ドイツ銀行の株を買う方法 ~破綻危機で株価暴落は投資のチャンスか?~

ドイツ銀行は破綻の可能性が浮上し、ドイツ銀行の株価が暴落しています。

ドイツ銀行は米での住宅ローン不正取引の訴訟で140億ドル(1兆4000億円)の莫大な請求を受けており、これについてドイツのメルケル首相は「ドイツ銀行を救済しない」とコメントしており、波紋を呼んでいます。

このドイツ銀行の経営破綻・株価暴落は投資のチャンスか?回復する可能性があるのか?

今後の見通し、投資戦略やドイツ銀行の株を買う方法について検証しました。

ドイツ銀行経営危機で株価が暴落 

ドイツ銀行はアメリカの住宅ローンに関する不正取引について訴訟を受けており、アメリカの裁判でドイツ銀行に対し140億ドル(1兆4000億円)の支払が確定しました。

いくらドイツ銀行とはいえ、140億ドルも支払こととなると、多大な損害となり、経営危機になります。

そして、極め付けとして、今回の件についてドイツのメルケル首相は「ドイツ銀行は救済しない」とコメントしており、ドイツ銀行経営破綻の可能性が高まっています。

参考:ドイツ銀行が破綻危機…市場が怯える「ABCDショック」(日刊ゲンダイ)

この件で、ドイツ銀行の経営が不安視され、2016年に入り株価は下落していましたが、8月には破綻危機の可能性が浮上し株価が大きく下落しています。

%e3%83%89%e3%82%a4%e3%83%84%e9%8a%80%e8%a1%8c%e6%a0%aa%e4%be%a1

(ドイツ銀行2016年9月30日現在株価 Bloomberg:Deutsche Bank AG

特にメルケル首相はドイツ銀行を救済しないと発言が波紋を呼んでいます。ドイツ銀行の破綻が現実になるとリーマンショック級の経済不安が世界を襲うことになります。

ドイツ銀行は本当に破たんするのか?

では、本当にドイツ銀行は破たんしてしまうのでしょうか。

市場では現在のところ、破綻の可能性は低いとされています。まだ世間はそれほど危機感を感じておらず、株価・為替も比較的安定しています。

ただ、リーマンショック時も同様に政府が救済しないことが確定したことで始まりました。

確かに救済しないと世界経済に甚大な被害が及び、ドイツにとってもなんのメリットもありませんので、救済しないと言いつつ、結局救済するというのが、大勢の意見ですが、何が起こるかはわかりません。

ただ、事実としてメルケル首相が救済しないと発言していますので、投資も油断せずに、いつリーマンショック級の大暴落が起きてもおかしくないといった心構えで損切りの準備等をしっかりとしておくことをおすすめします。

ドイツ銀行株を買う方法とは ドイツ銀行の株は買い時か?空売りすべきか?

現在のところは世論の予想ではドイツ銀行は何らかの形で救済され、株価暴落は一時的なものであるという見方が強いです。

とすると、このドイツ銀行の株価暴落はバーゲンセールのようなもので、買いのチャンスであるとも考えられます。

ただし、米国株とは違い、欧州株は大手証券会社でも取り扱っていません。

では、ドイツ銀行の株を買う方法はないのか?

これについてはVW(フォルクスワーゲン)の不正問題のときにも取り上げましたが、IG証券のCFD口座であればドイツ銀行株を売買することができます。

参考:VW(フォルクスワーゲン)の株を買う方法【不正で株価暴落は投資のチャンスか?】

以下の通りIG証券のCFD口座ではドイツ株を多数取り扱っており、ドイツ銀行株も取り引きできます。

igdvkIG証券 オフィシャルサイト CFD個別株取扱銘柄より抜粋)

CFDであれば空売りも可能です。

空売りとは株を借りてきて売り、また安くなったら買い戻して返済するというイメージで、売りから取引に参加することを言います。

空売りはこれから株価が下がると思われる銘柄にします。ドイツ銀行が救済されないことが確定すれば、さらに株価が暴落することが予測されますので、空売りしておくと大きな利益を得る可能性があります。

