DMMFXの評判について【メリット・デメリッ・特徴を分析】

このエントリーをはてなブックマークに追加 

テレビCMでもおなじみのDMMFXの特徴についてまとめましたので参考にしてください。

1.全通貨スプレッド幅がとにかく小さい コストパフォーマンスが高い

DMMFXは他社と比較してもスプレッド幅の狭さでは群を抜いています。

FX会社名ドル/円ユーロ/円豪ドル/円NZドル/円ランド/円英ポンド/円
DMM FX0.3銭0.6銭0.7銭1.5銭1.4銭1.1銭
SBI FXトレード0.27銭~0.69銭~0.77銭~1.79銭~0.99銭1.19銭~
外為ジャパン0.3銭0.6銭0.7銭1.5銭1.4銭1.1銭
JFX0.3銭0.9銭0.9銭1.5銭1.4銭1.3銭
LION FX0.3銭0.8銭0.9銭1.5銭1.4銭1.3銭
ライブスター証券0.9銭1.9銭3.2銭3.6銭14.9銭3.4銭

上記比較表のとおり、DMMFXはどの通貨でもトップクラスでスプレッドが狭くなっています。コストを抑えるには最適です。追尾して外為ジャパンも同じスプレッド体系になっています。外為ジャパンもDMM系列というのも一つの理由です。

スプレッドが最小のDMMFXですが、米ドル円ではSBIFXトレードに劣っています。ですが、SBIFXトレードは変動スプレッド制をとっており、10,000通貨単位以上の注文をするとスプレッドが広がり、DMMFXよりもスプレッドが高くなってしまいます。その点では必ずしもDMMのほうが米ドルでもコストが高いとはいえません。(参考:SBIFXトレードのメリットについて【口コミ・評判より分析】)

南アフリカランドはSBIFXトレードが0,99銭と他社よりかなり安くなっています。こちらも変動スプレッド制ですが、それでも他社より安くなっています。南アフリカランドをメインにトレードするのであれば、SBIFXトレードがいいでしょう。(参考:南アフリカランドのFX投資で少しずつスワップ収入を得ています

2.そこそこ高いスワップポイント

コストが安い代わりにスワップが低い会社もありますが、DMMFXはスワップポイントも高水準を保持しています。

FX会社名米ドル/円ユーロ/円豪ドル/円NZドル/円ランド/円英ポンド/円
DMM FX1円5円62円77円11円17円
SBI FXトレード3円-4円72円89円14円20円
外為ジャパン1円5円62円77円11円17円
ライブスターFX6円3円73円88円14円28円
LION FX2円14円85円78円3円15円

他社に劣る通貨はあるものの、それなりに高いスワップポイントを保持しています。長期スワップ目的投資でなければ気にする必要はないでしょう。

3.世界第二位の人気、安定性、信頼性

CMでもアピールしていますが、DMMFXは世界第二位の取引高であり、多くのFXトレーダーに選ばれ、安定したシステムで信頼制の高い会社です。DMMFX

4.完全信託保全

現在では日本のFX会社に義務付けられていますが、DMMFXでも完全信託保全制度が取られており、万が一DMMFXが破たんしたとしても預けたお金は信託銀行に保全されているため、口座に預けたお金は戻ってきます。

5.操作性抜群のトレードシステム

DMMFXは初心者でも使いやすいトレードシステム「DMMFX ADVANCE」と「DMMFX for smart phone」など、PCでもスマホでもトレードしやすいシステムを整備しています。

操作もしやすく、速度も速く、安定した取引環境を提供しています。

6.24時間安心サポート体制

DMMFXは平日であれば24時間メール、電話のサポート体制が整備されています。

7.口座開設キャンペーンが豪華

DMMFXでは新口座開設キャンペーンとして10,000円キャッシュバックされます。

条件としては口座開設完了後、3ヶ月以内に10万円を入金し、取引400Lot以上を達成しなければならなず、それなりにハードルは高くなっていますが、デイトレーダーの方であれば問題ない取引回数かと思います。

8.DMMFXのデメリットとは

上記でも紹介しましたが、デメリットの一つとしてスワップポイントが他社より若干劣るという点です。スワップポイント目的の長期投資トレーダーであれば、SBIFXなど、他のFX会社のほうが利回りは良いでしょう。ですが、そこまで変わりませんので、為替差益を狙うトレーダーの方は最小水準スプレッドのDMMFXが良いでしょう。

デメリットの二つ目として最小取引通貨単位が10,000通貨以上であるという点です。10,000通貨となると、米ドルが100円としても100万円分の取引から始めなければなりません。資金に余裕があればいいですが、10万円でもレバレッジは10倍となり、ハイリスクハイリターンな取引となります。ですので、トレード初心者の方でまずは少額投資をしたい方には向いていません。

少額投資であれば1通貨単位から取引ができるSBIFXをおすすめします。(参考:FXを始めるにはいくらかかるのか?必要資金について

とはいえ、少額ではリターンも小さく、FXの醍醐味であるハイリターンを得ることができません。FXで大きくリターンを得ようと考えているのであれば10,000通貨単位から取引することに問題はないでしょう。

9.DMMFXに適しているトレーダー

以上、DMMFXのメリット・デメリットを加味した結果、DMMFXをおすすめしたいのは以下のような方です。

  • 取引コストをおさえたい
  • デイトレードで短期的な売買で利益を得たい
  • ハイリスクハイリターンを狙っている
  • 大手で安定したFX会社でトレードをしたい
  • スマホやPCでのトレードシステムの操作性を重視している
  • 口座開設キャンペーンで1万円がほしい

以上の点に当てはまる方はDMMFXをおすすめします。特にスプレッド幅がこれだけ小さくなっている会社は少ないので、コスト面で他社よりおすすめできますね。スワップ狙いで長期投資もしたいと考えているのであれば、複数の口座を開設するのもありです。

以上、少しでもあなたのFX会社選びの参考になれば幸いです。

口座開設は以下より
FXを始めるなら≪DMM FX≫にお任せ!

このエントリーをはてなブックマークに追加 


ハイリターン投資ROCK×SBI FXトレード

サイト主かんべえも重宝しているFX口座のSBI FXトレードとタイアップしました!

1通貨からトレードができるので初心者には特におすすめの口座です。



>>ハイリターン投資×SBI FXトレード(Amazoneギフト券3000円プレゼント)<<


⇒SBI FXトレードの詳細な情報はこちら