FXを始めるにはいくらかかるのか?必要資金と少額取引ができるFX会社の紹介

このエントリーをはてなブックマークに追加 

FXを始めるには最小でもいくら必要なのか。リスクを低く、少額取引をすることは可能なのかについて検証しました。

「FXを始めてみたいけど、どのくらいお金が必要なんだろう」

「10万円以上は必要な気がする・・・」

「できれば、初めは少額で練習したい。」

「リスクを低く、堅実に稼ぎたい」

そう思っているFX初心者の方は多いのではないでしょうか。

FXはいまだにハイリスクハイリターンのイメージが強いのでFXを始めるのにも数十万円は必要だと思われているかと思います。

確かに以前まではFXを始めるのにはある程度の金額が必要でしたが、現在ではかなりの少額でも取引することが可能です。

以下、FX初心者の方向けに必要資金について、どれくらい少額から始めることができるかについて書きましたので参考にしてください。

FXとは

まずはFXとは何か?簡単に解説しておきます。

FXは証拠金取引といい、FX口座にある程度の証拠金(担保金)を預け、その証拠金のレンジ、最大25倍までレバレッジをかけて取引をすることができます。

25倍までレバレッジをかけて取引ができるということはどういうことか。

例えば、10万円口座に預けたとすると、25倍の250万円まで注文をすることができます。1米ドル100円と考えると、25,000単位まで注文をすることができるということです。

ただし、25倍という高いレバレッジをかけてしまうと、すぐに強制決済(ロスカット)してしまいます。

口座に10万円しかなく、レバレッジを25倍にして250万円分の米ドルを保有した場合、4円ほど、円高ドル安に動くと含み損が口座の資金を超えてしまい、強制決済されてしまいます。(4円×25,000単位=100,000円)

FXはこのようなハイリスクハイリターンな取引をすることができます。

ですが。堅実に稼ぐためには初心者であってもなくても、レバレッジは低く抑えたほうがいいです。

FXはいくらから始めることができるのか?必要資金について

では、FXはいくらで始めることができるのでしょうか。

上述した通り、FXは口座に預けたお金の25倍までレバレッジをかけて取引をすることができます。

ですので、1回当たり取引金額の1/25の資金があれば、一応取引をすることができます。

1ドル100円で1ドルだけ買ったのであれば、その1/25の4円から取引ができるというわけです。

ただし、これはFX業者ごとに異なってきます。

なぜなら、FX業者ごとに最小取引通貨単位が異なるからです。

最小取引通貨単位とは、1回当たりの取引単位で、多くのFX業者では10,000通貨が最小取引通貨単位となっています。

ですので、ドル円FXの場合、最小取引通貨単位が10,000通貨であれば、1回の取引は10,000ドル単位になります。

となると、証拠金はいくら必要なのかというと

110円×10,000ドル÷25=約5万円

最小取引通貨単位が10,000通貨のFX業者では最小5万円あれば取引ができることになります。

ただし、これはハイリスクな取引になります。

FXは5万円から始めることができるという危険な提案

FXは上述した通り、口座に入金した証拠金の25倍までレバレッジをかけて取引をすることができます。

多くのFX会社では最小取引通単位というものを定めています。

そして、多くのFX会社はこの最小取引通貨単位は10,000通貨単位となっています。

10,000通貨単位ということは1米ドル110円と考えると、10,000通貨×110円で110万円分の取引からでしか取引ができないことになります。

レバレッジは25倍までかけることができますので、10,000通貨単位でしか取引ができないFX会社では約5万円(110万円÷25倍)から取引ができるということになります。

FX会社のオフィシャルサイトを見ても5万円から取引ができると書かれているサイトが多いようですね。

ですが…….これはかなり危険な提案になります。

レバレッジ25倍で10,000ドルを所有した場合、5円反対方向に為替が動いただけで含み損は証拠金を超えてしまい、強制ロスカットされてしまいます。

こんな取引を初心者がするべきではありませんよね。

5万円からの少額取引が可能という様に宣伝している会社があれば、よくよく注意しましょう。

100円でもFXを始めれる!最小取引通貨単位が1通貨で少額取引ができるFX会社とは

では、FXは少額取引はできないのか?

