トルコリラFXで堅実にスワップ金利収入を稼ぐ方法を検証しました。

このエントリーをはてなブックマークに追加 

トルコリラ円(TRY/JPY)のFXはスワップ金利が高く、年間利回りに換算すると約10%もあります。日本の銀行の金利よりもはるかに高い収入を得ることができるため人気の通貨ペアとなっています。

ただし、トルコリラは金利が高い分、リスクも高い通貨です。

そこで今回はトルコリラ円FXでもリスクを抑えて堅実にスワップ金利を得る投資法をご紹介いたします。

まず以下の画像をご覧ください。私が実際に2年ほどトルコリラを運用している結果です。

ヒロセ通商 ポジション集計画面 2017年5月12日時点)

未実現スワップの欄を見ていただくと138,084円となっています。すなわち、スワップ金利が約2年で138,084円溜まっていることになります。

保有しているトルコリラをコツコツ増やしていき、現在では52lot(52,000リラ)まで増やしています。日本円に換算すると150万円分になります。

これだけトルコリラを保有すると毎月2万円以上のスワップを生み出してくれるんです。

トルコリラは急落リスクのある通貨ですが、上記の通り、含み損を上回るスワップを得ることができているため、ロスカットしないように堅実に投資すれば大きな不労所得を生み出してくれます。

以下、具体的な投資法を書きましたので、参考にしてください。

追記:2017年9月時点

ヒロセ通商 ポジション集計画面 2017年9月15日時点)

さらにスワップが増えていき200,000円を突破しました。含み損以上のスワップが発生しており、どんどんプラスになっていっています。

※2018年4月時点ではトルコリラは26円まで下落しており、含み損になっていますが、このままの価格が安定してくれればスワップ金利で再び含み益になる見込みです。

それでは以下、トルコリラ円FX堅実スワップ投資法について詳しく解説していきます。

トルコリラ円のFXとは

本題に入る前にトルコリラ円FXの基礎知識を書いておきます。

トルコリラ円のFXとは円とトルコリラを交換する取引のことを言います。TRY/JPYと表記されます。

トルコリラの政策金利は高く、7%~10%を推移しています。2018年4月は8.0%となっており、日本の政策金利が0.1%であることを比較するとかなり高い金利となっています。

⇒トルコリラの現在の政策金利はこちら(外為ドットコム)

では、ここ数年のトルコリラ円の為替の推移を見てみましょう。


(トルコリラ円チャート2018年5月時点:現在のトルコリラ円チャートはこちら

2008年リーマンショック前までは90円近辺だったのですが、リーマンショック後、一気に急落し、40円台まで下がりました。

リーマンショック以後は一時は50円台を回復していたのですが、再び中国バブル崩壊リスクや米国利上げ、ISISとの戦争状態の影響もあり、40円を割り込むほど下げています。

そして、国内情勢の悪化、シリア情勢、ロシアとの緊迫関係等、トルコ情勢の悪化に伴い2017年2月では30円を割るほど下落しています。

また、2017年11月には米国との改善悪化により28円を一時割っています。その後は28円~30円前後を推移していますね。

そして、2018年5月には史上最安値の24円台に突入しています。

やはり急落リスクのある通貨のようですね。

トルコリラ円のFXではこの金利の高いトルコリラを日本円と交換する(トルコリラを日本円で買う)ことができ、その金利差(スワップポイント)を受け取ることができます。

金利が高い分、スワップも大きくなっています。最近では通貨安も伴って、利回りは8~10%を超えてきています。

日本の銀行に預けているよりもトルコリラに投資しておいた方が良いと考え、FXを通してトルコリラに投資している投資家も増えています。また、くりっく365(FXにおける金融取引所)でもトルコリラが取引できるようになり、投資の市場も整備されてきています。

少しずつでもトルコリラに投資をしておくことで、将来あなたの大きな資産になるかもしれません。

トルコリラを買う方法:外貨預金よりもFXがおすすめな理由

トルコリラに投資する方法としてはFXの他に外貨預金も考えられます。

ただし、トルコリラを買う方法として外貨預金は全くおすすめできません。

その理由は手数料の高さと金利の低さです。

トルコリラの外貨預金を取り扱っている銀行を見てみましょう。

銀行名手数料普通預金定期1ヶ月定期6ヶ月定期1年
新生銀行1.00円1.20%30.00%3.00%3.00%
大和ネクスト銀行非公開2.00%-5.00%-
ソニー銀行取扱なし----
UFJ銀行取扱なし----
三井住友銀行取扱なし----

