トルコリラFXで2年ナンピン買いを続けてようやく含み益となりました。

このエントリーをはてなブックマークに追加 

2015年より高スワップ金利目的でトルコリラ円FXの積立投資をつづけていきました。

2015年から幾度となく暴落があったトルコリラですが、投資の結果はどうだったのか?2年以上続けた結果をご報告いたします。

ども~。リーマン投資家のかんべえです。

今回は私のメイン投資の一つである、トルコリラ円FXスワップ投資の状況を書きたいと思います。

2年以上続けていますが果たして儲かっているのか?以下、見ていきましょう。

トルコリラFXスワップ投資とは

まず、トルコリラFXスワップ投資について簡単におさらいしておきます。

トルコリラFXスワップ投資とはその名のごとく、トルコリラ円のFXでスワップを稼いでいく投資法です。

レバレッジをかけずにトルコリラが下がるたびに少しずつ買い増しをして、毎月買いポジションを増やしていき、スワップをひたすら貯めていくという投資スタイルです。

至極単純な投資法。

トルコリラが下がったら1lot(1000リラ)ずつ買っていき、そして、毎月余裕資金を口座に入金。トルコリラが上がったら少し決済して為替差益も得るという手法です。

言い換えると無限ナンピンですね。

詳しくは以下の記事に書いていますので参考にしてください。
トルコリラFXで堅実にスワップ金利収入を稼ぐ方法を検証しました。

2015年より投資開始!もトルコリラの下落が止まらない・・・

私がトルコリラへの投資を始めたのが、2015年でした。

当時はトルコリラは40円以上ありました。

しかし・・・・・

2016年には35円割れ、2017年にはついに30円割れしてしまいました・・・・!

レバレッジを抑えているとはいえ、さすがに焦りましたね。

でも、原則通り、ナンピン買いを続けました。

一時、含み損は20万円を超えていましたね・・・・

2017年からは底堅い展開に 31.5円に回復し、ついに含み益へ!

ただ、2017年に入り、29円まで下げてから、それ以下にはなりませんでした。

しばらくの間、30円前後を推移していました。

ナンピン買いを続けていたため、買いポジションは50lotを超えていて、毎月スワップが2万円ほど入るようになりました。

そして、2017年6月、ついにトルコリラが31.5円まで回復し・・・・

ヒロセ通商 ポジション集計画面 2017年6月19日時点)

遂に含み益となりました!!!

ポジション損益は-138,193円ですが、スワップが155,429円となり、含み益になっています。

やっぱりスワップが大きいですね!

このままトルコリラの価格が31円台で推移していくと単純に毎月2万円ずつスワップ分だけ利益が出ることになります。

この状態になればまさに資産ですね。

もちろん、また大きな暴落があるかもしれませんが、最近ではトルコリラの割安感が噂されており、40円台に回復する可能性も十分あります。

上がったら少し売り、下がったらポジションを増やして、どんどんスワップを生み出す資産を増やしたいと思いますね。

2018年1月 追記:その後も継続してトルコリラ円の買いポジションを増やせています。

追記です。2017年6月に書いたこの記事ですが、その後、半年が経ちました。

トルコリラ円のチャートを見てみましょう。

2017年の6月から見ると、一時32円台にはなりましたが、その後、低迷・・・・

2017年11月には米トルコ間の関係悪化に伴い、28円を割るくらいまで下落しました。

参考:米トルコビザ発給停止に伴いトルコリラは急落したものの堅実投資には影響なし

ただ、その後は30円を回復したりと、持ち直しており、横ばいといった感じですね。

下落時に買いポジションも増やしており、その結果・・・

という感じで、トルコリラが30円になれば含み益が出る状態になっていますね。29円だと少しマイナスな感じですが、1カ月もたてばスワップで含み損がカバーされる状態になりました

どうしても下がっていく傾向のあるトルコリラですが、また、米国との関係が改善されたり、シリア情勢が安定したりすれば35円くらいには上がってくるかと思いますので、その時、少しは利益を確定したいと思っています。