ハイリスクな取引しかできないのか?

そんなことはありません。

FXを少額で始めることができる会社があります。

上述した、最小取引通貨単位が10,000通貨ではない口座を使えばいいんです。

最近では、最小取引通貨単位が1,000単位の会社も増えてきました。

さらにはまだ数は少ないですが、最小取引通貨単位が1通貨単位のFX会社もあります。

1通貨単位であれば100円からでもレバレッジをかけずにFXを始めることができます。

1通単位で取引できるのであれば、初心者のFXの練習にも最適ですし、堅実にスワップ(金利)を得ようと考えている人にも適しています。

主要なFX会社の最小取引通貨単位を比較しています。

FX会社名ドル/円ユーロ/円豪ドル/円最低取引通貨単位
SBI FXトレード0.27銭~0.69銭~0.77銭~1
GMOクリック証券
(FXネオ)
0.3銭
(原則固定)
0.5銭
(原則固定)
0.7銭
(原則固定)
10,000
外為ジャパン0.3銭0.6銭0.7銭1,000
OANDA Japan0.4銭0.7銭-1
JFX0.3銭0.5銭0.7銭1,000
インヴァスト証券
0.3銭0.6銭0.7銭1,000
ヒロセ通商0.3銭0.5銭0.7銭1,000
セントラル短資0.51銭0.97円0.89銭1,000
DMM FX0.3銭0.6銭0.7銭10,000
(2016年2月更新)

1通貨単位で取引ができるFX会社はSBIFXトレードです。

SBIFXトレードはスプレッド幅も小さく、スワップも高いのでかなり優良のFX会社です。初心者で少額取引から始めてみたい人やスワップ(金利)収入狙いで、堅実に積み立てたい人にはおすすめです。

しかも、SBIFXトレードは1通貨単位であってもスプレッドはかなり小さくなっています。このあたりは株投資のプチ株やミニ株とは違うところですね。

やはり初心者の方に1通貨といった少額からトレードができるFX会社を選ぶべきです。1通貨から投資できる会社は10,000通貨からも投資できますので、慣れてきてから問題ありません。

このことについては改めて初心者におすすめのFX業者(証券会社)はどこなのか選び方について書きたいと思うでも書いていますので参考にしてください。

※また、SBI FXトレードの詳細については以下の記事で書いていますので参考にしてください。
SBI FXトレードがなぜ初心者に評判が高いのか?メリット・デメリットを徹底分析

FXはレバレッジをかけずに堅実に稼いだほうがいい

FXでは

  1. レバレッジをかけて為替差益を狙う投資
  2. レバレッジをそれほどかけずに長期投資をしてスワップ(金利)収入を狙う投資

大きく分けると以上の2つに分かれます。

参考:FX初心者におすすめのFX会社と投資法について【FX初心者のFXの始め方】

本当に投機のセンスがあるのであれば1つめの為替差益を狙う方法をすれば、早く大きく稼ぐことができます。

ですが、勝つことができる人は1%にも満たないでしょう。

なぜなら、為替はどう動くか、プロでも誰でもわからないからです。急にリーマンショックの様な事件が起きて、円高になることもありますし、日銀の金融緩和により、急激に円安になることもあるわけです。

レバレッジをかけていると、今まで儲けていた利益が一気に吹き飛んでしまいます。ウォーレンバフェットも言う通り、最後にゼロをかけてしまえば意味がないんです。

ですので、2つめのレバレッジをかけずに長期投資する方法をおすすめします。

レバレッジをかけなければ外貨預金と同様、通貨がデフォルトしない限り、投資を続けることができます。オーストラリアドルや南アフリカランドなど、金利の高い国の通貨とFXすれば年利5%前後のスワップ収入を得ることができますし、うまく円安になれば、それなりの為替差益も得ることができます。

