銭 (原則固定)7円10,000
外為ジャパン0.6銭7円1,000
DMM FX0.6銭7円10,000
インヴァスト証券0.5銭5円1,000
セントラル短資FX0.97銭2円1,000
マネーパートナーズ0.7銭1円100
OANDA Japan0.7銭0円1
JFX0.6銭0円1,000
みんなのFX0.4銭0円1,000
ヒロセ通商0.5銭-15円1,000
(ユーロ円FX口座比較:2019年8月時点)
*ただし、取引数量によって変化

上記比較表のマイナススワップの金額は10,000通貨保有したときに得られる1日のスワップの金額です。ただし、スワップの金額は変動しやすいため、上記数字はあくまで目安と考えてください。

GMOクリック証券(くりっく365)は安定してスペックが高いです。ただし、10,000通貨からしか取引ができませんので、レバレッジをかけないためには資金力がある方に限定されますね。

おすすめなのはSBI FXトレードです。

私も使っていますが、1通貨から取引ができるため、300ユーロずつ売るといった投資法が可能です。少額から始めたい人はこちらでいいでしょう。

SBI FXトレードの評判はとてもよく、システムも安定しており、スプレッドも小さいので、初心者の方にはおすすめです。

参考:【SBI FXトレードの評判】なぜおすすめできる口座なのか?利用歴6年が語ります。

投資軍師かんべえ
ユーロ円ショートのスワップがプラスでかつ、1ユーロといった少額からも取引ができますので、SBI FXトレードはFX初心者の方にも自信をもっておすすめできます。

 

米ドル円買い、ユーロ円売りの両建てが結果を出せています。(追記)

上記の残高照会でもわかる通り、ユーロ円売りと併せて、米ドル円買いも行っています。

米ドル円買いとユーロ円売りの両建てのような感じとなっています。

これで、円高になったときはユーロ円売りを決済しつつ、米ドル円買いを行い、逆に円安になったときには米ドル円買いを決済し、ユーロ円売りのポジションを増やしていく、平常時は両通貨ペアのスワップを稼ぐ。

という感じで、相場がどの方向に向いても堅実に稼げるトレードを実践しています。

米ドル円(USD/JPY)買いとユーロ円(EUR/JPY)売りの両建てですので、ユーロドル(EUR/USD)の売りと一緒だろうと思われますが、完全に両通貨ペアを同額にして両建てするわけではありません。

円高の時は米ドル買いのポジションを多くして、円安の時はユーロ円売りのポジションを増やすという感じで裁量も加えていくことで、より、利益を増やすことができると思い、実践しています。

詳しくは以下の記事をご参考に

参考:FX両建ては「ドル円買いとユーロ円売り戦法」の方がおすすめできる。

円高に備えた投資まとめ 今後の方針

以上、円高に備えた投資としてFXでユーロ円売りをする方法を実践、結果を報告いたしました。

まとめると…

    • いつまたリーマンショック時のような円高になるかわからないので円高に備えた投資をしたい
    • しかし、FXでドル円を売るとマイナススワップが発生してしまう
    • いつ円高になるかわからないため、長期のドル円売りはコストがかかる
    • ドル円とほぼ相関関係にあるユーロ円売りならマイナススワップが発生しないので円高に備えた投資としてはユーロ円売りがおすすめ
    • 堅実に長期投資するためにはレバレッジをかけないようにする。ロスカットされてしまっては意味がない。
    • 例えば口座に10万円入金したらその資金の範囲内(200ユーロずつ売る等)で投資する
    • 円安になったら売りポジションを増やし、円高になったら少しずつ決済し、それを繰り返す
  • FX口座は少額単位で投資できるSBI FXトレードがおすすめ

以上の通り、ユーロ円売りFXであれば、スワップを受け取りながら円高になるのを待ち、円高時に利益を得ることができます。

今後、ユーロがどのような位置づけになるかわかりませんが、現在のところ、円の方が安全資産とされているため、世界経済が不穏になったときは円高ユーロ安になると想定されます。

今後も円安となれば売りポジションを増やし、円高になったら少しずつ決済することを続けてコツコツ利益を得ていきたいと思います。

以上、あくまで私の投資結果を報告したものであり、参考程度にとどめ、投資は自己責任でお願いしますね。少しでもお役に立てれば幸いです。

口座開設、詳細は以下より
ユーロ円売りで円高に備える⇒SBI FXトレード

投資軍師かんべえ
ユーロ円ショートということで、少し馴染みがない上級者向けの投資法に思えたかもしれませんが、決して複雑なものではありません。単純に円安時にユーロ円売りをしておくという手法です。ご不明点はLINE相談もしていますのでお気軽にご利用ください。

 

※動画と音声でも解説しています♪

このエントリーをはてなブックマークに追加 
↑お役に立てましたらシェアお願いいたします。励みになります。<(_ _)>

カテゴリ: 円高株安対策投資



堅実投資法大公開
かんべえが実践している堅実投資法を公開しています。


投資軍師かんべえのLINE相談
LINE@も始めました♪投資初心者の方は是非お役立てください。
記事に関する質問はもちろん。FXで資産運用をやってみたいけどやり方がわからない。この投資、本当にリスクなく稼げるの?といった初心者さんへの疑問にも無料でお応えしています♪



SBIFXトレード詳細
ハイリターン投資ROCK×SBI FXトレード

サイト主かんべえも重宝しているFX口座のSBI FXトレードとタイアップしました!

1通貨からトレードができるので初心者には特におすすめの口座です。

SBIFXトレードのメリット

>>ハイリターン投資×SBI FXトレード(Amazoneギフト券3000円プレゼント)<<



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*