改めてFX初心者におすすめの業者はどこなのか口座の選び方について書きたいと思う

このエントリーをはてなブックマークに追加 

FX初心者の方向けにFX業者の正しい選び方を解説しています。

国内には数百ものFX業者があり、そして、どれがFX初心者にとっておすすめなのかサイトによっても情報が異なり、混乱している方も多いかと思います。

ここでは、しっかりと根拠をもって、FX初心者の方向けにFX業者の正しい選び方を書いていますので、参考してください。

ども。リーマン投資家のかんべえです。

投資による不労所得収入月100万円を目指して日々試行錯誤しています。

色々と投資について調べているとやはりFXは稼ぐための投資の一つとして必要なものであると感じました。

そこで、今回はFX初心者の方向けにFXとは何か、そして、どのFX会社の口座を選べばいいかについて改めて書きたいと思います。

特に初心者におすすめの口座として多くのサイトで紹介されている口座については全く根拠がないと言いますか、本当にFXしたことがあるのと思う記事やただ単に紹介料の高いものを紹介しているなあと感じるので、ここで本当にFX初心者の方にとってどの口座を選べばいいのかはっきりと書きたいとおもいます。

(ちなみに株は証券会社ですが、FXは証券会社ではないですよね。FX会社?FX業者?という言いかたが正しいと思います。)

そもそもFXとはなんなのか?

まず、FX初心者の方向けにFXとはそもそも何なのかについて解説しておきます。

FXとは(Forgin Exchange)の略でつまり外貨を交換するということです。

円と米ドルとの交換はUSD/JPYと表記され、円とユーロの交換はEUR/JPYとなります。

外貨預金と同じく、円を外貨に交換することができるということです。外貨に投資することができるのがFXと考えてもらえればいいです。

ただし、FXは外貨預金とは違い証拠金取引 まずは証拠金取引を理解しよう

外貨に投資するという点では外貨預金と同じなのですが、FXは外貨預金とは違い「証拠金取引」というものを採用しています。この点が初めは理解が難しいかもしれませんね。

証拠金取引とは口座にある一定の証拠金を預けておき、その証拠金のレバレッジ(25倍まで)の範囲内で売買するという方式です。

口座に預けたお金で直接売買するのではなく、口座に預けたお金は担保金ということで、直接その預けたお金でドルを買うというわけではありません。

FX市場の中で売買をして、損をしたらその証拠金が減り、得をすれば証拠金が増えるようになります。FX市場では決済することが前提で、米ドルをATMからおろして直接手許に持ってくることはできません。

では、例をあげます。

例えば、FX口座に100万円を預けたとします。

そして、1ドル110円のときに10,000ドル買ったとします。

そして、1ドル111円になったときに決済をすれば1円(111円-110円)×10,000ドル=10,000円で10,000円儲けることができます。

証拠金は101万円となり、FX口座から引き出せば101万円を得ることができます。

逆に110円の時に買って、109円になった時に決済すれば1万円損して99万円となります。

後述しますが、FXでは証拠金の25倍の取引まですることができるようになっています。

なぜFXはハイリスクな取引とされているのか?レバレッジを理解する

FXがハイリスクな投資というイメージが強いかと思いますが、この点も重要なので触れておきます。

上述した通り、FXは証拠金取引であり、口座に預けた証拠金のレバレッジの範囲内で取引をすることができます。

このレバレッジですが、個人口座で25倍までレバレッジをかけて取引をすることができるようになっています。

すなわち、10万円口座に預ければ25倍の250万円分までの投資ができるようになります。

これも例をあげて考えてみましょう。

まず、FX口座に証拠金を10万円預けます。

レバレッジは25倍までかけることができますので、250万円まで投資ができます。

そこで、1ドル110円のときに10,000ドル買います。円にすると110万円にもなりますが、レバレッジの範囲内ですので、買うことがきます。

ドルが111円になったので決済します。

1円(111円-110円)×10,000ドル=10,000円の利益がでます。

口座は11万円になります。ドルが1円動いただけで、10万円が11万円になります。簡単10%も儲けることができます。

ですが、逆に109円になれば、マイナス10,000円となり、口座は9万円になってしまいます。

もちろん、決済しなければ、株と同様、損が確定することはありませんが、1ドル100円まで下がった時点で含み損は10万円となり、証拠金以上の損失が膨らんだ時点で強制決済(ロスカット)されてしまいます。

