金利で生活する方法について考えてみた【スワップ積立投資がおすすめ】

このエントリーをはてなブックマークに追加 

どうすれば金利だけで生活することができるのか、元手はいくら必要なのか、一般のサラリーマンでもできる方法を紹介しています。

初めまして。不労所得で生活できるために日々色々勉強しているかんべえです。

今回は金利だけで生活するためにはどうすればいいか、何から始めればいいのかについて紹介します。

外貨は金利が高い

日本はゼロ金利政策のもと、超低金利国なのですが、海外では高金利の国もあります。各国の政策金利をみてみましょう。(2018年7月)

  • トルコリラ:17.75%
  • メキシコ:7.75%
  • ロシアルーブル:7.5%
  • ブラジルレアル:6.5%
  • インドルピー:6.25%
  • 南アフリカランド:6.5%
  • 中国元:4.35%
  • アメリカ:2.00%
  • ニュージーランド:1.75%
  • オーストラリア:1.5%
  • 日本0.1%
  • 欧州0.0%

トルコリラの金利がすごいですね。その他、メキシコペソや南アフリカランドも5%を超える利率を設定していますね。

これだけ高い政策金利があると考えると、金利で生活することもやり方によっては可能なのではないかと思いますよね。

参考:政策金利一覧:外為ドットコム

かんべえ
トルコの政策金利は2018年5月に今までの8%から16%まで暴騰した経緯があります

 

外貨の高金利を得るための方法とは

では、上記のような高金利の外貨から実際に金利を得るにはどうすればいいのでしょうか。

外貨に投資して金利を得る方法としては

「外貨預金」と「FX」

の二つの方法があります。

ただ、外貨預金はおすすめできません。

なぜなら外貨預金はむちゃくちゃ手数料が高く、金利を得ることができても手数料で利回りがかなり下がってしまうからです。

例えば米ドルの外貨預金の場合、手数料が1ドルあたり1円もとられたりするんです。約1%もとられるんですよ。それに対して金利も1%前後ですから、手数料だけで金利分がとられてしまい、元本割れします。

※外貨預金については詳しくは以下の記事で書いています。
外貨預金より断然FXがおすすめ【銀行・証券会社が提供している外貨預金には手を出すな】

かんべえ
外貨預金は手数料が高すぎるのでおすすめしません。外貨に投資するならFXを使ってください。

 

一方、FXはデイトレードが想定されているため、1回当たりの手数料はかなり安く設定してあります。

そもそもFXは手数料がなく、スプレッドといい、買値と売値の差がコストになります。

スプレッド一覧2018
SBIFXトレードオフィシャルサイトより)

このような感じで、買値(ASK)と売値(BID)の差があり、これが実質手数料となります。

米ドル円の場合、買値が110.7856円で売値が110.7829円、差が0.29銭ですが、これがコストになります。

外貨預金の1円、すなわち100銭と比べたら驚くほど安いのがわかりますよね。外貨預金が高すぎるだけですが。

参考:FXのスプレッドとスワップの計算方法【スプレッドが狭く、スワップの高いFX会社の見分け方】

そして、FXでも金利に相当するスワップを得ることができます。

外貨預金のように手数料がほとんどかからないので、金利の高さをそのまま享受するうことができます。

以下詳しく見ていきましょう。

どの外貨が最も金利(スワップ収入)が高いのか?

上記の政策金利ではブラジルのレアルが最も金利が高いのですが、FXでは流動性がなく、まだ取引が整備されていません。

スワップポイントが高い通貨は主に

  • トルコリラ
  • メキシコペソ
  • 南アフリカランド
  • ニュージーランドドル
  • オーストラリアドル
  • 米ドル

です。

年間の利回りの目安は以下になります。

トルコリラ:10%
メキシコペソ:7%
南アフリカランド:5%

NZドル:2.5%
豪ドル:2.0%
米ドル:2.0%

以上のような利率で運用することができます。

日本の銀行が0.1%未満であると考えると、かなり高い利回りを得ることができます。

どのFX会社が最も金利(スワップ収入)が高いのか

FX会社ごとに金利収入は異なります。

以下、通貨ペアごとにスワップ高いFX業者を比較してみました。

米ドル円(USD/JPY):想定利回り:1%~2%

FX会社名スプレッドスワップ最低取引通貨単位
GMOクリック証券
(くりっく365)
変動67円10,000
SBI FXトレード0.27銭~58円1
GMOクリック証券
(FXネオ)
0.3銭(原則固定)49円10,000
外為オンライン1.0銭45円1,000
インヴァスト証券
0.3銭38円1,000
JFX0.3銭30円1,000
DMM FX0.3銭24円10,000
外為ジャパン0.3銭24円1,000
ヒロセ通商0.3銭2円1,000
(ドル円スプレッド各社2018年7月時点)

