南アフリカランド円FXを2年半続けて感じたリスクとメリットについて

スワップ金利が高くて人気の南アフリカランド円FX

スワップ目的で2年半投資を実践した結果、稼ぐことができたのかを書きました。

ども。リーマン投資家のかんべえです。

月100万円の投資収益を安定して得られるよう日々試行錯誤、頑張っております。

今回は月別投資収益報告でも運用報告している私のメイン投資の一つである南アフリカランド円FX(ZAR/JPY)について、約2年半実践してきた結果と感じたことを書きたいと思います。

スワップ金利が高いとはいえリスクも高い南アフリカランド。果たして利益を享受することができたのか。

スワップ金利目的でFXを始めたいと思っている人の参考になればと思います。ちょっと長いですがお付き合いください。

南アフリカランド円FXとは

FXを知らない人向けに改めて南アフリカランド円のFXについて簡単に解説しておきます。

南アフリカランド円FXとはランドと円を交換する取引のことをいいます。

要は南アフリカランドを買うということになりますが、今ではFXで簡単に南アフリカの通貨まで買えてしまいます。

そして、南アフリカの政策金利は7%ほどあり、金利の高い通貨となっています。

そのため、円で貯金するのではなく、ランドに投資したいと思っている人が増えてきているというわけなんです。

ただ、外貨預金で南アフリカランドに投資しようと思うと、手数料が高く、金利も低いため、南アフリカの金利メリットを享受できません。(参考:南アフリカランドの外貨預金・定期預金とFXの手数料を比較してみてください

一方、FXであれば、手数料に相当するスプレッドもコストが低く、スワップ金利も高くなっています。FXでも金利に相当するスワップを得ることができます。

利回りに換算すると5~6%ほどになります。

そのため、高いスワップ金利を得ようとFXで南アフリカランドに投資したいと思っている人が増えてきており、人気が高まっています。

ただ、利回りが高ければリスクも高いんです。

私もこのスワップの高さに南アフリカランド投資を3年前から始めてみましたが・・・・果たして稼ぐことができたのか、今回ご報告させていただきます。

FX初心者の方はまずは以下の記事を見て基礎を学んでから始めるのがおすすめです。
FX初心者の人向けに必要な知識を全てまとめました。

南アフリカランドFXの投資法について 堅実に低レバレッジでスワップ投資

さて、本題に入りたいと思います。

まずは南アフリカランド円FXの投資法についてです。

南アフリカランドのFX投資で少しずつスワップ収入を得ています【目指せ金利生活」の記事でも詳しく書いていますが、改めて書いておきます。

【スワップ金利狙いの低リスク南アフリカランド投資法】

  1. SBI FXトレードでFX口座を準備する(もしくは外為ジャパンもOK)
  2. 余裕資金を口座に入金する(10万円以上、理想は100万円以上)
  3. レバレッジを1倍〜2倍程度に抑えてランド安になれば買い増してランド高になれば決済するルールを繰り返す
  4. 毎日スワップが入金されるようになる 1日約130円(年利約6%)
  5. 資金が増えてきたら保有単位を増やし雪だるま式にどんどん増やしていく(毎月1万円~5万円ほど口座に入金していく)

上記の通り、毎月少しずつ南アフリカランドの保有高を増やしていき、スワップ金利を増やしていきつつ、ランドが高騰すれば決済もして為替差益も享受するという方式です。あくまで自己流ですので、参考にとどめておいてくださいね。

参考記事:南アフリカランドのFX投資で少しずつスワップ収入を得ています【目指せ金利生活】

口座に10万円入れたのであれば、ランドを投資するのは10万円~20万円分だけです。当時、投資を始めたのが2014年の始めあたりでしたので・・・・そのころはランドは10円台だったんですよね。つまり、10,000ランドで10万円分ですね。

ご存知の通り、南アフリカランドは現在7円台、果たしてこの南アフリカランド投資はうまくいったのか・・・?

2014年5月投資開始!始めたころはランドは9~10円ありました・・・・

私が南アフリカランドのスワップの高さに目がくらみ、投資を始めたのは2014年5月です。

口座に20万円くらい入れましたかね。そして、一気に10,000ランドの買い注文を入れました。

当時の取引履歴です。

rand3nen1

2014年5月に9.8円で10,000ランド買いポジションを取りました。その後は1,000~2,000ランド単位で買ったり売ったりしました。

では、2014年5月からの南アフリカランド円(ZAR/JPY)のチャートを見てみましょう。

zar2014%e5%b9%b46%e6%9c%88

こんな感じで2014年5月から投資をスタートさせました。2014年はランドは安定しており、9.5~9.7円で推移していました。為替差益も得ながらスワップも得ることができ、理想的なチャートでした。

2014年後半~2015年まさにアベノミクス真っ只中 ドル円は120円突破、ランドも10円台突入

2014年5月から投資を始めた南アフリカランドFXは順調に進んでいきます。

2014年後半はアベノミクス真っ只中、金融緩和政策等が功を奏し、円安が加速します。そして、南アフリカランドも高騰していき、遂に10円台を突破するのでした。

zar2014%e5%b9%b410%e6%9c%88%ef%bd%9e

2014年10月31日ですね。日銀追加緩和が炸裂しました!

