ビットコインを空売りする方法【bitbankトレードなら追証なし】

このエントリーをはてなブックマークに追加 

ビットコインはそろそろ天井が近いのでは?と思い空売りする方法を調べてみました。

ども。リーマン投資家のかんべえです。

連日のビットコインやら仮想通貨のニュース本当にすごいですよね。

私自身は取引の手段の一つに過ぎない仮想通貨がこんなにも高騰するのには疑問を感じています。完全にマネーゲーム化していて、なぜ上がっているのか合理的な説明は不可能でしょう。

今は相場が安定していますが、何か経済ショックが起きれば真っ先に売られる対象だと思います。また、規制とかが始まれば急落するリスクが高い通貨だと思います。

そこで、今回はビットコインを空売りする方法を検証してみました。

ビットコイン価格の推移

まずはビットコイン相場を見てみましょう。

(参照元:bitFlyer

それにしてもすごいですね。1年で3倍以上になっています。

ただ、2017年5月に一時320,000円台を突破してからは300,000円前後で停滞していますね。

徐々にビットコインで億超えの利益を出している人が出てきました。そろそろ天井なのではないかとも感じています。

仮想通貨なんてリスクオフとなったら真っ先に売られる対象だと思いますので、南アフリカランドやトルコリラとかよりもずっとリスクが高いと思っています。

最近では身近な友達がビットコインを始めだしましたし、市場が”靴磨きの少年”状態になっている気がしますね。(投資についてわからない靴磨きの少年が投資が儲かるなんて言い出したら過熱感が高い)

そこで、そろそろ暴落が起きるのではないかとおもっています。

であれば、空売りをすれば儲かるのではないか?

そこで、ビットコインの空売りをする方法を検証してみました。

ビットコインを空売りする方法 ビットコインFX

ビットコインを空売りする方法は簡単です。

ビットコイン口座を開設し、ビットコインFX口座を申請すれば開始できます。

ビットコインFXに対応している主な業者は以下の通りです。

ビットフライヤー:レバレッジ15倍

コインチェック:レバレッジ5倍

bitbankトレード:レバレッジ20倍 手数料0.01% 追証なし

まだFXのように市場ルールができておらず、レバレッジも業者ごとに違います。

以上の取引所の口座を開設し、ビットコインFXをすれば売りから注文も可能です。


(bitbankトレード ビットコインFX注文画面)

空売りするなら追証なしのbitbankトレードが安全か

ただし、空売りは本当に怖いです。

買いの場合は価格はゼロまでですが、空売りの場合は損失は青天井です。

ビットコインのボラティリティは本当に高いので、ロスカット価格を一気に飛び越えて約定してしまうことも大いに考えられます。

FXをされている方はご存知かと思いますが、レバレッジをかけて証拠金以上の損失が発生した場合は追証を請求されます。すなわち借金となります。

10万円預けてレバレッジをかけてビットコインの空売りをしてたら、価格が急騰し、損失が100万円くらいになってしまったら、追加で90万円を支払わなければならなくなります。

ですので、レバレッジをかけた空売り非常に危険です。

そのため、ビットコインの空売りをするのであれば追証不要制度(ゼロカット方式)をとっているbitbankトレードで取引をするのがおすすめですね。

追証なし(ゼロカット方式)とはレバレッジ規制のない海外FXでよく使われている方式なのですが、自動ロスカットが設定されている代わりに追証を請求することはないという方式です。

仮に証拠金以上の損失が発生していた場合でもその損失分は取引業者が負担してくれるという、なんとも顧客思いな精度なんです。

bitbankトレードのオフィシャルサイトでも証拠金以上の損失は負担してくれる旨を書かれています。

なぜか、日本のFX業者はこの追証不要のゼロカット方式が禁止されているのですが、ビットコインにはまだそういった規制がないため追証不要が可能なんでしょうね。

追証不要であれば、思い切って天井狙いでビットコインを空売りして、もし下がればラッキーで大儲け、もし、逆に高騰してしまっても預けたお金以上には損を請求されないので良いですよね。まあギャンブル投資にはかわりはないんですけどね。

ただ、bitbankトレードは手数料が0.01%かかるのがネックです。

その点は当サイトから口座を申し込めば手数料割引コードが付与されますので、負担は減少することが可能です。

追記:bitbankトレードのFXは先物で限月がありました・・・

追記になります。

bitbankトレードは確かにゼロカット方式なのですが、FXではなく限月(1~2カ月)のある先物取引しかとり取り扱っていませんでした。

ですので、じっくり暴落を待つというよりかは、近日中の暴落を狙った取引にしか向かないようですね。

含み損を抱えてもじっくり暴落を待つという戦法なら限月のない通常のビットコインFXを取り扱っているビットフライヤーがおすすめです。

こちらはゼロカット方式ではないので、急な価格高騰による値飛びリスクがあります。ですので、レバレッジは低くすることが必要ですね。

それにしてもスプレッド広いですね・・・・

FX同様、これから狭くなっていくとは思いますが・・・

まとめ ビットコインを空売りする方法

以上、ビットコインを空売りする方法をご紹介しました。

まとめますと・・・

  • ビットコインはそろそろ天井が近いのではないかと予想
  • 下落するなら空売りすれば儲かるのでは?
  • ビットコインを空売りするにはビットコインFXを利用すれば可能
  • ビットコインFXに対応している業者は多くある
  • ただ、空売りは危険なので追証不要のbitbankトレードがおすすめ
  • 追証不要(ゼロカット方式)であれば預けた資金以上に請求されることはない

といった感じになりました。

追証不要がどこまで日本ユーザーに求められているかはわかりませんが、ハイリスクハイリターン投資をしたい方には重宝されるのではないでしょうか。

私自身は空売りしてみたいという気持ちはあるものの、こういったギャンブル投資はメインにはしていません。

ですので、遊び半分で少し売ってみることはあるかもしれませんが、あまりギャンブル投資は向いていませんので、基本は静観したいと思います。

いずれにしてもビットコインはリスクの高い通貨です。投資上級者でギャンブル投資が好きな方以外は静観するのがおすすめですね。

以上、少しでもお役に立てれば幸いです。投資はくれぐれも自己責任でお願いします。

追証不要のビットコインFXが可能 bitbankトレード口座開設(限月あり)

ビットフライヤーFXはこちら(追証あり 限月なし)

このエントリーをはてなブックマークに追加 



ハイリターン投資ROCK×SBI FXトレード

サイト主かんべえも重宝しているFX口座のSBI FXトレードとタイアップしました!

1通貨からトレードができるので初心者には特におすすめの口座です。



>>ハイリターン投資×SBI FXトレード(Amazoneギフト券3000円プレゼント)<<


⇒SBI FXトレードの詳細な情報はこちら