マイナー通貨ということで、取り扱っている銀行も少ないのですが、見ての通り、金利はあまり高くなく3%前後。

そして、何より手数料がめちゃくちゃ高くなっています。

「トルコリラの外貨預金はFXで代替するのがおすすめ」の記事でも書きましたが、外貨預金はFXとは違い1日に何度も取引をすることが想定されていないため、手数料が高くなっています。また、金利も銀行の取り分が多いため、低くなっています。特に普通預金はかなり安くなっています。

そのため、ほとんどの場合、手数料だけで金利分がとられてしまい、元本割れしてしまいます。

外貨預金はFXとは違い、営業時間内でないと取引ができないことや最小預入金額が大きいなど、FXより何かとデメリットが大きいので、おすすめできません。

では、トルコリラを買いたいならどうすればいいか?それはFXです。

トルコリラ円FXにおすすめの口座とは?利回り10%超を選ぶ

では、トルコリラ円のFXができる会社を見てみましょう。

FX会社名スワップスプレッド最小取引通貨単位
みんなのFX100円前後1.9銭1,000
ヒロセ通商90円前後1.9銭1,000
GMOクリック証券
(くりっく365)
90円前後5~7銭(変動制)10,000
FXプライム byGMO80円前後4.8銭(原則固定)
(1,000通貨は手数料30円発生)

1,000
SBI FXトレード90円前後4.8銭1
サクソバンク証券90円前後3.3銭5,000
GMOクリック証券
(FXネオ)
85円前後2.9銭 (原則固定)10,000
セントラル短資83円前後8銭~18銭10,000
OANDA Japan50円前後12.2銭
(2018年5月トルコリラFX会社比較)

上記比較表のスワップの金額ですが、10,000通貨あたりの1日の金額になります。

スワップが高い会社はみんなのFXヒロセ通商で1日約100円前後のスワップが出ています。トルコリラが現在25円ほどですので、年間の利回りを計算すると…

365日×100円÷(10,000通貨×1TRY/25円)=13.55% (2018年5月時点)

なんと10%を超える投資パフォーマンスがあります。

ただ、トルコリラのスワップの金額は日々変動しており、また、トルコリラ円の為替の金額も変動していますので、上記計算はあくまで目安となります。

FX業者を選ぶポイントとしては

  • スワップが高い⇒金利が高い
  • スプレッドが狭い⇒手数料が安い
  • 取引通貨単位が1,000以下⇒少額から投資ができる

この3点を重視してもらえればいいです。

上記比較表からもわかる通り、トルコリラ円FX業者のおすすめはみんなのFXヒロセ通商です。非常に力を入れており、トルコリラ投資ユーザーを引き寄せています。

2018年5月時点ではスワップは100円前後と他社と比較してもかなりスペックが高いといえますね。

金利を複利効果で積み立てるためにもトルコリラのスワップ狙いでFXをするならできるだけ早く利用することがおすすめです。

その他、知名度の高いGMOクリック証券も高いスワップが出ていますが、10,000通貨ごとでしか取引ができないのがネックです。

1回の取引が10,000トルコリラですから、約30万円の取引規模になります。

スワップは高いですが、ある程度の資金力も必要になってくるというわけですね。

そこで、個人投資家の方は1,000通貨から取引ができるみんなのFXヒロセ通商がおすすめです。スプレッドも1.9銭とトルコリラ円のスペックの高さは群を抜いています。

1回の取引が1,000リラごとでも約3万円ずつとなるので、個人投資家の方も許容範囲内の規模でしょう。

もっと少額から投資がしたい、少額からコツコツ投資したいと考えているのであれば、1通貨から取引ができるSBI FXトレード もおすすめです。

SBI FXトレード もトルコリラ円FXの取り扱いを始めており、スワップも高いのでおすすめです。少額から取引を始めたい方には適しています。

1通貨から取引ができるということは1リラ約25円ですので、レバレッジをかけないとしても25円から取引が始めることができます

SBI FXトレードであれば、100リラ(約2,500円)とかから投資ができるので少額からコツコツ、FX初心者の方にも適していておすすめです。

ただ、少しスワップの金額が低いので、スワップの高さを重視するのであれば、みんなのFXヒロセ通商でいいでしょう。

ヒロセ通商は長期間トルコリラ円で高いスワップ金利を維持している

ちなみにヒロセ通商のトルコリラ円FXですが、かなりの長期間高スワップを維持しています。


ヒロセ通商トルコリラ円FX買いスワップ金利月別平均10,000リラごと)

2015年5月から高スワップ競争に参戦し、安定して100円以上のスワップ金利を維持し続けています。

どうしてもトルコリラの価格が下がると、スワップも下がってしまうのですが、それでも、高い水準で維持し続けています。トルコリラ円FXに力を入れているのがわかりますね。