当時のことは2014年10月の投資収益報告でうかがえしれます。この時はまだドル円は100円突破した当たりですが、ランドは10.6円くらいまで上げ行ったんですね。

当時の約定記録の一部です。

zar%e6%b1%ba%e6%b8%882014%e5%b9%b410%e6%9c%88

10円に近づくにつれてどんどん売ってしまい、もうポジションがほとんど無くなってしまったのを覚えていますね。

結局、買いポジションは1000ランドほどとなってしまいました。9円台でもっと買っておけばよかったと後悔したほどです。

買いポジションが無ければスワップも得られないなあと思っていましたが、まあ為替差益を大きく取れたので良しと思っていました。また9円台に下がったら買っていこうと思っていましたね。

2015年前半は9.8円~10.2円で安定 先輩も上機嫌

2015年に入り安定した相場は続きます。ランドは9.8円~10.2円で推移します。

当時の私に南アフリカランド円FXを教えてくれた先輩がいるのですが、その方も上機嫌

「9.8円から下がることはないからそこで買って10円台で売るようにしてるわ♪今年はプラス確定やね」

先輩が使っているFX口座はくりっく365で100,000単位での投資です。すなわち、9円台になったら100,000ランドずつ買っているというわけです。

堅実投資であろうがなかろうが、最小取引通貨単位は小さいほうがおすすめです。分割決済もできますし、取引の幅が広がるからです。

その点、私の使っているSBI FXトレードは1ランドから投資ができるのですが、くりっく365の場合は100,000ランドからでしか投資ができません。両者にスプレッドやスワップの違いはほとんどないので、SBI FXトレードで取引しない理由はないと思うのですが・・・

先輩は口座に200万円ほど資金を入れているそうですが、保有ポジションは7lot(700,000ランド)ということ。レバレッジは4倍くらいになっていました。

私は内心「100,000単位での取引はちょっと危険だな・・・」と思っていました。

lotが大きいと取引は単純ですが、想定通り天井で決済できなければ機会損失が発生しますし、底と思って買っていくとどんどんレバレッジが大きくなり、含み損が増えてロスカットされてしまいます。

ただ、当時は本当にランドは9.8円から下げなかったんですよね。下がったとしても一時的で、すぐに10円台に戻っていたんです。どうしても平和ボケしてしまうんですよね。

ではチャートを見てみましょう。

zar2015%e5%b9%b41%e6%9c%88%ef%bd%9e

私は9円台になったら1,000~2,000ランドほどしか買っていなかったのですが、先輩は100,000~300,000ランドくらい買っていて、10.2円くらいには全部決済していました。ですので、0.4円の値幅でも4,000円~12,000円くらいの利益を上げていました。

正直ちょっと羨ましかったですね。

でも、ここで私がハイレバレッジにしてしまっては堅実投資じゃなくなってしまいますし、ウォーレンバフェットの考えにも反してしまいますので、低レバレッジ投資を続けました。

チャートを見てもわかると思いますが・・・・2015年8月に事件が起きます。

やはりリスクの高い通貨でした・・・2015年8月上海市場が大暴落!売りは禁止のサーキットブレーカー発動の大惨事

相場がずっと同じパターンを繰り返してくれればこれほど楽なことはないのですが・・・やっぱりこういうことが起きるんですね・・・・

2015年8月、突如として上海市場が大暴落します。

2015年8月の投資収益報告でも書いてますが、中国市場が暴落しました。

上海8月

4000ポイントあった上海総合指数ですが、一気に暴落して3000ポイントを割り込みました。政府による売買停止措置などで調整はされましたが影響は甚大なものとなりましたね。

中国経済の影響を受ける南アフリカランドも急落。9.8円~10.2円のレンジ相場から大幅に下落しました。

zar2015%e5%b9%b48%e6%9c%88%ef%bd%9e

ランドもかなり下がりました。一気に8.6円まで下げましたよね。20%近くの下げでしょうか。

ドル円だと120円から一気に100円まで下がるような下落です。

南アフリカランドのリスクの高さを感じました。とはいえ、この時はランド以外の通貨も大きく下げていますので、一概にランドだけがリスクが高いというわけではないと思いましたね。

さて、私の堅実投資はどうなったのか・・・・暴落時もルール通りひたすら買いましたね。

zar%e8%b2%b7%e3%81%84%e5%a2%97%e3%81%972015%e5%b9%b48%e6%9c%88

1000ランドずつですが、買っていきましたね。まさかここまで下がるとは思っていませんでしたが、レバレッジも低めでしたので、ロスカットはせずに買いポジションを増やすことができました。