通常時は長期投資しつつ、スワップ収入を得て、為替変動時には大きく利益を得ることができる2つめの投資法をおすすめします。

参考:FX高スワップ金利比較【スワップ金利で稼ぐのにおすすめの通貨ペアとは】

毎月数万円ずつ、投資するのであれば、最小通貨単位が低くなければなりません。こうした堅実な投資にも最小通貨単位が1通貨のSBI FXトレードは適しています。

FXを始めるにはいくらかかるのか?まとめ

以上、FXを始めるにはいくらかかるのか?についてご説明しました。

まとめると・・・

  • FXは口座に預けた資金の25倍までレバレッジをかけて取引をすることができる
  • 必要資金は最低でも取引金額の25分の1から
  • FXは業者ごとに最小取引通貨単位が決められており10,000通貨に設定されている業者が多い
  • 10,000通貨の場合は1回あたりの取引が10,000ドルになる。
  • 10,000ドルの場合、必要資金は25分の1の5万円ほどになるが、これはハイリスクな取引になる
  • そこで、FX初心者は10,000通貨業者ではなく、最小取引通貨単位が低い業者がおすすめ
  • SBI FXトレードであれば1通貨単位から取引ができるので少額から投資可能
  • 1通貨、すなわち1ドルからならレバレッジをかけなくても約100円からFXができる
  • FX初心者は堅実にレバレッジをかけずに取引を始めるのがおすすめ

といった感じになりました。

結論、最小取引通貨単位が1通貨であれば、1ドルの25分の1の5円前後からでもFXを始めることができるということです。

ただ、これはレバレッジを最大にした場合です。

レバレッジをかけない(1~2倍)ことを前提にすると、50円~100円は必要になりますね。

もちろん、1通貨で取引しても利益は微々たるものですから、ドル円であれば100~1,000通貨単位での取引から始めるのがいいでしょう。

CM等で大きく広告している大手FX会社のGMOやDMMは10,000通貨単位からの取引になりますので、資金力がない方、FX初心者の方にはお勧めできません。

10,000通貨ですと、ドル円の場合、1回の取引が100万円規模になり、かなりの資金がないとハイレバレッジとなり、ロスカットのリスクが高まってしまいます。

ですので、初めは最小取引通貨単位が1,000通貨以下の業者を選ぶのがいいでしょう。

もちろん、GMO、DMMともにスペックが高いので、取引に慣れてきてから使うというのであれば問題ありません。

とはいえ、FXではレバレッジをかけて短期的なデイトレードをして稼ぐという方法とは別に、スワップの高い通貨を堅実に長期保有して稼ぐという方法もあります。

どちらが自分適しているか見極めて投資スタイルを決めてFX口座も決めるようにしましょう。

以上、少しでも皆様のお役に立てれば幸いです。投資はくれぐれも自己責任でお願いいたします。


FX初心者にもおすすめ 最小取引通貨単位1,000以下の業者

SBI FXトレード おすすめ
大手ネット証券SBI証券系列FX会社。1通貨単位といった超少額取引ができる数少ないFX会社で初心者におすすめです。米ドルスプレッド幅も0.29銭~と業界トップクラスを保持し、他の通貨のスプレッドも狭く、スワップも高いと評判のFX会社です。

外為ジャパン
DMM.com系列のFX会社。スペックはDMMと同じで高く、1000通貨からトレードができるのが魅力。SBI FXトレードは取引量に応じてスプレッドが変動するため、ヘビートレーダーはこちらがおすすめ。

ヒロセ通商
こちらは1000通貨からになりますが、トルコリラやニュージーランドドル、オーストラリアドルといったスワップ金利の高い通貨を取り扱っています。主要通貨のスプレッドも狭く、スワップ狙いの長期投資におすすめのFX会社です。

このエントリーをはてなブックマークに追加 


ハイリターン投資ROCK×SBI FXトレード

サイト主かんべえも重宝しているFX口座のSBI FXトレードとタイアップしました!

1通貨からトレードができるので初心者には特におすすめの口座です。



>>ハイリターン投資×SBI FXトレード(Amazoneギフト券3000円プレゼント)<<


⇒SBI FXトレードの詳細な情報はこちら