スワップ金利はFX会社ごとに差があり、また、月ごとに変動していきますので、ヒロセ通商のように長期にわたって高スワップを維持できているかという点もFX口座を選ぶポイントになりますね。

みんなのFXも現時点ではスワップが高いのですが、みんなのFXはまだトルコリラの取扱いを開始して1年も経っていないのです。この高スワップを維持できるのか?という点では少し不安がありますね。

その点、5年以上も高スワップを維持しているヒロセ通商の方が良いかなと個人的には思いますね。

トルコリラにおすすめのFX業者については、詳しくは以下の記事にまとめていますので参考にしてください。
参考: トルコリラにおすすめのFX業者どこか?改めて検証してみました。

FXのリスクを抑えるためにはレバレッジを低く抑える

では、この高金利スワップのトルコリラをできるだけリスクを低く投資するにはどうすればいいか。

それはレバレッジをかけないことが必要です。

そのために少額からトルコリラに投資ができるFX会社を選ぶ必要があります。

すなわち、スワップが高くてかつ、最小取引通貨単位かできるだけ小さいFX口座を選ぶ必要があります。

最小取引通貨単位とは1lotあたりの取引通貨数で、10,000通貨となっている場合は10,000リラからしか取引ができない設定になっています。

10,000リラとなると、1リラが約30円ですので、1回の取引で300,000円ほどの取引をすることになります。証拠金が十分にあれば問題ありませんが、そうでない場合はレバレッジをかけざるを得なくなってしまいます。

堅実に投資するためにはこの最小取引通貨単位が小さい会社を選ぶようにしましょう。

上述した通り、おすすめのFX会社は1000通貨から取引できるみんなのFXかヒロセ通商です。

両社ともスワップも100円前後と安定していて、スプレッドも1.9銭、そして、1,000通貨から投資ができるため、レバレッジを低く抑えてコツコツ投資をすることができます。

さらに少額から投資したいのであれば1通貨から取引ができるSBI FXトレードもおすすめです。

トルコリラ円FX業者まとめ

 

トルコリラ円をFXでスワップ投資をするなら以下の3点を重視する

  • スワップが高い⇒金利が高い
  • スプレッドが狭い⇒手数料が安い
  • 取引通貨単位が1,000以下⇒少額から投資ができる

ヒロセ通商・・・スワップ90円前後 スプレッド1.9銭 1000通貨取引

 

みんなのFX・・・スワップ100円前後 スプレッド1.9銭原則固定 1,000通貨取引

 

SBI FXトレード・・・スワップ80円前後 スプレッド4.89銭 1通貨取引

 

トルコリラFX堅実投資法でコツコツスワップを増やす方法

では、具体的にどのように投資をすればいいのでしょうか。

私が実践しているトルコリラFXで堅実にスワップ収入を稼ぐ方法についてご紹介します。

以前、「南アフリカランドのFX投資で少しずつスワップ収入を得ています【目指せ金利生活】」の記事で南アフリカランドでスワップ収入を堅実に稼ぐ方法を紹介しましたが、トルコリラについても同じです。

すなわち、レバレッジ1倍〜2倍程度に抑えて、トルコリラが安くなったら1000通貨ずつ買い増しをしていき、含み損が出ても上がるまでずっと待ちます。待っている期間はスワップ収入のみを享受します。

さらに円高トルコリラ安が進めば買い増しをしていきますが、レバレッジは2倍を超えないようにします。

そして、トルコリラが上がってきたら、今度は少しずつ決済します。とはいえ、全て売ってしまうとスワップが得られなくなりますので、全部決済するのはよっぽどトルコリラが暴騰した時のみにしておきます。一部決済することで為替差益も享受します。

そして、また、トルコリラが下がってきたら、買い増しをしていきます。これをひたすら繰り返します。

1lot=1000リラ=3~4万円前後ですので、初回入金は少なくても5万円は入れておきたいですね。

後は、堅実に給料等の収入の10%以上を証拠金に充てるようにしていき、資産を増やしていきましょう。

トルコリラは上述した通り、現在のところ利回りが10%以上ありますので、仮に毎月5万円分ずつトルコリラに投資したと仮定すると….