確かに8.6円まで下げましたが、その後は9円台に回復することもあり、8.6円~9円のレンジ相場も続きましたので、そのあたりで売ったり買ったりして地道に稼いでいきましたね。

では、ハイレバレッジで投資していた先輩はどうなったのか。

詳しくはわかりませんが、9.8円あたりでレバレッジをかなり高くしていましたので、8.6円まで下がるとさすがに損切りしたと思います。詳しくは聞いていませんが、その後は投資の話はしなくなりました。

やはりハイレバレッジはお勧めできませんね。

ウォーレンバフェット曰く、「最後にゼロをかければ意味がない」という言葉につきますね。

さて、8.6円まで下落したものの、その後は安定、もう大丈夫かなと思っていました。

しかし・・・・2015年の年末・・・とんでもないことが起きてしまいます。

ランドが7円台になるのはリーマンショック級の事件が起きてから・・・という思い込み6.38円まで大暴落!

2015年12月、そして2016年にかけてランドが大暴落します。

まず2015年12月では米国利上げ、そして原油価格が暴落したのが大きな理由です。(参考:2015年12月投資収益報告

そして、2016年1月には南アフリカの政局も不安定となり、財務大臣が解任され、一時、ランドは6.38円を付けるほど急落しました。

zar2015%e5%b9%b412%e6%9c%88%ef%bd%9e

南ア・ランド投資家にとっては史上最悪な状況となりましたね。

リーマンショックの時でさえランドは7.6円までしか下げなかったらしいので、普通に考えたら7円台になんてリーマンショック級の大恐慌が来ない限りあり得ないと思ってしまいますよね。

ランド投資家は8円が底と思ってしまっていたわけなんです。

それで、7円台になっただけでなく6.3円まで下げるなんて・・・

スワップが高いとはいえやはりそれだけのリスクがあるということなんですね。

もちろん私も含み損が拡大したのですが・・・何とかロスカットされずに済みました。当時の記録(2016年1月投資収益報告)では6.38円で買えなかったことを悔やむほどの大物ぶりも見せています笑

それはさておき、実際のトレードを見てみましょう。

zar2016%e5%b9%b41%e6%9c%88%ef%bd%9e

このようにひたすら買っています。

ただ、6.38円まで下がったにもかかわらず、6.85円までしか買えていません。6.38円を付けたのは一瞬でしたので、注文が間に合わなかったのが要因です。もっと仕込んでおけばよかったと反省でした。

6円台になり、さすがに含み損が増えましたね。20万円くらいまで含み損が膨れました。それでもレバッジは2倍程度でしたのでロスカットはされず、保有し続けることができましたね。

6.38円を付けたのちは落ち着き、7円台を回復することもあり、6円台で買った建て玉を決済し、利益を得ることもできました。

torihikirireki201601

このように利益を得ることができています。

レバレッジをかけると大変動時に一気に今までの稼ぎがなくなってしまう可能性がありますが、レバレッジをかけずに堅実投資をしていれば、この大暴落時に買い増す余裕があります。

大暴落というのは一時的なことが多いので、ある意味大底で買えるボーナスタイムだったということなんですね。やはり長期的に投資に勝つためには堅実投資が最適ということがわかりました。

とはいえ、含み損は膨らんでいます。この後どうなったか、2016年を見ていきましょう。

2016年2月~Brexit(英国EU離脱)、そして現在(2016年9月)まで

結構長くなってしまいましたね。では、現在までのチャートを見てみましょう。

zar2016%e5%b9%b42%e6%9c%88%ef%bd%9e

2016年は2月以降は比較的安定していました。6円台を付けることはありましたが、7円台前半を推移していました。

しかし、2016年6月ですね。市場の予想を反して英国のEU離脱が決定しました。

この時のことは2016年6月投資収益報告イギリスEU離脱で稼ぐ!注目の株投資銘柄とFX手法についてでも詳しく書いています。

もちろん英国EU離脱時にもランドは買い続けました。

これからリーマンショック級の暴落が起きるのではないかという不安はありますが、気にせず買い増ししました。

その結果、英国EU離脱の影響は今のところ軽微で株価は回復し、NYダウに至っては史上最高値を更新し続けています。

ランドもEU離脱時には6円台になりましたが、その後は7円台を回復しています。6円台で買っておいてよかったです。

というわけで約2年半の取引記録でした。

南アフリカランド円FXを2年半続けていくら儲かったのか?

さて、南アフリカランド円FXを約2年半続けてきましたが、肝心の利益についてみておきましょう。

月別収入報告の南アフリカランドの実現損益を集計すると….

