南アフリカランド円FXのスワップは高い!?【資産運用におすすめの投資】

南アフリカランドの通貨であるランドは金利が高く、円とのFXで得られるスワップポイントは年利5%以上の利回りです。

南アフリカランドは政策金利が高く、FXで投資をするとスワップだけで年利5%の利回りで運用することができます。(参考:南アフリカランドのFX投資で少しずつスワップ収入を得ています【FXで目指せ金利生活】

各FX会社のスワップポイントを比較

まずは主要なFX会社についてランドのスペックを比較してみましょう。

FX会社名スワップスプレッド最小取引通貨単位
SBI FXトレード130~150円0.99銭*1
GMOクリック証券
(くりっく365)
130~140円0.96銭(変動)10,000
セントラル短資FX130円~1.9銭10,000
外為ジャパン130円1.9銭1,000
DMM FX100円1.9銭10,000
外為オンライン80円15銭10,000
JFX40円1.4銭1,000
ヒロセ通商30円1.4銭1,000
*100,000通貨単位より1.99銭~

以上のようになっています。スワップが高いところで140円とあり、これは100,000通貨あたり1日に得られるスワップの金額になります。140円×365日で51,100円となり、100,000通貨は100万円前後ですので、利回りは5%を超えます。

日本の金利が0.1%以下であると考えるとかなり利回りが高いと言えるでしょう。

リスクを加味するとレバレッジを低く抑えるべき

とはいえ、金利が高いということはそれだけリスクもあるということです。南アフリカの情勢は最近では大きなニュースはありませんが、リーマンショック時には1ランド7円台になりましたので、下手にレバレッジをかけてしまうとロスカットして、スワップ分もなくなってしまうリスクがあります。

ですので、余裕資金の範囲内でレバレッジを低く(1倍~2倍)して投資をすればロスカットのリスクも低くなり、長期保有してスワップを受け取り続けることができるはずです。レバレッジを低くするのであれば最小取引通貨単位が1,000以下の会社がおすすめです。SBIFXトレードは1通貨から取引ができるので、初心者にも最適ですね。

外貨預金はおすすめできない

リスクを押さえるという点で外貨預金を考えるかもしれませんが、おすすめできません。

会社名手数料普通預金定期1ヶ月定期6ヶ月定期1年
楽天銀行30銭3.00%15.00%6.50%6.00%
シティバンク40銭-3.67%3.29%4.10%
ソニー銀行20銭3.00%4.30%5.033%-
UFJ銀行取扱いなし----
三井住友銀行取扱いなし----

取扱っている銀行も少ないのですが、外貨預金は利率は低いし、何よりも手数料が高すぎます。さらに定期預金であれば満期ごとに手数料がかかりますので、元本割れしてしまう可能性があります。24時間取引できませんので分割決済も難しいですし、ランドに投資するならFXにすべきでしょう。(参考:南アフリカランドの外貨預金はFXで代替すべし!

南アフリカランド円FXのスワップは高い まとめ

以上、南アフリカランド円のFX投資について紹介しました。

年利5%とはいえ、企業よりも信頼性の高い、国に投資して5%の利回りを得ることができるというのは魅力的です。また、円安ランド高になれば、為替差益も得ることができ、円安リスク、インフレリスクにも対応することができます。経済的に自由になるためには少しずつでも持っているだけでお金を生んでくれる資産を増やしていくことが重要です。

また、FX会社は上記比較表のとおり、SBIFXトレードが適しています。スワップも高く、スプレッドも狭いという点もありますし、1通貨から取引ができますので、小刻みに買い増し、決済ができ、レバレッジを低く長期投資するのに適しています。少しずつ資産に投資していくようにしましょう。

口座開設は以下よりどうぞ。
ランドに1通貨から投資できるSBIFXトレード

このエントリーをはてなブックマークに追加 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*