個人向け国債投資におすすめの証券会社【キャッシュバックキャンペーン】

このエントリーをはてなブックマークに追加 

個人向け国債投資におすすめの証券会社を紹介します。

個人向け国債の利回り

まず、個人向け国債の利回りですが、2015年4月発行で固定金利0.05%、変動金利で0.26%となっています。日本は現在ゼロ金利政策から利上げのタイミングを考えていますので、個人的には変動金利にするほうがメリットが高いとみています。

国債投資で証券会社を選ぶポイント

国債はどの証券界やも手数料が無料になっていますし、発行体は国ですので、利回りの違いもありません。ですが、証券会社の中には国債の購入金額ごとにキャッシュバックキャンペーンを実施していますので、キャッシュバックがある証券会社を選ぶことがおすすめです。

また、窓口での取引よりもネット注文に対応している証券会社が便利ですので、ネット証券を選ぶことがポイントですね。

個人向け国債でおすすめはSBI証券

ネット証券会社の中でも国内債券を豊富に取り扱っているのはSBI証券です。キャッシュバックキャンペーンを50万円以上の購入から実施しています。

国債
(SBI証券オフィシャルHPより抜粋)

SBI証券はネット証券の中でも人気の大手証券会社でサポートも手厚く、投資初心者の方もわかりやすく、安心して取引をすることができます。

SBI債も人気

SBI証券は個人向け国債以外の国内債券も多く取り扱っており、人気の債権が自社の社債であるSBI債です。

SBInifty2
(SBI証券オフィシャルHPより抜粋)

SBI債は満期1年、利回りが1.43%と高く、また10万円から購入できますので、個人の方でも投資しやすくなっています。高利回りで満期が短いため、すぐに売り切れてしまうため、中々買うことができないかもしれませんが、口座を開設し、募集がある都度申込みをしておけば、当選するかもしれません。申込み自体は無料ですので、何度でもチャレンジできます。

個人向け債権を買うメリット・デメリット

まず国債投資ですが、資産運用として比較的安全な日本という国に投資するということになりますので、リスクを低く、資産運用をすることができます。利回りが0.26%と低いため、大きくは儲けることができませんが、銀行に預けるよりもリスクを低く資産運用ができるというメリットがあります。償還期限、償還金額が決まっていますので、元本はほぼ保証されています。

ただし、満期が長いので資金が長期間拘束されてしまうというデメリットがあります。次の世代に資産を残しておきたいとき等、長期的にお金を保管しておきたい場合に適していると考えられます。

次に、SBI債等の社債ですが、こちらも償還金額、期限が決まっているため、比較的リスクの低い資産運用として適しています。国債ほど安全ではないため、利回りが高くなっていますが、その分、資産運用としての魅力があります。

発行体がデフォルトするリスク(例えばSBI証券が倒産する)を背負わなければならないところがデメリットではありますが、満期も1年と短く、財務状態が健全な会社の社債であれば、堅実な資産運用としては最適なのではないでしょうか。そのため、人気が高く、なかなか当選する機会がないかもしれませんが、応募する価値は十分あります。

個人向け国債と社債の両方を取扱っている証券会社ではSBI証券がお勧めです。国債は1万円から、SBI債は10万円から始めることができますので、まずは少額から始めてみてはいかがでしょうか。

口座開設は以下よりどうぞ
>>国内債権投資ならSBI証券

このエントリーをはてなブックマークに追加 



ハイリターン投資ROCK×SBI FXトレード

サイト主かんべえも重宝しているFX口座のSBI FXトレードとタイアップしました!

1通貨からトレードができるので初心者には特におすすめの口座です。



>>ハイリターン投資×SBI FXトレード(Amazoneギフト券3000円プレゼント)<<


⇒SBI FXトレードの詳細な情報はこちら