これは一時的にでも含み損が10万円になった時点で強制決済させられてしまいます。

確かにFXは少ないお金でい大きく儲けることができますが、逆にすぐに口座のお金を溶かしてしまうこともあります。ハイリスクハイリターンな投資と言われる理由がわかりますよね。

ただし、これはレバレッジをかけた場合の話です。レバレッジをかけずにFXをすることも可能です。レバレッジをかけなければよっぽどのことがない限り含み損が証拠金を超えるということは起きないでしょう。

以上、FXについての基礎を解説しましたが、FXをまだ始めたことがないという方はとりあえず以下の記事だけしっかり読んでいただければ必要な知識はつくはずですので参考にしてください。FX初心者の人向けに必要な知識を全てまとめました。

FX初心者の口座の選び方 見るべきは最小取引通貨単位【重要】

FXについての解説が長くなってしまいましたが、では、本題のFX初心者の口座の選び方について書いていきたいと思います。

FX初心者の人は言うまでもなく、初めはレバレッジはかけないほうがいいですよね。

FX初心者の人はまずは取引に慣れて少額でも儲けれるようになってから本格的に資金を投じたほうがいいですよね。

ですので、FX初心者の方はまずは少額から取引ができる業者を選ぶ必要があります。

そこで、FX口座を選ぶ基準とすべきなのが「最小取引通貨単位」です。

最小取引通貨単位とは1回に取引できる最小の単位です。株でいうと1単元のことで100株からしか投資ができないのと同じことです。

FXでもレバレッジをかけなければリスクは高くないことを書きましたが、ほとんどのFX会社はこの最小取引通貨単位が10,000となっています。

すなわち、10,000ドルです。すなわち、1,000,000円です。

いきなり初心者が1,000,000円の投資を始めるなんて馬鹿げていますよね。リスクが高すぎます。

ですのでFX初心者の人は最小取引通貨単位が10,000単位のFX業者は選んではいけません。

FX業者の中には1,000通貨から投資ができる会社がありますし、数は少ないですが1通貨から投資ができる会社もあります。少額取引ができる主なFX会社は以下の通りです。

FX会社名ドル/円ユーロ/円豪ドル/円最低取引通貨単位
SBI FXトレード0.27銭~0.69銭~0.77銭~1
GMOクリック証券
(FXネオ)
0.3銭
(原則固定)
0.5銭
(原則固定)
0.7銭
(原則固定)
10,000
外為ジャパン0.3銭0.6銭0.7銭1,000
OANDA Japan0.4銭0.7銭-1
JFX0.3銭0.5銭0.7銭1,000
インヴァスト証券
0.3銭0.6銭0.7銭1,000
ヒロセ通商0.3銭0.5銭0.7銭1,000
セントラル短資0.51銭0.97円0.89銭1,000
DMM FX0.3銭0.6銭0.7銭10,000
(2016年5月時点)

1通貨から取引できるのはSBIFXトレードOANDA Japanになります。

1通貨から投資できるということは1ドルから取引ができるということです。110円の取引からFXを始めることができるのでFX初心者の人はまずは取引になれるまで少額で始めればいいですね。

SBI FXトレードOANDA Japanにどちらが良いかという点ですが、OANDA Japanは外資系でちょっと馴染みがないという点と、スプレッド(FXでの手数用に相当)が広いのでSBI FXトレードをおすすめします。

しかし、多くのFX解説サイトを見てみると、10,000通貨からしか取引ができないGMOクリック証券DMM FXを推しているサイトが多く、本当にFX初心者のことを思って言っているのか疑問が残ります。

もちろん、両社はCMでもお馴染みで、サポート体制等はしっかりしているとは思いますが・・・・

10,000通貨からの会社は最低でも米ドルで4万円以上(4万円×25倍=100万円)は必要です。

確かに4万円からFXはできますが、それってレバレッジ最大を意味していて、一瞬で溶けますよ。。。。

さすがにオフィシャルサイトでは4万円から始められることを推してはいませんが、多くの解説サイトでは「FXは4万円から始めれます!」みたいな感じでお手軽にできるような書き方しています。ですが、それってかなりリスク高いですから。

それで本当に4万円でFX始めちゃって一瞬でお金なくなって、やっぱりFXは辞めたほうが良かったねっていう結論になってたらもったいないですからね。良く調べて選ぶようにしましょう。

その点ではDMMFX系列の外為ジャパンは1,000通貨から投資ができますので初心者にもおすすめできます。1,000ドルとなると1回当たりの取引が10万円以上になってしまいますが、ある程度の資金力があり、本格的にトレードをするのであれば問題ないでしょう。