利回り10%  月積立額5万円 期間5年=385.86万円(内、元本300万円)

複利計算トルコリラ
(参考:積立と複利計算

毎月5万円ずつ積み立てることによって5年後には85.56万円ものスワップを得ることができます。

もちろん、これは為替差益分が入っていませんので、実際はもっと利益が大きくなる可能性があります。

大事なことはもっているだけでお金を増やしてくれる資産を増やすことです。

このトルコリラ円FXもあなたの一つの資産となるでしょう。

上記の通り、できるだけ早く始めたほうが複利の効果はあります。参考にしていただければ幸いです。

トルコリラ堅実投資方法をまとめ

  • レバレッジは1~2倍程度に抑える(口座に10万円預けたのであれば3000リラ~5000リラほど)
  • トルコリラの価格が下がればレバレッジの範囲内で買い増してスワップを増やす
  • トルコリラの価格が上がれば少し決済し為替差益も得る
  • 以上を繰り返しながら口座の入金額も余裕資金で増やしつつ基本買いポジションも増やしていく

トルコリラ円FXで月10,000円のスワップ収入を得るためにはいくら必要?

トルコリラ円FXで月10,000円以上のスワップ収入を得るためには約30lot(30,000リラ)保有する必要があります。

30lotは1リラを30円とすると、日本円にすると約900,000円ほどです。

レバレッジを1.5倍で運用すると考えると証拠金が600,000~700,000円ほどあると、月10,000円のスワップ収入を得ることが可能なんですね。

スワップの高さには驚愕です。ただし、スワップが高くつくFX業者を選ばなければなりません。

トルコリラFXのリスク

とはいえ、トルコリラはスワップが高い分、リスクも高いのは事実です。

現在ではISISとの戦争やテロ問題、大統領選挙もありますし、トルコリラが急落するリスクは高いです。デフォルトリスクまでは言われていませんが、絶対ということはないでしょう。やはり、デフォルトするリスクは負う必要があります。

ただ、FXでも取引ができる一国の通貨がデフォルトするということはそうないことですし、それを言い出すと日本円だってデフォルトしないとは限りません。もちろん、リスクはトルコリラのほうが高いと思いますが、それは負うべきリスクなのではないかと思います。

また、もし仮にデフォルトしたとしても、レバレッジをかけていなければ、そこまでの被害にはならないでしょう。デフォルトの可能性が出た時点で損切りすれば、大きな被害はないはずです。そのためにもレバレッジはできる限り低く保つようにしましょう。

トルコはまだまだ成長する可能性があり投資の価値は十分にあると私は見ています。地政学リスクはあるものの、国土は広く、人口も多く、経済は良好です。また、くりっく365の対象にもなっており、評価の高い通貨であることは確かです。

急落リスクのある通貨ではありますが、レバレッジを低くして、コツコツスワップ投資を続けていきたいと思っています。

トルコリラ暴落時も堅実投資法なら問題なし(2017年10月追記)

追記です。トルコリラ円FX投資を始めてからもうかれこれ3年が経ちました。

3年も投資を続けて感じたことは、トルコリラ円FX堅実投資であれば、暴落時も問題ないということ、むしろ、絶好の買い場であるということがわかりました。

トルコリラはスワップ金利の高いだけあって、やはり急落リスクのある通貨でした。

投資を始めた2015年からの為替の推移です。

40円あったトルコリラも2017年には30円前後となっています。

また、2017年10月には米トルコビザ発行停止のニュースで暴落したりと・・・

ですが、「米トルコビザ発給停止に伴いトルコリラは急落したものの堅実投資には影響なし」の記事でも書きましたが、レバレッジを低く抑えていれば、この堅実スワップ投資を続けていれば、急落・暴落はむしろ絶好の買い場となり、割安でトルコリラを買うことができています。

もちろん、もっとトルコリラが下がる可能性もありますが、やはりスワップの高さがそれをカバーしてくれていますね。

私は40円台からトルコリラ円の買いポジションを増やしていますので、含み損自体は多いのですが、2017年に入ってからは31円前後でしばらく安定してくれているため、スワップが含み損を上回り、トータルでプラスになることができました。

詳しくは「トルコリラFXで2年ナンピン買いを続けてようやく含み益となりました。」で書いていますが、投資は長期であればあるほど勝つ可能性が高まるなと実感しています。

2017年10月時点ですが保有高と証拠金は以下のようになっています。


ヒロセ通商 証拠金状況照会画面 2017年10月12日時点)

保有高は60lot(60,000リラ)を超えて、スワップはもう20万円以上にもなりました。

その結果、毎月2万円以上のスワップ金利を得ることができています。

それでいて、レバレッジは2.16倍ですので、20円を一気に割るような、よほどの急落がない限り、ロスカットはされないことになります。

さすがに10円一気に下がることは想定外で良いと思うので、これからもこの投資法は有効なんだなあと感じています。

もちろん、何が起こるかはわかりませんので投資に絶対はないのですが、逐一情報はこの月別投資収益報告 やブログでご報告させていただきますので、参考にしていただければと思います。