 

豪ドル円(AUD/JPY):想定利回り:2%~3%

FX会社名スワップスプレッド最小取引通貨単位
ヒロセ通商48~50円0.7銭1,000
GMOクリック証券
(くりっく365)
42円0.7~1銭(変動)10,000
SBI FXトレード40~44円0.77銭*1
セントラル短資FX40~44円1.13銭(変動)1,000
GMOクリック証券
(FXネオ)
44円 0.7銭 (原則固定)10,000
FOREX.com45円1.8銭~1,000
インヴァスト証券
(トライオート)
45円0.9銭1,000
外為オンライン45円3.0銭10,000
外為ジャパン41円0.7銭1,000
DMM FX41円0.7銭10,000
(2018年7月:豪ドル円FX会社比較)

*10,000通貨~より変動

NZドル(NZD/JPY):想定利回り 2.0%~3.5%

FX会社名スワップスプレッド最小取引通貨単位
ヒロセ通商60円1.0銭1,000
インヴァスト証券
(トライオート)
60円1.7銭1,000
GMOクリック証券
(くりっく365)
58円1.7銭~(変動)10,000
外為オンライン58円6.0銭10,000
セントラル短資FX56円4.0銭1,000
SBI FXトレード55円1.79銭*1
GMOクリック証券
(FXネオ)
51円 1.2銭 (原則固定)10,000
DMM FX50円1.5銭10,000
外為ジャパン50円1.5銭1,000
FOREX.com32円2.8銭~1,000

*10,000通貨~より変動

南アフリカランド円(ZAR/JPY):想定利回り4%~6%

FX会社名スワップスプレッド最小取引通貨単位
SBI FXトレード120~150円0.99銭*1
ヒロセ通商120~150円1.0銭1,000
GMOクリック証券
(FXネオ)
130~170円1.0銭 (原則固定)100,000
外為ジャパン120~140円1.4銭1,000
外為オンライン80円15銭10,000
セントラル短資FX90円~100円1.9銭10,000
GMOクリック証券
(くりっく365)
130~160円0.96銭(変動)100,000
DMM FX120~140円1.4銭10,000
JFX120~150円1.0銭1,000
(2018年6月 ZAR/JPY各FX会社比較)

*10,000通貨単位より1.99銭~

メキシコペソ円(ZAR/JPY):想定利回り7%~9%

FX会社名スワップスプレッド最小取引通貨単位
みんなのFX150円1.9銭1.000
FXプライム byGMO150円1.9銭 (*1)
1,000
マネーパートナーズ120円0.5銭 (*2)
1,000
GMOクリック証券
(くりっく365)
110円平均0.74銭(変動)100,000
ヒロセ通商110円0.4銭1,000
サクソバンク証券
60円変動5,000
(2018年7月メキシコペソ円FX会社比較)
スワップポイントは100,000通貨あたりの金額
(*1) 1,000通貨は手数料30円発生
(*2)コアタイム(10:00から28:00)で原則固定

トルコリラ円(TRY/JPY) 9%~11%

FX会社名スワップスプレッド最小取引通貨単位
みんなのFX100円前後1.9銭1,000
ヒロセ通商90円前後1.9銭1,000
GMOクリック証券
(くりっく365)
90円前後5~7銭(変動制)10,000
FXプライム byGMO80円前後4.8銭(原則固定)
(1,000通貨は手数料30円発生)

1,000
SBI FXトレード90円前後4.8銭1
サクソバンク証券90円前後3.3銭5,000
GMOクリック証券
(FXネオ)
85円前後2.9銭 (原則固定)10,000
セントラル短資83円前後8銭~18銭10,000
OANDA Japan50円前後12.2銭
(2018年5月トルコリラFX会社比較)

