SBI FXトレードがなぜ初心者に評判が高いのか?メリット・デメリットを徹底分析

このエントリーをはてなブックマークに追加 

FX初心者にも評判が高く、取引のスペックも非常に高いSBI FXトレードの特徴について調査しましたので参考にしてください。

スプレッド幅は変動制でも業界最狭水準

まずはスプレッド幅ですが、かなり狭くなっています。

通貨ペア1~10,00010,001~100,000100,001~500,000500,001~1,000,0000
USD/JPY0.270.390.390.58
EUR/JPY0.690.990.990.99
AUD/JPY0.770.880.880.88
NZD/JPY1.792.192.192.19
ZAR/JPY0.991.901.901.90
GBP/JPY1.191.591.591.59
(2017年6月現在)

変動制であるとはいえ、他者と比較してもかなり狭いレンジになっています。この変動制ですが、1度に注文する数量によって変動します。ですので、100,000通貨の取引をしようと思ったときは10,000通貨単位ずつで複数回に分けて取引をすればスプレッドは最小のままで取引をすることが可能です。

一度に10,000通貨単位以上の取引を瞬時にしなければならないFXヘビーユーザーには不向きかもしれませんが、スワップ狙いでコツコツ狙うひとや少額で少しずつ取引をしたい人には最適です。

スワップ金利が高い

SBI FXトレードは高いスワップポイントを保持している点も強みです。

通貨ペアスワップポイント想定年間利回り
USD/JPY(米ドル円)38円約1.5%
AUD/JPY(豪ドル円)45円約2%
NZD/JPY(NZドル円)43円約2%
ZAR/JPY(南アフリカランド円)150円約5%
TRY/JPY(トルコリラ円)102円約10%
(2017年6月現在)

豪ドルとNZドルとトルコリラは10,000通貨単位ごとの1日のスワップの金額、南アフリカランドは100,000通貨単位の1日のスワップポイントの金額です。年利で計算すると豪ドルであれば2%、NZドルは2.5%、南アフリカランドは5%、トルコリラは10%あるといった計算になります。もちろん、変動はしますのでご留意ください。

スワップポイントもFX会社によって金額が違いますのでFX会社を選ぶ際には注意が必要です。どのくらい違うかというと、例えば南アフリカランドであれば100円の業者や70円の業者もあるほどです。

倍以上違う場合もありますので注意しましょう。その点、SBIFXトレードは高スワップですので安心です。

参考:SBIFXトレードで南アフリカランドに投資【ZAR/JPYの高スワップ金利の魅力】

1通貨から取引ができる珍しい会社 約5円からFXができて初心者におすすめ

ほとんどのFX会社は10,000通貨単位からしか取引ができませんが、SBI FXトレードは1通貨単位から取引をすることができます。

1ドル110円とすると極端な話4円 からでもトレードができます。

FX初心者の人でまずは少額から取引をやってみたいという人や、レバレッジをかけずに外貨預金と同じように長期投資でFXをしたいと考えている人には最適な会社です。

SBIFX1通貨
SBI FXトレード オフィシャルサイトより抜粋)

また、ナンピン買いをしたい人にもおすすめです。

他のFX会社は10,000通貨単位でしか取引ができないところが多いですが、10,000通貨単位ですと例えば1ドル110円とすると、1,100,000円分の取引ができず、必然的にハイリスクとなります。

10,000通貨単位の場合、資金に余裕がない人は買うことができても1lotか2lot程度になります。

買いポジションを10,000ドル保有してからドル安になり、含み損が増えてくると、せっかくドルが安い時に追加で買う余裕がなく、またドル高になるまで待ち続けれなければなりませんし、場合によってはロスカットしてしまいます。

ですので、SBI FXトレードのように1通貨単位から取引ができるのであれば、例えば米ドルを10,000通貨保有するにしても、2,000通貨単位ずつ5回に分けて取引をするといった手法も可能です。

なかなか大底でポジションは取れませんので、FXではこういった分割購入、ナンピン買いで取引をすると利益を増やすことができるかもしれません。

この点からもコツコツスワップ投資派にも最適な口座です。

スワップが高くて小lotから取引ができるので、リスクは高いがスワップが高い南アフリカランドをレバレッジをかけずに1,000通貨ずつコツコツ積立投資をすることも可能ですし、トルコリラを100リラずつコツコツ投資することも可能です。

