IPOにSBI証券を外せない理由 ~IPO株の申込におすすめの証券会社~

IPOをするならSBI証券は外せません。一人一票制の完全平等抽選、買付余力不要、IPOチャレンジポイントといったSBI証券の強みをご紹介いたします。

ども。リーマン投資家のかんべえです。

今回は最近挑戦中のIPO投資についての考察です。当選確率をアップさせるためにおすすめの証券会社を紹介しておきます。

IPOの当選確率を上げるためには複数の証券口座を持てというが・・・

IPOの当選確率を上げる方法として、家族全員で複数の口座を持って申し込みをすれば可能性が上がるという話を聞きます。

もちろん、嘘ではありません。

ただ、なにせIPOの申込みをするのにも1単元買えるだけの資金が必要です。口座にお金が入っていなければ申し込みをすることができないところがほとんどです。

そして、IPO株を1単元(100株)買うためには10万円~30万円ほどの投資資金が必要です。

すなわち、家族全員で10口座くらい証券口座を開設しても申込みをするためには1口座30万円ほどは入金しておかなければならず、10口座となると300万円にもなります。

一時的とはいえ、300万円もの資金を用意できるでしょうか。しかも、抽選が確定するまでその資金が拘束されてしまうというのも辛いところです。

その間に買いたい株があっても資金が足りずに買えない可能性が出てきます。資金が潤沢でない個人投資家にとっては辛いところです。

ただ、その点、SBI証券は他の証券会社よりメリットがあります。

SBI証券は買付余力が無くても申込可能。家族、親戚全員で申し込みせよ!ただし、抽選時には資金が必要になる。

SBI証券は証券口座にお金が入っていなくてもIPO抽選に参加ができます。

口座にお金が無くても申し込みができるので、家族全員、親戚、とにかく口座を持てるだけ持って、IPOの抽選に参加すればOKというわけです。

後述しますが、SBI証券のIPOは一人一票制なので、とにかく家族も含め申し込みをする人が増えれば増えるほど当選確率が上がるというわけです。

申込みもクリック一つでできるので簡単です。可能性を高めるためにもクリックしておかないと損ですね。もちろん、IPO銘柄の中には初値を公募価格が下回る外れ銘柄もあるんですけどね・・・

抽選日当日には資金が必要になりますので、その時にだけお金を入れればOKです。資金の拘束が1日ほどですので、個人投資家にとっても気が楽ですね。

このSBI証券のメリットはIPO複数社のブックビル期間が重なっていた時にも効果を発揮します。

IPOブックブル期間に複数社重なっていた時もSBI証券であれば、ブックビル期間中の資金の拘束がないわけですから、1社分のお金を入れておけばIPOに参加できるというわけです。ただし、抽選日まで重なっていた時は資金が必要になります。

SBI証券は一人一票制の完全平等抽選

SBI証券のIPOは一人一票制です。すなわち、資金が多い投資家が有利というわけではないということです。

一人一票制の証券会社は以下の通りです。

ちなみに私がゆうちょ銀行IPOに当選したのはカブドットコム証券です。こちらも大手証券会社で主幹事となり割り当てが多い場合も多いですので、押さえておきたいです。

SBI証券IPOチャレンジポイントがおすすめ

さらにSBI証券がIPOにおすすめな理由として、IPOチャレンジポイントというのがあります。

これはIPOの抽選が外れれば外れるほど、ポイントがたまっていき、100pt~150pt貯まると優先的にIPO株が割り当てられるというわけです。しかも、使える銘柄を選ぶことができますので、これは高騰する!と思った銘柄まで持越ておけばいいですね。

1社外れるごとに1ポイントなので、なかなか長い道のりにはなりますが、1年~2年で溜まりますので、IPO抽選に漏れまくっちゃいましょう笑

まとめ IPOにSBI証券を外せない理由

以上、IPO投資にSBI証券が外せない理由についてご紹介いたしました。

まとめますと・・・

  • IPO株の当選確率を上げるためには家族全員で複数の証券口座から申し込みをする必要がある
  • ほとんどの証券会社ではIPOを応募するだけでも資金が拘束される(1口座30万円ほど)ため、資金が潤沢にない個人投資家にとっては難しい
  • SBI証券は口座に資金が無くてもIPOの応募が可能。ただし、抽選当日には資金が必要になる。
  • 資金の拘束が一時的なので家族、親戚も巻き込み、とにかくIPOに応募する
  • ブックビル期間に複数社が重なっても抽選日が重なっていなければ1社分の資金で応募可能
  • SBI証券は一人一票制なので申込む人数が多ければ多いほど確率が上がる
  • IPOチャレンジポイントを溜めれば優先的にIPO株を割り当てられるので、とにかく応募していくように

以上、IPO投資についてIPO株の申込におすすめの証券会社を中心にご紹介いたしました。

少しでも皆様のお役に立てば幸いです。投資は自己責任でお願いいたします。

口座開設は以下よりどうぞ
IPOに外せない証券会社 SBI証券

このエントリーをはてなブックマークに追加 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*