現在のところドイツ銀行株も空売り規制はされていませんので、空売りが可能です。

CFDはFXの株式・商品バージョンといった感じですので、FXをしている人にとっては取り組みやすいですね。

ただ、いずれにしてもリスクの高い投資になりますので、上級者以外は手を出さないようにした方が賢明ですね。

IG証券CFD口座については以下で詳しく書いていますので参考にして下さい。
IG証券CFD口座の評判、特徴分析【海外株も投資できるのが最大のメリット】

ドイツ銀行株はいくらから買えるのか?

では実際にCFD口座でドイツ銀行の株を買いたい場合、最低いくら必要なのでしょうか。

IG証券のCFD口座は現物株式はレバレッジが5倍まで(証拠金維持率20%)で取引ができます。

IG証券は1株から取引ができ、ドイツ銀行の株価が現在約12ユーロで1ユーロ110円とすると、約1320円から取引をすることができます。レバレッジを5倍にすれば264円(1320円÷5)からでも取引ができます。

手数料は0.108%と安いのですが、最低手数料が10,80EUR≒1,404円もかかりますので、1株といった少額で取引するのはあまりおすすめできません。短期売買よりも長期が向いていると思われます。

CFDに馴染みがないならドイツ株価指数に連動する海外ETFで

ドイツ銀行株を直接取引したいのであれば現在のところCFD口座を使うしかないようです。ただ、CFDもFXと同じ証拠金取引です。なかなか馴染みない人は難しいでしょう。

そこで、代替の投資方法としてドイツの株価指数に連動するETFを買うという方法があります。

ドイツ株価指数と連動する銘柄で「iシェアーズ MSCI ドイツ ETF」というものがありり、市場規模の大きいドイツ銀行の株価が動けばドイツ株価指数と連動するETFも動きますので、こちらで代替して投資するという方法があります

「iシェアーズ MSCI ドイツ ETF」は以下の証券会社で取り扱っています。

会社名マネックス証券SBI証券楽天証券
手数料約定代金の0.45%
(最低5~20米ドル)
1000株まで25米ドル1000株まで25米ドル
1000株以上の追加手数料なし1株につき0.02米ドル1株につき0.02米ドル

海外ETFであれば、日本の大手証券会社で現物で買うことができるので、CFDはよくわからないから不安だという人にはおすすめです。

ただ、この場合は空売りができません。

もし、ドイツ株価指数DAXを空売りしたいのであれば、こちらもCFD株価指数取引を使うしかないようですね。株価指数取引はIG証券でももちろん取り扱っていますが、GMOクリック証券(CFD)でも取り扱っています。

ドイツ銀行の株価暴落は投資のチャンスか?ドイツ銀行の株を買う方法 まとめ

以上、ドイツ銀行の経営破たんの可能性、今後の見通し、ドイツ銀行の株を買う方法について検証してみました。

まとめますと

  • 現在のところドイツ銀行経営破たんの可能性は低い
  • 株価は回復する可能性があるので投資のチャンスとも考えられる
  • ドイツ銀行の株はIG証券のCFD口座で取引可能
  • CFDなら空売りも可能なので株価が下落すると予想するなら空売りもあり
  • ドイツ株価指数連動銘柄に投資するのもあり
  • いずれにしてもリスクの高い上級者向けの投資

今後、ドイツ銀行破たん問題がどう動くか、常に注意が必要です。

投資のチャンスとも考えられますが、リスクの高い取引です。海外株は上級者向けの取引ですので、充分にご留意ください。

以上、あくまで個人的な見解です。参考程度にとどめ、投資はくれぐれも自己責任でお願いいたします。

口座開設は以下より
ドイツ株に投資できるIG証券のCFD口座

このエントリーをはてなブックマークに追加 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*