21世紀の資本のピケティがわかっていない富裕層との格差が広がっている理由【格差社会の原因と対策】

このエントリーをはてなブックマークに追加 

世界的なベストセラーとなり、経済界に旋風を巻き起こしている「21世紀の資本論 トマ・ピケティ著」。

富裕層との格差がどんどん広がっていることをデータを用いて解説しているこの本、多くの人から評価を受けています。その指摘は正しいものだと私も思います。

ですが、ピケティは格差が広がっている理由について一つ理解していないことがあります。

なぜ、富裕層との格差が広がり続けているのかその理由について書きたいと思います。

トマ・ピケティの21世紀の資本論を簡単にまとめると

ピケティは税金等のデータを分析し、金持ちにはほとんど税金がかかっておらず、税金を払っているのはほとんどが中流以下の層であり、その結果、格差がどんどん広がっていることを説いています。

そして、格差社会を是正するにはもっと富裕層に対して課税する。保有している資産について課税する必要があるとピケティは考えています。

ピケティがわかっていない格差が広がっている理由

ピケティが理解していない点として、金持ちにもっと税金をかければ格差は改善されていくと考えている点です。

確かに金持ちに税金をかけて、中流以下の層の人たちの税金を軽減すれば、中流以下の人たちの所得が増え、富裕層の所得が減り、格差が解消されていくように思えますが、それでは根本的な問題は解決されません。

中流以下の人たちは所得が増えるとどういった行動に出るのか?

富裕層に税金をかけ、中流以下の人たちの所得を増やしたらどうなるでしょうか。本当に格差は解消されていくのでしょうか。

まず、中流以下の人たちの所得が増えたらどういう行動に出るのか、考えてみてください。

もし、あなたの年収が今より100万円増えたらどうしますか?

恐らく、より良い食事をして、よりいい服を買い、よりいい車を買い、よりいい家に住むのではないでしょうか。

その結果、どうなりますか?

生活水準が高まり、月々の固定費が増え、ローンを抱え、結局、いつもと同じく、働き続けなければならないのではないでしょうか。少し良い物を買ったということで格差が解消されたと考えていいのでしょうか。

また、高い家を買うことで以前より負債を抱えてしまうことになるのではないでしょうか。

参考:持ち家は資産ではなく最大の負債【一軒家やマンションを買う前に知っておくべきこと】

税金の問題ではなく、例えば昇給して給料が増えた上司を見ればわかると思いますが、その分生活水準を上げてしまい、結局、お金に余裕がない生活を続けてしまうのです。

富裕層の所得が減少したらどういう行動に出るのか?

一部の一発屋の富裕層ではなく、長く富裕層にとどまっている人に限定されますが、では、金持ちに多くの税金をかけ、富裕層の所得を減らすとどういった行動にとるのでしょうか。

まず富裕層の人たちは所得が減ると日々の生活水準を少し下げ、支出を減らします。

一方で、収入の10%~20%ほどは以前と変わらず、キャッシュ生む資産(株式、外貨、不動産、権利、事業)に投資します。

その結果、確かに税金はかかり所得が減ったものの、富裕層の資産は増えていきます。

中流以下の人たちは贅沢品にお金を使い、資産が増えていかないのに対して、富裕層は資産がどんどん増えていき、格差は以前と同じく広がっていくのです。

格差が広がる原因は税金ではなく、富裕層と中流以下とのお金に対する思考の違いにある

以上の様に、富裕層に税金を多くかけても格差は広がり続けます。

なぜなら、富裕層と中流以下の人たちとではお金に対する思考が違うからです。

富裕層の人たちがなぜ、富裕層になっているのかを考えればわかることですね。

では、富裕層と中流以下の人たちの思考は何が違っているのでしょうか。

富裕層と中流以下との思考の違いについて

これは一言では説明が難しいのですが、要はお金を増やす気があるのか無いのかの違いにあると思います。

富裕層(金持ち脳)は常に資産を増やすことを考えています。儲かったお金はさらに資産に投資し、自分は働かなくてもお金が入ってくるようにどんどん資産に投資していっています。ここでいう資産とは持っているだけでお金を生む資産です。また、常に前向きに自分の頭で考え、リスクをとり、積極的に行動しているということが決定的に違います。

一方、中流以下の人たち(貧乏脳)は常に自己の快楽を求めて行動します。高級な車に乗れば幸せになれるのでは、大きな家を買えば幸せになれるのでは、ブランドの服を買えば幸せになれるのでは、と考え、収入以上の支出をしようとします。

これは、テレビや周りの環境にもかなり影響を受けています。幸せな家庭といえば、持ち家と車、そして大きな犬、こういった幸せのイメージがテレビのCMや周りの環境で頭の中に定着させてしまいます。そして、お金を持っていないのにローンを組み高い買い物をします。その結果、支出ばかりが増えてしまいます。

富裕層はまずは資産を増やし、資金を潤沢にさせてから贅沢品を買うのに対して、貧乏脳の中流以下の人はまず先に贅沢品を買おうとします。そのため、いつまでたっても資産は増えず、格差が広がってしまうのです。

もちろん、それで幸せなのかもしれませんが、毎日遅くまで残業して働かなければならず、常にお金を気にしながらギリギリの生活をしなければなりません。3ヶ月無収入になったら破産してしまうような生活をしてしまっている人が多いです。

どうしてこうなったのか、それはお金に対する考え方について誰も教えてくれないからです。学校でももちろん教えてくれませんし、周りに金持ちの人がいなければ、貧乏脳ばかり頭に叩き込まれてしまい、いつの間にかそれが当たり前になってしまいます。

格差を解消するためには金持ちの思考を学ぶべし

ですので、格差を解消するためには金持ちに税金をかけるより、まず優先して金持ちの思考を学ぶ必要があります。多くの書籍を読み、多くの成功者にならい、金持ちの思考を学ぶことが何より大事だと思います。

また、私の投資メルマガもできるだけ多くの人に金持ちの思考を知ってほしいという思いでつくっています。

>>ローリスクハイリターン投資をまとめた無料メールマガジン

このメルマガは金持ちの思考を学び、投資を始めるきっかけの入りにはとてもいいものだと思います。ボリュームも少なく、簡潔にまとめていますので、本を読むのは面倒でもまずはこのメルマガだけでも見ていただけるだけでも、きっとあなたの役に立つはずです。

ピケティは金持ちに税金をかけ、中流以下の人たちは特に何もしなくていいような結論になっていますが、それでは何も変わりません。我々中流以下の層も自分の頭で考え行動していかなればなりません。そのことを意識して前に進んでいきましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加 


ハイリターン投資ROCK×SBI FXトレード

サイト主かんべえも重宝しているFX口座のSBI FXトレードとタイアップしました!

1通貨からトレードができるので初心者には特におすすめの口座です。



>>ハイリターン投資×SBI FXトレード(Amazoneギフト券3000円プレゼント)<<


⇒SBI FXトレードの詳細な情報はこちら