FX取引に慣れたら 自分がどんなトレーダーになりたいか

初心者が始めに選ぶFX口座は以上が結論です。

上述した通り、FX初心者は少額から取引ができるSBI FXトレードを選んでおけば問題ありません。

ではFX取引になれたら次はどうすべきか。FXの投資スタイルを決めることが必要になります。

FXの投資スタイルは大きく分けて二つあります。

①レバレッジをかけて売買を繰り返して稼ぐデイトレードトレーダースタイル

②レバレッジを低くして、堅実にスワップと値上がり益を狙うスワップはトレーダー

それぞれに適した口座もありますので、以下詳しく説明します。

デイトレードトレーダースタイル⇒スプレッドが狭く、約定力の強いFX会社を選ぶ

デイトレーダースタイルはレバレッジを大きくかけてハイリスクハイリターンな売買を繰り返して、少ない値動きで利益を得るスタイルです。

このスタイルは取引中にはチャートを見てパソコンに張り付き、一瞬のチャンスを逃さないようにテクニカル指標等を分析するスタイルです。

この場合、FX口座の選び方として重要となるのが、スプレッド約定力です。

スプレッドとは買値と売値の幅のことでFXにおける手数料になります。

参考:FXのスプレッドとスワップの計算方法

約定力は素早いトレードでもしっかりと約定してくれるか、反応してくれるかという点です。小刻みに売買を繰り返す方法はスキャルピングと呼ばれ、スキャルピングに適しているトレードシステムがあるかという点も重要になります。

参考:スキャルピングに最適なFX会社とは

デイトレーダースタイルでは値動きの大きい米ドルなどの通貨がメイン通貨となりますので、米ドルのスプレッドを比較すればいいでしょう。

2016年9月 各社スプレッド比較表

FX会社名ドル/円ユーロ/円豪ドル/円最低取引通貨単位
外為ジャパン0.3銭0.6銭0.7銭1,000
JFX0.3銭0.5銭0.7銭1,000
GMOクリック証券0.3銭0.5銭0.7銭10,000
インヴァスト証券
0.3銭0.6銭0.7銭1,000
ヒロセ通商0.3銭0.6銭0.7銭1,000
DMM FX0.3銭0.6銭0.7銭10,000
OANDA Japan0.4銭0.7銭-1
SBI FXトレード0.27銭~0.69銭~0.77銭~1
セントラル短資0.51銭0.97円0.89銭1,000
(*スプレッドは原則固定なのですが、指標発表時など、取引が激しく行われるときは広がることがありますのでご注意ください。)

上記比較表のとおり、おすすめ外為ジャパンJFXです。スプレッドが狭く、1000通貨から取引ができるというのも重要です。また、スキャルピングはシステムに負荷がかかるため禁止している会社が多い中、JFXは公認している数少ない会社です。

SBI FXトレードでも良いのですが、SBI FXトレードは10,000通貨を超えると100,000通貨までは0.29銭とスプレッドが広がっていき、100,000通貨を超えるとさらにスプレッドが広がりますので、レバレッジを大きくかけた投資には適していません。

初めは1通貨から取引ができる業者で練習して、FXトレードになれてきたら外為ジャパンもしくは、JFXに乗り換えるのもいいでしょうね。1000通貨から投資ができますので、資金に余裕があれば初めからこちらでもいいでしょうね。

参考:手数料が最も安いFX会社はどこか?【ドル円スプレッド最小比較】

スワップ派トレーダー⇒スワップが高く最小通貨単位が小さい会社を選ぶ

次にスワップ派トレーダーの口座の選び方です。

FXでもスワップポイントといい、通貨間の金利差を得ることができます。金利のようなものですね。デイトレードはせずに、このスワップ金利を目当てにレバレッジを低く投資するスタイルも人気になっています。

スワップトレードスタイルは当サイトでも推しており、投資メルマガでも紹介しています。堅実に稼ぐことができるスタイルだと感じています。

何よりもパソコンに張り付かなくていいですし、下がったら買ってほったらかし、上がったら少し売って待つスタイルですので、ストレスフリーで投資ができるという点がおすすめです。ただ、レバレッジをほとんどかけませんので、一時の儲けは少なくなります。堅実な投資スタイルです。