(*くりっく365)

通貨ごとに最適なFX会社は異なりますが、スワップの高さで見ると、

という感じで、米ドル円はくりっく365(取引所取引)のGMOクリック証券で、あとは店頭業者のヒロセ通商SBI FXトレードみんなのFXが高スワップを出しています。

後述しますが、ヒロセ通商は長期にわたり高いスワップ金利を維持していますので、どれか一つとなるとまずはヒロセ通商を準備しておきたいです。

参考サイト:目指せ!FXでスワップ金利生活

かんべえ
FX会社によってスワップ金利の金額は全然違います。長期安定して高スワップを維持している会社を選ぶようにしましょう。

 

FXは投資初心者が手を出すのは危険?

FXはリスクが高いからやりたくない。

と思っている人も多いのではないのでしょうか。

決してそのよう事はありません。

リスクを低く運用することも可能です。

FX初心者におすすめのFX会社と投資法についての記事でも紹介していますが、FX会社によっては少額取引も可能な会社があり、初心者にも適しています。

FXと聞くとリスクが高くて手を出せないと思っている人も多いかと思います。

ですが、これは大きな誤解です。

FXは確かに個人であっても元手の25倍の取引をすることができますが、レバレッジをかけず、1倍の取引もできます。

すなわち、100万円口座に預けて100万円分だけの取引をすれば現物で外貨預金したのと同等までリスクを低くすることができます。

口座に預けた分だけの取引(1倍)の取引をすれば、外貨がデフォルトしない限り、長期保有することができ、金利収入を受け取り続けることができます。

また、FXは10,000通貨からしか取引ができない会社もあるのですが、今では1,000通貨以下から取引ができる会社も増えています。

例えばSBI FXトレードは1通貨単位からも取引ができる(ほとんどのFX業者は1万通貨単位からしか取引ができない)ので、100円からでもFXを始めることができます。

FXをしたことがない人はまずはSBI FXトレードで少額取引で始めてみると良いでしょう。

ある程度、資金力があれば、1,000通貨単位にはなりますが、ヒロセ通商も上記比較表のとおりスワップが高いのでおすすめです。

かんべえ
FXは決してリスクは高くありません。レバレッジをかけなければロスカットの心配はありません。例えば10万円口座に預けたのなら10万円分の外貨しか買わなければ良いというわけです。

 

スワップ金利で生活するには元手はいくら必要か?

では、スワップ金利で生活するためには元手はいくら必要なのでしょうか?

これは投資する通貨によって異なります。

南アフリカランドであれば概ね5%前後の利回りを維持しています。

これでも日本の銀行に預けるよりかはずっと高利率で運用できるのですが、さすがに5%だと利息だけで生活して国は相当元手が必要になります。

生活するためには年収500万円必要であると考えると、1億円必要になってしまいます。

ちょっとした仕事とかバイトをして利息収入を200万円でいいと想定すると、4千万円必要になります。

4千万円もなかなか厳しいと思います。

そこで、レバレッジを2倍にしてみます。

ランドが急落しても10円から保有している場合は5円を切らない限り保有し続けれますのでリスクは低くなりますが。

一時、6円まで暴落したことを考えるとリスクは高いですよね。

レバレッジを2倍にすると南アフリカランドの場合、元手は2千万円で可能になります。

何とか現実的な数字になってきたのではないでしょうか。頑張って年収1千万円の仕事につきコツコツ積み立てることができれば金利生活を実現させることができます。

ただし、これは南アフリカランドの為替が全く動かなかった場合の話です。

南アフリカランド円のチャートを見てみましょう。

南アフリカランド10年チャート
(南アフリカランド円チャート10年)

2015年は10円台だったランドが2016年には6円まで下がっています。

こんなに下がってしまうと、いくら金利が高くても意味がありません。トータルでマイナスになってしまいます。

やはり金利が高い分、リスクも高いということですね。

次に想定利回り10%のトルコリラも見てみると

トルコリラ10年チャート
(トルコリラ円チャート2009~2018)

