信用取引は手数料無料のSMBC日興証券がおすすめ。

このエントリーをはてなブックマークに追加 

信用取引をするなら手数料無料のSMBC日興証券がおすすめです。

常に有利な条件でトレードする方法はないか調べていたところ、信用取引の手数料が無料のSMBC日興証券という証券会社を発見しました。

あまりネット証券では使っている人を聞かないのですが、信用取引に限っては利用価値が高そうです。

ただ、無料と言いつつも「1日の約定代金は300万円以上必要」とか、「口座維持管理料が必要です」とか、なんらかのデメリットがあるのではないかと疑ってしまいます。

実際のところSMBC日興証券は信用取引に適しているのか検証してみました。

信用取引とは

本題に入る前に信用取引について簡単に解説しておきます。

信用取引とは株を口座資金の約3倍までの範囲内で売買することができる取引です。

現物取引と大きくことなる点としては

  • レバレッジを約3倍までかけることができる
  • 売りから取引に参加することができる

という点です。

まず、レバレッジについてですが、例えば10万円口座に入金した場合、通常の現物取引であれば10万円までしか株を買うことができませんが、信用取引の場合はその3倍の30万円まで買うことができます。

ただし、30万円で買った株が20万円に下がり、口座に預けていたお金以上に損失が膨らむと強制決済させられ、口座資金はゼロになってしまいます。この点はFXと同じですね。

次に信用取引は売りからも取引に参加することができます。

イメージとしては株を借りてきてその時の株価で売ってしまい、また、株価が下がったら買い戻して、返済するといった感じです。この場合、株価が下がれば下がるほど利益が出ますので、株が下がると思う銘柄を見つけたら売るという投資スタイルになります。空売りと言われています。

信用取引の大まかなルールは以上の通りです。レバレッジがかけられる分、現物取引よりハイリスクハイリターンな投資となります。

信用取引手数料比較

では、信用取引をするならどの証券会社が適しているのか、手数料を比較してみましょう。

信用取引 都度

証券会社名10万円20万円50万円100万円200万円金利
(制度信用買い)
SMBC日興証券0円0円0円0円0円2.50%
GMOクリック証券93円93円93円93円93円2.10%
ライブスター証券80円80円80円80円80円2.30%
カブドットコム99円179円549円940円1,100円2.98%
SBI証券143円143円191円360円360円2.80%
松井証券0円300円500円1,000円2,000円3.10%
(税抜)

信用取引を取り扱っている主な証券会社の手数料を比較すると以上のようになっています。

他の証券会社では全て取引手数料がかかりますので、SMBC日興証券の無料というのはやはり特別なものになりますね。

ただし、信用取引では金利がかかります。信用取引ではレバレッジをかけて取引をすることが前提となっていますので、株を買うときはお金を借りて取引をすることと同等になります。口座に預けている資金の3倍までお金を借りて株を買うことができるというイメージですね。もちろん、短期間で決済すれば負担はかなり小さいです。

では、金利コストはどうなのでしょうか。確かに上記比較表ではGMOクリック証券が一番安くなっており、この点ではSMBC日興証券より有利となっているようです。

とはいえ、SMBC日興証券も2.50%と決して高くありませんので、やはりコスト面を考えるとSMBC日興証券がおすすめです。ちなみに一般信用も金利2.5%、売り方金利は現在のところ0%です。

取扱銘柄数もトップクラス

信用取引では制度信用と一般信用銘柄があり、制度信用とは東証が定める信用取引銘柄で2015年末の制度信用銘柄は3488社(うち貸借銘柄2036社)となっています。

SMBC日興証券では一般信用銘柄も基本的に東証・名証の全銘柄を取り扱っており、取扱銘柄数も問題ありません。期限も3年となっています。信用取引に力を入れている証券会社ですね。

制度信用とは証券取引所が信用取引をしていいと認めた銘柄を取引する信用取引で金利は低くなっています。制度信用は6ヶ月以内に決済しなければなりません。

一方、一般信用は証券会社が選定した銘柄となっています。証券会社ごとに取扱数に差があります。この点、SMBC日興証券では基本的に東証・名証の全銘柄を取扱っていますので、業界でもトップクラスとなります。決済期限は3年となっています。

SMBC日興証券のダイレクトコースは無料で利用できるのか?

以上のように信用取引におけるコストはSMBC日興証券が有利だということは分かったのですが、では他にデメリット、追加コストはないのでしょうか。

調べたところ、信用取引手数料を無料にするためには「ダイレクトコース」というものに入らなければならないようです。

いかにもお金がかかりそうなコースですが、これは単にインターネット取引専用の口座であり、追加コストはかからないようです。口座維持管理料も不要ですし、本当に信用取引のコストが安い証券会社のようです。ただし、現物取引手数料は10万円未満も125円と他社と比較すると割高になっているようですね。

信用取引のメイン口座としてはおすすめです。信用取引をされる方は是非試してみてください。

口座開設は以下よりどうぞ。
信用取引手数料無料のSMBC日興証券

このエントリーをはてなブックマークに追加 


ハイリターン投資ROCK×SBI FXトレード

サイト主かんべえも重宝しているFX口座のSBI FXトレードとタイアップしました!

1通貨からトレードができるので初心者には特におすすめの口座です。



>>ハイリターン投資×SBI FXトレード(Amazoneギフト券3000円プレゼント)<<


⇒SBI FXトレードの詳細な情報はこちら