48,092円
(2014年5月~2016年8月)

と、なりました。これは決済したポジションの為替差益とスワップの合計です。

では、現在保有分はどうなっているか。

含み損益:-156,000円
未決済スワップ:+40,569円
保有数:92,000単位
計測時ランド:7.11円

合計:-67,339円

結局マイナスか!!

えーっと・・・67,339円のマイナスになっています・・・これは現在点で保有玉を全て決済したと仮定した場合の数字になります。

マイナスになっていて、やっぱり南アフリカランド投資なんてしないほうがいいでしょ!と思われたでしょうか。

でも違います。このマイナスは決して悲観的ではありません。むしろ問題ないと思っています。

その理由として

  • 南アフリカランド投資を始めたころは10円台だったので7円になるという大暴落、イレギュラーな状況を加味してこの損失に抑えれているのは合格。
  • 仮にランドが8円台に回復すればプラスに転換する状態であり可能性は十分にある。
  • スワップ金利は継続して高いのでこのまま7円台で推移すればスワップが増えて黒字化する。

ということが挙げられます。

10円から7円まで下がっていますので、損失が膨らむのは当然のことですが、長期的にこの投資を続けていればプラスに転じるのは目に見えています。

最近では急落しても7円台には回復しているので、この状況が続けば今年中にでもプラスに転じることはできるでしょう。運よく8円台になればなお良しです。

ただし、6円を割り5円、4円となってしまったら・・・その時はわかりませんが、やはりリスクはありますよね。ただ、それでも堅実に長期で投資を続けていればプラスになるはずです。

ただ、デフォルトした場合はどうしようもありません。その時は腹をくくりましょう。そのリスクを背負っているから利益を享受することができるんです。

南アフリカランド円FX投資をするならおすすめの口座

上記でも紹介していますが、南アフリカランド円FXをするならSBI FXトレードがおすすめです。

FX会社名スワップスプレッド最小取引通貨単位
SBI FXトレード120~150円0.99銭*1
GMOクリック証券
(くりっく365)
130~140円0.96銭(変動)10,000
セントラル短資FX130円~1.9銭10,000
DMM FX120~130円1.4銭10,000
外為ジャパン120~130円1.4銭1,000
外為オンライン80円15銭10,000
JFX40円1.4銭1,000
ヒロセ通商15円1.3銭1,000
*10,000通貨単位より1.99銭~

まずはスワップが高いことが大事です。

そして、南アフリカランドでも1000通貨から投資できること。

これが堅実投資にはとても重要です。

100,000通貨からでしか投資できないくりっく365等の業者は多いですが、これでは資金が相当なければすぐにロスカットされてしまいますのでお勧めできません。

上記の点からSBI FXトレードを使っています。スプレッドも狭く高スペックですね。

南アフリカランド円為替の見通し 7円割ったら買っておけばOK?

今後ランドはどう動くのでしょうか。大きなショックが起きても7円台に回復しているので、当面は6円~7円台前半で買っておき、7.5円あたりで売っていくのが良いのかなと思っています。

ただ、これまで7円になることはないと思われていたのがあっさり7円を割りましたので、6円を割って5円台になることも十分に考えられますね。

ですが、その時も堅実投資を続けていき、下がったら買い、上がったら売るを継続していきたいと思います。

南アフリカランドFXをスワップ目的で2年半続けてきて感じたメリットとリスクについて まとめ

まとめを続けていきましょう。

2年半もの間、南アフリカランド円FXを続けてきましたが、やはり、急落リスクはありますね。

10円から最大で6.3円ですからすごいです。40%近く下落したことになります。ドル円で例えると120円から80円に下がったような感じです。

まあドル円も120円から100円まで下げているので、リスクはあるんですけどね。下落幅はランドのほうが高いと感じましたね。

ただ、ロスカットさえしなければ継続してスワップを享受することができます。

利回りに換算すると5%以上はありますので、ずっと保有し続けることができれば、ジワジワと資産が増えていくのを感じます。この2年半もスワップは下がることなく高い水準を保持していますので、その点ではメリットがあるなと感じました。

今後も急落リスクはありますが、レバレッジを2倍以内に抑えておけば大丈夫かなと思います。

ですので、今後も有効な投資の一つとして私は続けていきたいと思います。

参考にしていただくのは自由ですが投資はくれぐれも自己責任でお願いいたしますね。

2017年3月追記:ランドはどんどん回復し、現在は8.8円まで上がってきました。これでトータルでもプラスになりましたね。やはり投資は長期になればなるほど勝ちやすいということですね。今後もこの投資スタイルを続けてみようと思います。

2年半にわたる私の取引履歴を公開します。

実際どのように投資してきたのか、私の取引履歴をあるがままに公開したいと思います。

私の南アフリカランド円FXの3年間の全取引履歴と投資術を公開します【外為ジャパン口座開設特典】

是非参考にしてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*