私も実践して、コツコツスワップ金利を増やしています。

スワップ投資法は以下の記事を参考にしてください。

南アフリカランド円FXのスワップ投資法
南アフリカランドのFX投資で少しずつスワップ収入を得ています【目指せ金利生活】

トルコリラ円FXのスワップ投資法
トルコリラFXで堅実にスワップ金利収入を稼ぐ方法を検証しました。

取扱通貨ペアが豊富

SBI FXトレードはメジャー通貨だけでなく、マイナー通貨も豊富に取り扱っており、その数もどんどん増やしていっています。

2017年6月時点の取扱通貨(オフィシャルサイトより抜粋)
USD/JPY、EUR/JPY、GBP/JPY、AUD/JPY、NZD/JPY、CAD/JPY、CHF/JPY、ZAR/JPY CNH/JPY、EUR/USD、GBP/USD、AUD/USD、KRW/JPY、TRY/JPY、HKD/JPY、USD/CAD USD/CHF、EUR/GBP、EUR/AUD、EUR/NZD、EUR/CHF、GBP/AUD、GBP/CHF、AUD/NZD AUD/CHF、NZD/USD(合計26通貨ペア)

南アフリカランドやトルコリラといったスワップ派に人気の通貨の他、韓国ウォンや香港ドルなど、これから市場が大きくなりそうな通貨も取り扱っています。

ユーロ豪ドル、ユーロNZドルといった、上級者も好む通貨ペアもあり、重宝したい口座ですね。

東証一部上場 大手会社を親に持ち安定

また、SBI FXトレードはSBIホールディングス(東証1部)を親会社に持っています。

SBI系列ではSBI証券もネット証券でトップを争っており、投資業界には強い会社になっています。取引ツールも使いやすく、信頼性の高い会社です。

システムの安定性も高く、サポート体制も厚く、スマホでのトレードもしやすく、やはり大手は安定しているなという印象です。

SBI FXトレードのデメリット

では、SBI FXトレードのデメリットですが、変動スプレッド制が挙げられます。

10,000通貨単位まではスプレッドがかなり安く、どの通貨でも業界トップクラスのスプレッド幅の狭さを保持しているのですが、取引単位が多くなるとどうしても他社よりスプレッド幅が広がってしまいます。

ですが、これは1回の取引が大きくなった場合に限られます。

100,000通貨の取引をしたい場合も、10,000通貨の注文を10回に分ければスプレッド幅は最小のまま取引ができますので問題ありません。

ただし、100,000通貨単位以上の取引を1回の取引で瞬時に行わなければならないFXトレーダーの人には適していないFX会社になります。

まとめ SBI FXトレードは初心者におすすめで穴がない口座

以上、SBI FXトレードのメリット・デメリットを検証しました。

まとめると・・・

  • スプレッドが業界の中でもトップクラスで狭い
  • スワップ金利が高い
  • 1通貨という超少額から取引ができ初心者にもおすすめ
  • 取扱通貨ペアが豊富
  • 変動スプレッド制なのでスキャルピングヘビートレーダには向かない

とにかく穴がない業者といった感じですね。

もっと評価されても良い口座だと思っています。

特に少額からコツコツ積立投資ができるので、長期堅実投資家、スワップ投資家には重宝されています。

一方、スプレッドが変動制であるため、あまりに1回の取引規模が大きくなるのであれば他の固定スプレッドのFX会社を利用したほうがいいでしょう。

ですが、小~中規模程度の取引でおさまるのであれば、スプレッド幅も狭く、スワップポイントも高いためおすすめです。

特に1通貨単位からといった少額取引が可能ですので初心者の方はまずは少額取引から始めてみてはいかがでしょうか。

また、当サイトからの口座申し込み限定にはなりますが、Amazoneギフト券3000円も貰えます。

口座開設は以下よりどうぞ
FX初心者におすすめ SBI FXトレード

このエントリーをはてなブックマークに追加 



ハイリターン投資ROCK×SBI FXトレード

サイト主かんべえも重宝しているFX口座のSBI FXトレードとタイアップしました!

1通貨からトレードができるので初心者には特におすすめの口座です。



>>ハイリターン投資×SBI FXトレード(Amazoneギフト券3000円プレゼント)<<


⇒SBI FXトレードの詳細な情報はこちら


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*