中国人民元切り下げは投資のチャンスか?FXで元を売る方法(CNH/JPY)

このエントリーをはてなブックマークに追加 

上海市場暴落に伴い中国政府は度重なる利下げ及び元の切り下げを行っています

この人民元の下落は投資のチャンスとなるのか、検証してみました。

上海市場暴落 度重なる元の切り下げ政策

ニュースでも多く取り上げられていますが、中国経済の先行き不透明感から上海市場が暴落しています。

上海暴落

一時は5,000以上あった上海総合指数ですが、この数カ月間で一気に下がり3,000を割ってしまいました。40%以上の下落で、世界経済にも大きな影響を与えています。

そして、中国政府は株価下落対策のため、売買停止銘柄を増やしていましたが、効果がなく、遂には数度の利下げ、元の切り下げを実施しました。

その結果、人民元は下落しています。

人民元暴落

人民元/円チャートです。

元々、ペッグ制で19円~20円をキープする半固定レートだったのですが、最近の混乱で18円台まで下げています。このままいくと18円も割る勢いです。

人民元暴落は投資のチャンスとなるか?

このまま上海市場が回復しない場合はさらなる利下げ、元の切り下げがおこなわれる可能性があります。さらに中国経済が停滞し、元安円高となると想定した場合、これを投資のチャンスと考える見方があります。

今後も元の切り下げがおこなわると見越して、FXで元を売り円を買い、その後、利下げ、切り下げなどで元安となれば大きく利益を上げれる可能性があります。

FXで元を売り円を買う方法(CNH/JPY)

FXで元の取引ができる会社はかなり少ないのですが、大手FX会社のSBI FXトレードが取り扱っています。

現在、SBI FXトレードのCNH/JPYのスプレッドは2.58銭で10,000通貨あたりの1日の買いスワップは5円、売りスワップは-6円となっています。以前は政策金利も高く、スワップも買いで20円となかなか利回りがあったのですが、利下げの影響でスワップもかなり下がっています。

元を売り円を買うためにはCNH/JPYの「売り」を入れる必要があります。

売った場合はスワップを支払わなければなりませんので、多少コストがかかります。負担率は元を19円と仮定すると

19円×10,000÷(6円×365日)=1.15%

年間約1.15%のスワップを支払わなければなりません。まあ、それほど高いコストではないかなあという印象ですね。

中国経済が停滞している間は元安円高になることを見越して売りを入れるというのも一つの考えですね。

また、SBI FXトレードで取引する最大のメリットは1通貨から取引ができる点です。

1通貨からであれば、かなり少額でも取引できますので、リスクを抑えることができます。中国経済がしばらく停滞するという可能性はあると思いますが、大々的な経済対策を一気に打ち出してきた場合は上海市場が回復し、また元が急騰する可能性もありますので、リスクは十分に考慮して投資することが必要です。

そのためにも、レバレッジは抑えて、余裕資金で投資することをおすすめいたします。

以上、元の切り下げを見越して、FXで利益を上げる方法についてご紹介いたしました。

上記投資法はあくまで個人的な判断ですので参考程度にとどめてください。また、元が今後どう動くかはわかりませんので、リスクを十分に考慮し、投資は自己責任でお願いいたします。

口座開設は以下よりどうぞ
元切り下げを見越して元を売る→SBIFXトレード

このエントリーをはてなブックマークに追加 



ハイリターン投資ROCK×SBI FXトレード

サイト主かんべえも重宝しているFX口座のSBI FXトレードとタイアップしました!

1通貨からトレードができるので初心者には特におすすめの口座です。



>>ハイリターン投資×SBI FXトレード(Amazoneギフト券3000円プレゼント)<<


⇒SBI FXトレードの詳細な情報はこちら