50円から22円まで、ランドよりも大きく下がっています。スワップ金利が高い分、やはりリスクも高くなってしまいますね。

一方、想定利回りは低くなりますが、米ドル円を見てみると

ドル円チャート2009年~2018年
(米ドル円チャート2009~2018)

ランドやトルコリラのように50%も暴落したりはしていないようですね。

ただ、金利も低いので元手ももっと必要になってしまいますね。

かんべえ
南アフリカランドの用に年利5%とすると元手は2000万円くらいでスワップ金利生活が可能です。ただし、ランドが暴落する為替リスクもあるので、金利の高い通貨を単純に買えばいいというわけではないようですね。

 

スワップ金利生活を実現させるためには?為替変動利益も狙った積立投資が良いか

では、スワップ金利生活を実現させるためには結局どうすればいいか?

もちろん、投資する通貨によって大きな元手は必要になりますが、それを一気に投資するのではなく、為替差益も狙ってコツコツ積立投資をするのが一番近道なのではないかと思っています。

そこで、為替変動利益も狙ったナンピン買い投資が良いと思います。

ナンピン買いとは株を取得した価格よりも下落した場合に買い増して平均取得単価を下げる手法をいいます。

これをFXでも応用します。

  1. 例えば元手100万円で始める
  2. 南アフリカランドが10円のときに10万円分投資する
  3. ランドが9.5円に下がったら10万円分買い増しをする
  4. 9円に下がったら10万円分、8.5円に下がったら10万円と、ナンピン買いをしていく
  5. 10円に戻ったり、11円まで上がったら半分決済し、利益を確定させる
  6. 再び9円台になったら買い増しをしていく
  7. 平常時にはスワップ収入を得つつ、変動時に利益を得て不労所得生活を実現させる
  8. レバレッジは2倍以内に抑えてコツコツ積立投資を継続していく

このようにすれば年利5%以上の運用成果を上げることができるかと思います。

これはいつかは通貨の価格が回復するという前提に立っています。デフォルトしてしまえば今までの儲けもなくなってしまいます。

ですので、投資する通貨の見極めも大事ですね。

個人的にはこれからも利上げが続き、円安ドル高も続くであろう、米ドルを第一に考えて投資しますね。

米ドル円の場合、下がってもまたすぐ上がる感じになっているので、為替利益も得やすく、スワップ金利以上に稼げるかなと思っています。

そして、副次的に南アフリカランドやメキシコペソ、トルコリラといった通貨も保有しておこうと思います。

実際に当ブログでも実践しています。

各通貨別に最適なFX会社投資法についての参考ページを紹介しておきます。

(スワップが高い通貨一覧とおすすめFX業者)
通貨最適FX会社スプレッドスワップ参考リンク
米ドルSBIFXトレード0.29銭約50円(1.5%)
米ドル円FX積立投資をはじめてみます。
豪ドルヒロセ通商0.4銭約50円(1.5%)オーストラリアドル円のFXで高金利収入生活を得る方法
NZドルヒロセ通商1.0銭約50円(2.0%)ニュージーランドドル円のFXで高金利収入生活を得る方法
南ア・ランドSBIFXトレード0.99銭約140円(約5%)南アフリカランドのFX投資で少しずつスワップ収入を得ています
トルコリラヒロセ通商
みんなのFX
2.9銭約100円(約10%)トルコリラFXで堅実にスワップ収入を稼ぐ方法を検証しました。
かんべえ
上記比較表の参考リンクは実際に私が投資した経験が書かれていますので是非参考にしてください。

 

金利投資はできるだけ早く始めたほうがいい理由

南アフリカランド投資のように複利で運用できる投資はできるだけ早く始めたほうがいいです。

参考:投資でやるべき事 -複利の力を活かす

年利10%であれば5年で1.5倍に10年で2.6倍、30年で17.5倍にまで資産は膨れ上がります。

これが複利の効果です。スワップ収入目的だけで長期保有する場合であってもできるだけ早く投資しておくことで、この複利の効果を得ることができます。

また、景気の大きな波も3年~10年ごとにしか起きないこともポイントです。

例えばリーマンショックのような大きな波が起きた時に、歴史的円高となり、南アフリカランドは大きく値を下げました。

南アフリカランドは一時は7円台に突入するなどの異常事態になっていました。

当時は金利も10%近く上げており、この時に既にランドに投資していればスワップ収入も多く受け取ることができましたし、現在、日銀緩和等のアベノミクスで歴史的円安になったときに大きく為替差益を得ることができます。