スワップ派の場合はスワップの高い通貨に投資します。

主にオーストラリアドルやニュージーランドドル、南アフリカランド、トルコリラになります。

あくまで現時点の目安になりますが。スワップ金利の利回り、スプレッドは概ね以下の通りです。

通貨スワップ(利回り)スプレッド備考
豪ドル円
(AUD/JPY)
60円~85円
(2.0%~3.0%)
0.7銭~3.0銭情勢が安定している割に金利が高く、人気の高い通貨
NZドル円
(NZD/JPY)
70円~90円
(2.5%~3.5%)
1.79銭~6銭オーストラリアと同じく、比較的情勢が安定している通貨。
ランド円
(ZAR/JPY)
30円~140円
(1.5%~5.3%)
0.99銭~14.9銭原油安の影響で一時6円台に。急落リスクが最近高まっている。
トルコリラ円
(TRY/JPY)
80円~120円
(5.57%~10.57%)
4.9銭~デフォルトになるほどの危険性ではないがリスクは高い通貨
ブラジルレアル円
(BRL/JPY)
60円~80円5銭2016年よりIG証券で取扱開始。リスクも高いがブラジル経済の今後の成長に期待するなら魅力。

各通貨別にスペックの高いおすすめのFX会社は以下の通りです。

通貨最適FX会社スプレッドスワップ(年利)
豪ドルヒロセ通商0.7銭約50円(2.1%)
NZドルヒロセ通商1.3銭約60円(2.7%)
ランドSBI FXトレード0.99銭約140円(約5.1%)
トルコリラヒロセ通商4.9銭約70円(約8.3%)

南アフリカランドやトルコリラは確かにスワップが高いのですが、最近は良く急落しており、リスクは高いなと感じますね。とはいえ、レバレッジをかけなければ通貨がデフォルトしない限り理論的にはロスカットされませんので、上がるまで保有し続けることができます。

どの通貨を選ぶかはご自身の判断になりますが、初めは豪ドルやNZドルといったオセアニア通貨がいいかもしれませんね。

参考:FX高スワップ金利比較【スワップ金利で稼ぐのにおすすめの通貨ペアとは】

レバレッジを低く保つためにも最小取引通貨単位が1,000以下の会社を選ぶことも重要です。

ちなみに私自身、南アフリカランドのスワップ投資を実践しています。

こちらも参考にしてください⇒南アフリカランドのFX投資で少しずつスワップ収入を得ています【目指せ金利生活】

また、南アフリカランドFXでスワップ投資をされるなら、外為ジャパンの口座開設特典の南アフリカランドかんべえ投資マニュアルも参考にしてほしいです。3年間の約定履歴とスワップ投資の基本ノウハウマニュアルを無料で配布しております。

私の南アフリカランド円FXの3年間の全取引履歴と投資術を公開します

改めて初心者におすすめのFX業者はどこなのか まとめ

以上、長くなりましたが、改めて初心者におすすめのFX業者はどこなのかについて書きました。

まとめますと・・・

  • 初めは少額からFXを始めること
  • 1通貨から投資ができるSBI FXトレードがおすすめ
  • ある程度取引がなれる、利益が出るまで練習する
  • トレードスタイルを決めて、最適な口座に乗り換える
  • スワップ目的の投資スタイルならSBI FXトレードヒロセ通商がおすすめ
  • デイトレードスタイルなら外為ジャパンンとJFXがおすすめ

FX初心者の方はこの点を意識してもらえればいいでしょう。

また、スワップ投資で南アフリカランドFXをするのであれば、是非、外為ジャパンの口座開設特典でもらえる私の南アフリカランドの約3年間の取引履歴とFX初心者のための投資マニュアルレポートを参考にしていただければと思います。

外為ジャパン口座開設で3年間の全約定履歴と投資術をプレゼント

1000通貨からのトレードでも問題なければ外為ジャパンもスペックが高く、DMM系列で信頼性が高い口座なのでメイン口座にしてもいいでしょう。

以上、最後まで読んでいただきありがとうございます。少しでもお役に立てれば幸いです。投資は自己責任でお願いいたします。

また、多くのサイトではいまだにハイリスクなトレードをFX初心者に薦めているのが現状です。当記事についてご理解いただけましたらSNS等で拡散していただけますと助かります。

FX初心者はまずはレバレッジをかけずにトレードを始めよう。
⇒FX初心者におすすめのSBI FXトレード

このエントリーをはてなブックマークに追加 


ハイリターン投資ROCK×SBI FXトレード

サイト主かんべえも重宝しているFX口座のSBI FXトレードとタイアップしました!

1通貨からトレードができるので初心者には特におすすめの口座です。



>>ハイリターン投資×SBI FXトレード(Amazoneギフト券3000円プレゼント)<<


⇒SBI FXトレードの詳細な情報はこちら