日経平均先物やFXや信用取引等のレバレッジ投資は貧乏人がする投資であり絶対やってはならない

このエントリーをはてなブックマークに追加 

投資で一儲けしたいと考えている人は多いかと思いますが、日経平均先物取引やFX等でリスクをかけてできるだけ労をかけずに早く儲けたいと考えているのであれば辞めるべきです。あなたは未だ貧乏脳であり、ほとんどの場合お金を失って終ってしまいます。

今から投資を始めようと思っているのであれば日経平均先物やレバレッジをかけたFXはおすすめしません。レバレッジをかけたハイリスク投資は貧乏人が興奮して憑りつかれるパチンコや競馬のようなギャンブルと同じです。

本当にお金持ちになりたいのであれば堅実に資産を形成することを学びましょう。

レバレッジをかけた証拠金取引とは

日経平均先物やFXや信用取引は証券会社に証拠金という名の担保金を預け、その資金の10倍〜100倍程度の取引をすることができます。これを証拠金取引といいます。

レバレッジをかけることで少ない資金で大きな利益を得ることができ、資金の少ない個人の投資家でも夢をみることができ多くの人が挑戦しています。

なぜ日経平均先物やFXでは金持ちになれないのか

では、なぜ日経平均先物やFXなどのレバレッジをかけたハイリスクハイリターンな投資ではお金持ちになることができないのか、それは以下の理由によります。

①相場の性質は常に不規則に変化し常勝の投資法は存在しない

「そりゃ当たり前だろ」と思われた方も多いかと思います。ですが、この当たり前をちゃんと理解していない人が多いようです。

例えば日経平均先物を始めようとした場合、色々な書籍を見たりセミナー等に参加して、今現在本当に通用する投資を仮に学ぶことができたとしても、いずれ相場の性質が変わり、儲けた分を失っていくことになります。また、今現在通用するシステムトレードツールを入手できたとしてもいずれは通用しなくなり、儲けを失います。

そもそも、現在通用する常勝の投資法やトレードツールすら存在していない可能性のほうが高いと思いますが、例え存在していたとしてもずっと通用するものではないでしょう。

つまり、ハイリスクハイリターンな投資は常にお金を失う恐怖に追われながら日々チャートを見続け研究し続けなければなりません。本当にデイトレードが好きでそうしていたいのであればいいと思いますが。

②人間は損切りができないような脳になっている。

多くの先物やFXの書籍を見ると「損切り」が重要であると書かれています。ある値幅の範囲内でロスカットを設定しておき、利益を得る時は最大限に得るように「損小利大」をすれば勝てると書かれています。確かに嘘ではないでしょう。

ただ、人間は損切りすることができないような脳になっています。

1度や2度の損切りであればできるかもしれません、ですが、損切りした瞬間株価が暴騰して得れるはずの利益を得ることができなかったとき、あなたは上昇している株に飛びつかず、我慢ができるでしょうか?

また、同じような状況に遭遇したときルール通り損切りができるでしょうか?

損切りばかりをしている状況で損を取り返すために利確ができなくなってしまはないでしょうか?

日常で嫌なことがあってイライラしているときにあなたは冷静に損切りできますでしょうか?

私は5年ほど日経平均先物にトライしました。数か月ほど勝ち続けているときもありましたが、どこかのタイミングで損切りをしなくなり、大きく負けてしまい、また追証を振り込んでいました。また、損切りしては株価が戻り、損切りしては株価が戻り、とまるで馬鹿にされているかの如く、無駄に損切りが続くこともありました。

相場は難しい状態の時があり、そんな時に投資しても儲けることはできないということです。あなたはその状況を見極めて相場に参加せず静観することができるでしょうか?恐らく少しの期間はできるかもしれませんが、ずっとやり続けることはかなり至難の業でしょう。勝ち続ける人間が0.1%に満たないのはこれが原因です。

参考:個人投資家がFXで勝てない最大の理由【FXで勝つための方法とは】

現物投資であれば塩漬けにすることは可能ですが、証拠金取引では含み損をいつまでも置いておくことができません。高レバレッジの取引ではすぐに元本割れしてしまい、追証を入れなければなりません。この点が人間の本質と相反しており、継続して利益を得ることがほぼ不可能になっています。

③貧乏人は早くお金持ちになろうとするのに対して金持ちは長期的に堅実に儲けようと考えている

 

非常にためになる本です。金持ちになる男の考え方と、貧乏になる男の考え方について書かれています。

この本では「貧乏になる男はすぐに金持ちになろうとするのに対して金持ちになる男は金持ちになるのにふさわしい人間になろうとする」とかかれています。

日経平均先物やFX、宝くじやギャンブルもそうですが、貧乏になる人は自分自信を成長や啓発させることよりも小手先の技術で何とかしてお金持ちになろうと考えているようです。仮に運よく大金を得ることができたとしても、精神が伴わなければ長続きはできず、また貧乏に逆戻りしてしまいます。

この本は投資に関する考え方のほかにも多くのことを学べますので是非一読してみてください。

④ウォーレンバフェットはレバレッジをかけた取引などはしていない

投資の神様とされているウォーレンバフェットは先物やFXなどのレバレッジをかけた信用取引は一切やっていません。バフェットは原則現物投資しかしておらず、レバレッジをかけたギャンブルが長期的に見て資産をもたらしてくれるものではないということを理解しているからです。

もちろんバフェットの投資が全て正しいとは言いませんが、投資で資産を築きたいと考えているのであれば成功者であるバフェットの考え方を学んでからでも遅くはないと思います。「1分間バフェット」のような薄い本でもいいので一度読んでみることをお勧めします。

⑤テレビで取り上げられている個人投資家やセミナーを開いている投資家に惑わされてはいけない。

よく、FX等で億を稼いでいるということで取材を受けている個人投資家やセミナーを開いている投資家がいますが、決して惑わされてはいけません。

FX等のレバレッジをかけた投資だけで儲けている個人投資家が本当に存在しているかもしれませんが、基本的には一時期儲かったお金で堅実の投資をしているか、セミナーや教材で儲けており、実際の投資では対して儲かっていないことが多いです。

もちろん、本当にFXだけで生活している投資家は存在していると思いますが、上記で挙げたような人間の本質を超越した脳を持っているか、今たまたま運よく儲けることができているだけです。いつまでも同じ人がテレビで取り上げられていないのは長続きしていないからに他ありません。

また、書籍やセミナーで投資法を公開している人がいますが、今通用する手法がいつまでも通用するわけではありません。本などではテクニカル分析や押し目買い戻り売りなどでもっともらしいことを書いていますが、その手法はいつまでも通用せず、本の通りには相場は動かないことがわかります。本当に儲かっているか著者のブログなどで確認してみると毎日適当なことを書いていることがわかります。

日経平均先物やFXを始めたことによる生活への弊害・デメリット

さて、少し視点を変えて日経平均先物やFX等のデイトレードを始めたことによる生活への弊害を上げてみたいと思います。

  • 毎日株価を気にする落ち着かない日々を過ごすことになる
  • 仕事中も株価をチェックしてしまい仕事に集中できず周りに迷惑をかける
  • ポジポジ病(投資依存症)になってしまい、仕事中も追証を入れるためATMに行ってしまう
  • 損が膨らむとイライラして他人に八つ当たりしてしまう
  • 売りで入っているときは世界経済の悪化や災害等による不幸を願ってしまう
  •  お金と時間を失ってしまう

上記のような弊害がデイトレードには付きまといます。FXや先物をやろうと思っている人は上記のデメリットに耐えれるかいま一度考えてみてください。

一方、少なからずメリットもあります。

  • 投資や経済にについて興味を持ち詳しくなれる
  • 相場が動く月曜日が楽しみになる
  • 勝っているときは一時的な優越感に浸ることができる

何よりのメリットは投資について勉強するようになることだと思います。勉強すればするほど高レバレッジの投資はすべきではないことがわかると思います。挑戦してみることはいいことですが、勉強代はできるだけ安くするようにしましょう。

投資を始めて数十万円程度失ったら一度考え直すことをおすすめします。すぐに取り返したい気持ちはわかりますが、それはもうギャンブル脳になっていますよ。

デイトレードは不労所得ではない

お金持ちになるためには不労所得が支出を超えることが一つの目安になると思います。そのために資産を増やす必要があります。株式の配当や外貨の利息、不動産家賃収入等。貸借対照表でいう資産の部に計上されるものに投資することが必要です。これらは保有しているだけで基本的にはキャッシュを生むものです。

ですが、レバレッジをかけた取引はどうでしょうか。

日々、お金を失う恐怖と戦いながらトレードすることになり、不労所得とは言えません。ハイリスクな仕事をしているといったところでしょう。

お金持ちになるためにはデイトレードではなく、不労所得が支出を上回るように投資をしていくことが必要です。

金持ちになるためにはどういう投資をするべきか

では、金持ちになるためにはどういう投資をするべきなのか。多くの書籍を読んだり、成功している人の話を聞いていると。

やはり、ウォーレンバフェット同じく現物長期投資に限ります。

レバレッジをかけず、ローリスクミドルリターンな投資を探し、堅実に長期的に資産を増やすことを実践していくべきだと思います。

「2015年に仕込投資をした銘柄・外貨・商品 まとめ」「月別投資収益報告」でも紹介していますが、堅実に現物株式やETFを保有し、上昇するのを待つということが最も単純な方法ですし、FXでもレバレッジを極力かけずに外貨のスワップ収入(金利収入)を堅実に得るという方法も実践しています。

参考:南アフリカランドのFX投資で少しずつスワップ収入を得ています【目指せ金利生活】

参考②:トルコリラFXで堅実にスワップ金利収入を稼ぐ方法を検証しました。

また、投資メルマガも無料で始めていますので、参考にしていただきたいです。

今後も当サイトにて堅実に資産を増やすことができる投資を検証、実践していき紹介していきますので参考にしてください。

また、自分にも投資してください。金持ちになることはなんら悪いことではなりません。自己に投資し、本で学んだり、セミナーへ行ったりと多くの経験・知識を積むようにしてください。そして、金持ちにふさわしい人間になりましょう。

貧乏人にならないための投資 まとめ

以上、如何に日経平均先物やFXなどのギャンブルまがいの投資はすべきではないことを紹介しました。以上をまとめますと。

  • レバレッジをかけたハイリスク投資は貧乏人がするギャンブルなので手を出してはいけない
  • 長期ではあるが堅実に資産を増やすことができる現物投資をメインに資金を投資する。例えば現物のETFや株式、レバレッジをかけないFXのスワップ収入等
  • 自己に投資する。多くの本やセミナー等で学び、自己を啓発し、金持ちにふさわしい人間になる

もちろん、あくまでも私の自論であるため必ずしも正しいとは言えません。一攫千金を狙い、ハイリスクな投資をすることも良い経験になると思います。ですが、長続きはしません。行き詰ったらこの記事を思い出して自己の投資方針を思い直すようにしてみてください。

長くなりましたが、最後まで読んでいただき誠にありがとうございます。

少しでも皆様のお役に立てれば幸いです。


堅実な投資をまとめたメルマガを作りました。参考にしてください。

堅実なサラリーマンに最適!ローリスクハイリターン投資をまとめた無料メールマガジン

このエントリーをはてなブックマークに追加 


ハイリターン投資ROCK×SBI FXトレード

サイト主かんべえも重宝しているFX口座のSBI FXトレードとタイアップしました!

1通貨からトレードができるので初心者には特におすすめの口座です。



>>ハイリターン投資×SBI FXトレード(Amazoneギフト券3000円プレゼント)<<


⇒SBI FXトレードの詳細な情報はこちら