できるだけ早く始めることで歴史的な経済変化時に大きく利益を得ることができるという事に繋がります。

もちろん、リスクはありますし、投資は自己責任ですが、上記の通り、レバレッジを低く抑えることでリスクを抑えて投資することは可能です。

リーマンショック時には7円台が底でしたか、2016年には6円台になっています。そして、また9円に戻ってきているので、本当に下がったら買っておけば儲かっていますよね。

レバレッジを低くしていればロスカットの心配はありませんから、コツコツ下がるたび買っていくようにしています。

※南アフリカランド円FXを2年半続けた結果はこちら
⇒南アフリカランド円FXを2年半続けて感じたリスクとメリットについて

かんべえ
投資が長期であればあるほどスワップ金利は貯まりますし、為替の上昇を待つことができるので、勝率が高まります。投資を早く始めることはやはり大事ですね。

 

金利で生活する方法 まとめ

以上、金利で生活する方法について検証してみました。

まとめますと

  1. 外貨には利率の高いものがある
  2. 外貨預金は手数料が高く元本割れするのでFXで代替する
  3. FXでもレバレッジをかけなければリスクを抑えることができる
  4. 南アフリカランドもしくはトルコリラがスワップ収入が高い
  5. スワップ収入はFX会社ごとに異なる。ヒロセ通商がおすすめ。
  6. 金利で生活するためには約2千万円~5千万円が必要
  7. すぐには2千万円を用意できないので初めは少額でコツコツ積立投資をしていく
  8. 下がったら買い、上がったら少し売りを繰り返し、スワップ金利を貯めながら為替差益も得ていく
  9. 通貨によってリスクは異なるので資金の配分は慎重に

やはり現実的には金利だけで生活するのはなかなか至難の業ですが、コツコツ続ければ可能なんじゃないかと思っています。

私も米ドルを始め、トルコリラや南アフリカランドに投資を続けており、コツコツ積みあがっています。

「月別投資収益報告」等で投資実践結果を報告していますので参考にしていただければと思います。

実はまだFXで外貨預金のような長期投資ができることは知られていないようです。

外貨に興味がある人でも、FXではなく、手数料が高く、金利も低い外貨預金でなんとなく始めている人が多いようです。

もし、あなたの友人にもFXの長期投資法を知らずに外貨預金をしている人がいるのであれば、FXのほうが断然お得であることを教えてあげてください。

では、今から始める人はどうすればいいか?

まずは米ドル円(USD/JPY)で100ドルずつで積立投資していくことをおすすめします。

100ドルであれば、約1万円ですし、個人投資家の方でも余剰資金で投資が可能なはずです。

FX口座に10万円ほど入金しておいて、その資金の範囲内で取引をすればいいでしょう。つまり1000ドル以内。

なれてくればレバレッジ2倍くらいまで上げても良いでしょう。

そして、コツコツ余剰資金を投資していき、スワップ金利を増やしていってください。

※米ドル円積立投資についてはこちらに詳しくまとめています。
米ドル円FX積立投資をはじめてみます。~金利スワップ狙い・外貨積立におすすめ~

そして、ドル円を100通貨から投資ができるのはSBI FXトレードです。

スワップも十分高い業者ですので、初心者の人はまずはこれから始めてみてください。

以上、少しでも皆様のお役に立てれば幸いです。投資は自己責任でお願いいたします。

金利生活を目指して!口座開設は以下より
1通貨より外貨に投資ができるSBI FXトレード



このエントリーをはてなブックマークに追加 



ハイリターン投資ROCK×SBI FXトレード

サイト主かんべえも重宝しているFX口座のSBI FXトレードとタイアップしました!

1通貨からトレードができるので初心者には特におすすめの口座です。



>>ハイリターン投資×SBI FXトレード(Amazoneギフト券3000円プレゼント)<<


⇒SBI FXトレードの詳細な情報はこちら


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください