マネースクエアジャパンの評判【少額投資家、初心者に手厚いFX会社】

このエントリーをはてなブックマークに追加 

M2Jの略称でお馴染みのマネースクエアジャパン

FX専業では少ない上場企業傘下で、FXを長期の資産運用の手段にまで高めた功績は大きいものがあります。今回はマネースクエアジャパンの特徴と、お得にサービスを使いこなす方法を紹介します。

自動売買システム中心の戦略が特徴

マネースクエアジャパンの最大の特徴は、小口の自動売買システムを売り物にしているという点です。大口の投資家から手数料を稼ぐのではなく、小口の投資を繰り返してもらうことで、手数料を稼ぐ戦略です。

同社のホームページによれば、1,000通貨単位がもっとも低リスクで、ある程度の利益を上げられるラインとか。

取引手数料は、南アフリカランド/円を除く10通貨の場合、1万通貨単位以下で50円と、株の手数料に比べてかなり割安(対ドルのみ0.5ドル)。

さらにマネースクエアジャパンでは各種割引コースも用意されています。

・せま割20
「せま割20」はトラリピ(トラップ・リピート・イフダン)をはじめとするイフダン注文のうち、設定した利幅が20ポイント(20銭)以内の場合、通常1万通貨単位以下で5銭の手数料が1銭になるお得なサービスです。

M2J3

・せま割5
また、「せま割5」は、南アフリカランド限定ではありますが、1通貨あたりの片道手数料2銭が半額の1銭になります(決済は通常の手数料)。

M2J④

少ない利幅でも良いので、確実に利益を上げたい人には最適な割引制度です。

ヘビーユーザーにメリット大きいポイント制

今はポイントサービス全盛時代。法人が運営するサービスには、ほとんどポイント制が採用されているといっても過言ではありません。

マネースクエアジャパンにも魅力的なポイント制度があります。同社でポイントが付くケースとしては、通常のFX取引のほか、キャンペーンやセミナー参加でもポイントが付与される場合があり、獲得機会が多いのが特徴です。

さらに、取引実績によりステータス制が設けられていて、上のクラスになるほどポイント付与率が高くなります。

例えば、ブロンズステータスなら18ポイントのところ、ダイヤモンドステータスは60ポイントという具合。ですので、ヘビーユーザーにはメリットが大きいポイントサービスです。

交換商品も極めて豪華で、apple製品と交換可能なのが投資家にとっては魅力的です。

M2J①

ほかにマスクメロンや蟹、近江牛などのグルメ商品も豊富にラインナップされおり、食品キャンペーンが豊富です。

M2J②

金券類もあるので、実質的なキャッシュバック効果も期待できます。(内容は2016年2月1日現在)。

FXを資産運用と考える投資法

FX投資に踏み出せない人の、一番大きな理由は「FXはギャンブル」というイメージがあるからでしょう。

日銀の調査でも日本人の個人金融資産約1,717兆円(2015年9月現在)のうち、現金・預貯金が52%を占め、株式や投信のリスク商品は16.3%の保有にすぎません。

マネースクエアジャパンはこの点に着目し、FXでもリスクなしに投資できるシステムを開発したのでした。それがトラリピです。

詳細はM2J特集②で紹介していますが、要は設定した利幅に達した時だけ決済することで利益を出し、同じパターンで値段の異なる複数本の注文を設定して売買を繰り返す投資法です。損失が出ている時点では決済されないため、リスクがありません。

マネースクエアジャパンの理念は「資産運用としてのFX」。

リスクに不安を持つ人が安心して資産を運用できるようにするのが目標で、少額投資家に手厚いFX会社といえます。

半面、大口投資の場合は他社よりもコスト高となるデメリットがあります。

複数の口座を持つことが可能ならば、大口投資は他社で行ない、マネスクはトラリピに限定してコツコツ稼ぐ。その傍らポイントサービスを気長に楽しむといった棲み分けが有効といえます。

マネースクウェアジャパンの最大のメリット、トラリピについては「M2Jトラリピの評判について【仕掛けて待つだけ!の自動簡単FX投資】」をご参考ください。

以上、投資は自己責任でお願いいたします。

口座開設は以下よりどうぞ
常に収益チャンスを狙っていけるマネースクウェアジャパンのトラップリピートイフダン

このエントリーをはてなブックマークに追加 



ハイリターン投資ROCK×SBI FXトレード

サイト主かんべえも重宝しているFX口座のSBI FXトレードとタイアップしました!

1通貨からトレードができるので初心者には特におすすめの口座です。



>>ハイリターン投資×SBI FXトレード(Amazoneギフト券3000円プレゼント)<<


⇒SBI FXトレードの詳細な情報はこちら