この調子でジワジワ資産を増やしたいですね。30円前後が続いてくれれば投資としては成功と思いますね。

トルコリラ円FXをするならヒロセ通商がおすすめ 金利が高くスプレッド狭い

スワップ狙いで堅実にトルコリラ円FXをするためのおすすめのFX業者を紹介しておきます。

私が使っているのはヒロセ通商です。

トルコリラ円FXはかれこれ2年以上続けていますが、やはりヒロセ通商が安定して高パフォーマンスです。

FX会社名スワップスプレッド最小取引通貨単位
ヒロセ通商100円前後1.9銭1,000
GMOクリック証券
(くりっく365)
95円前後5~7銭(変動制)10,000
FXプライム byGMO90円前後4.8銭(原則固定)
(1,000通貨は手数料30円発生)

1,000
SBI FXトレード90円前後1.89銭1
サクソバンク証券90円前後3.3銭5,000
GMOクリック証券
(FXネオ)
90円前後2.9銭 (原則固定)10,000
セントラル短資83円前後8銭~18銭10,000
OANDA Japan50円前後12.2銭
(2018年2月トルコリラFX会社比較)

スワップもしばらくの間は120円台固定だったのですが、昨今のトルコリラの下落に伴い、一時期は80円台まで下がっていました。ただ、それでも業界トップクラスは維持していましたね。

その後、現在は110円あたりまでスワップが回復しており、年間利回り換算すると11%近くもあります。

そして、スプレッドが従来は4.9銭(それでもトップクラス)だったのが、1.9銭まで縮小されて、業界の中でも飛びぬけていますね。

1000通貨から取引ができるので少額からコツコツとスワップ投資に最適な口座となっています。

また、その他の口座ではSBI FXトレードが1通貨から投資できるという点が魅力で、少額の投資家の方に適しています。

まとめ トルコリラFXスワップ投資の感想:やはりスワップが高いのが魅力

以上、トルコリラ円FXの堅実投資についての経過をご報告させていただきました。

まとめておきますと

  • 2015年から1000通貨ずつトルコリラ買い続けた
  • レバッジは1~2倍くらいに抑えて堅実に投資
  • その結果、40円から一時28円に暴落してもロスカットされずに投資を続けることができた
  • 2017年からトルコリラは底堅い展開が続き、その結果、スワップが増えてきて、含み損をスワップがカバーできるようになった
  • その後も小暴落はあるものの30円前後を推移、トルコリラの価格がこのままならスワップの分だけどんどん含み益が増える見込み
  • 米国との関係改善などで暴騰したときは少し利益を確定していく

といった感じで、今のところトルコリラ円FX投資はうまくいっていると思います。

やはりトルコリラはスワップが高いのが魅力です。

確かに国内情勢はいまいちで急落のリスクは高いのですが、トルコは今後の成長が期待される国ですので、また回復する可能性も十分あり、非常に魅力的な通貨です。

トルコリラFXに参入する業者も増えてきて、スプレッドもどんどん狭くなっていっていますので、市場も整備されてきていて嬉しいですね。私のトルコリラ円スワップ投資も今のところうまくいっていると考えていいでしょう。

しばらくはこの投資法を継続して、どれだけ行けるか見てみたいと思います。

※トルコリラ円スワップ投資法は詳しくは以下の記事で書いていますのでこちらもご参考に
トルコリラFXで堅実にスワップ金利収入を稼ぐ方法を検証しました。

では、また動きがありましたらご報告させていただきます。

少しでも皆様のお役に立てれば幸いです。投資はくれぐれも自己責任でお願いいたしますね。


※トルコリラ以外では南アフリカランドも同様にやっています。
(参考:南アフリカランドのFX投資で少しずつスワップ収入を得ています【目指せ金利生活】

こちらも同じく結果が出ています。

次はブラジルレアルをしたいのですが、まだFX市場が整備されていません。

IG証券でようやくブラジルレアル円の取引が始まりましたが、10,000通貨単位ですので、手が出せませんね。(参考:IG証券がブラジルレアル円のFXを開始!スワップ金利はどれくらい高いのか?

こちらもいずれどこかの業者が1,000通貨単位で取引できるようにしてくれるでしょう。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加 


ハイリターン投資ROCK×SBI FXトレード

サイト主かんべえも重宝しているFX口座のSBI FXトレードとタイアップしました!

1通貨からトレードができるので初心者には特におすすめの口座です。



>>ハイリターン投資×SBI FXトレード(Amazoneギフト券3000円プレゼント)<<


⇒SBI FXトレードの詳細な情報はこちら