※2018年5月時点、トルコリラは24円台まで下がっています。ただ上記同様、レバレッジを低く抑えているためロスカットされず、継続的にスワップを得ながら回復を待てています。

現時点では南アフリカランドの方が安全か?(2018年5月追記)

2018年5月時点でもトルコリラはどんどん下がっており、25円台、なかなか回復してきません。

(関連記事:トルコリラはどこまで下落するのか?史上最安値時の投資戦略について

スワップは高くて魅力なのですが、このペースで下落が続くと、スワップの発生が含み損に追いつかず、なかなか資産運用として頼れる存在にはなっていない感じです。

私の現在の残高です。

2015年から続けているトルコリラ投資ですが、もう84lot(84,000リラ)となり、最近の下落で含み損が26万ほどになっています。

ただ、毎月3万円近くのスワップが入ってきていますので、このままの価格で推移すれば含み益にはなると思うのですが・・・。

含み損の内訳です。

スワップが35万も溜まっているのは良いのですが、それ以上に含み損が大きいですね。トルコリラが30円に回復してくれれば、含み益となるのですが、耐え時が続いています。

一方、同じく高スワップ金利で人気の南アフリカランドはどうなのか?ということですが・・・


現時点の南アフリカランドチャートはこちら:SBI証券)

一時、2016年あたりで南アフリカランドは6円台まで下がっていましたが、2017年、2018年に回復してきて、9円台まで戻りました。こうなればスワップと含み益の両取りができ、スワップ狙いの堅持投資法が威力を発揮するんですよね。

その後も為替は安定しており、あくまで現時点ではありますが、南アフリカランドの方がトルコリラより安全性は高いのかなと思いますね。

では、現時点での私の残高です。


(2018年5月17日時点での南アフリカランド円残高照会 右端の列の上段が含み益 下段がスワップの金額)

2013年から続けているこちらもスワップ狙い、ドルコスト平均投資でやっている南アフリカランド円ですが、含み益とスワップ両方プラスになっています。

トルコリラもこれと同じようになるとは思いますが、現時点では南アフリカランドの方がリスクが低いかなと思いますね。スワップも小さいのでそのあたりはご自身の投資方針に合わせて配分するのが良いと思います。

南アフリカランド投資についてはこちら
南アフリカランド円FXを2年半続けて感じたリスクとメリットについて

トルコリラFXで堅実にスワップ収入を稼ぐ方法 まとめ

長文となりました。申し訳ないです。

以上、トルコリラFXで堅実にスワップ収入を稼ぐ方法について解説しました。以下、まとめておきます。

  1. トルコリラのスワップも高いFX会社で口座を開設する(1000通貨から取引ができスワップが高いみんなのFXヒロセ通商がおすすめ)
  2. 余裕資金を口座に入金する(5万円以上、理想は100万円以上)
  3. レバレッジを1倍〜2倍程度に抑えてトルコリラ安になれば買い増してトルコリラ高になれば決済するルールを繰り返す
  4. 毎日スワップが入金されるようになる 1日約100円(年利10%前後)
  5. 毎月給料の10%以上を投資に回して、雪だるま式に資産を増やしていく
  6. 月10,000円のスワップ収入を得るためには30lot(30,000TRY)が目安
  7. レバレッジを1~2倍に抑えれば急落時もロスカットされず、むしろ買いのチャンスとなる
  8. 現時点では南アフリカランドの方が相場が安定しており安全か(スワップは下がるが)

高金利スワップ狙いのトルコリラ円FX投資は100~1000通貨からであれば、少額から始めることができます。

できるだけ早く始めることで複利の効果を享受できますので、リスクを理解して投資のタイミングを判断してみてください。

トルコ情勢はまだまだ予断を許さない状況ですが、私も少額から少しずつリラに投資をしていこうと思います。以上、投資は自己責任でお願いいたします。

口座開設は以下よりどうぞ
トルコリラFXスワップ投資ならヒロセ通商

このエントリーをはてなブックマークに追加 


ハイリターン投資ROCK×SBI FXトレード

サイト主かんべえも重宝しているFX口座のSBI FXトレードとタイアップしました!

1通貨からトレードができるので初心者には特におすすめの口座です。



>>ハイリターン投資×SBI FXトレード(Amazoneギフト券3000円プレゼント)<<


⇒SBI FXトレードの詳細な情報はこちら


今月の注目記事

メキシコペソは投資に値するか?
⇒メキシコペソ円FXはスワップ投資としておすすめできるのか?