スキャルピングに最適なFX会社とは【おすすめFX業者比較】

このエントリーをはてなブックマークに追加 

スキャルピングに最適なFX会社はどこか、各社を比較検証した結果をご紹介します。

1.スプレッドが狭い会社を選ぶ

スキャルピングは1日に何度も売買することが想定されますので、スプレッドができるだけ狭い会社を選ぶことが必要です。

FX会社名米ドル円ユーロ円ポンド円豪ドル円NZドル円
JFX0.267銭(実質)
0.3銭(原則)
0.8銭1.3銭0.9銭1.4銭
SBI FXトレード0.27銭~0.69銭~1.19銭~0.77銭~1.79銭~
外為ジャパン0.3銭0.6銭1.1銭0.7銭1.5銭
DMM FX0.3銭0.6銭1.1銭0.7銭1.5銭

スプレッドが狭い会社4社を厳選しました。ただ、この中でSBI FXトレードは変動スプレッドになっており、1万通貨を超える場合はスプレッドが広がっていきます。ですので、スキャルピングメインのトレーダーには向いていません。

スプレッドを重視するのであれば外為ジャパンDMM FXがおすすめです。

また、JFXもスプレッドが狭く、10万通貨以上取引するのであれば、キャッシュバックを受けられ、ドル円実質0.267銭までコストを抑えることができます。

2.新規注文&決済が同時にできる会社を選ぶ

スキャルピングを主体とするのであれば、新規注文と決済注文が同時にできるシステムを持っている会社を選ぶべきです。

JFXは同時注文機能に強みを持っています。
JFX1

スキャルピングをするには嬉しい同時注文機能を兼ね備えています。

3.約定力の強い会社を選ぶ

次に必要な要件が約定力の強さです。高速売買をするのには欠かせない要件です。

これについてもJFXは強みを持っています。
JFX2

とはいえ、約定力は実際にトレードしてみて体感するのが一番いいでしょう。各社は約定力が強いとなっていますが、重要指標時には大きくすべったりしてしまうこともあります。実際のところはトレードしてみて体感がしてみる必要があります。

スキャルピングに最適なFX業者とは まとめ

以上、簡単ではありますが、スキャルピングに最適なFX業者はどこかについてご紹介しました。

スプレッドを重視するのであれば、外為ジャパンDMM FXがいいですが、高速売買、スキャルピングの操作性を考えるとJFXがおすすめです。通貨によってはスプレッドに差がありますのであなたがトレードする通貨ペアによって口座をわけるというのも一つかと思います。

例えばドル円、NZドル円であればスプレッドでも優位に立つJFXを利用し、その他の通貨であれば、外為ジャパンDMM FXを使うというのもいいでしょう。

以上、少しでも参考にしていただけますと幸いです。

参考サイト:JFXでスキャルピング ~JFXの評判~

このエントリーをはてなブックマークに追加 


ハイリターン投資ROCK×SBI FXトレード

サイト主かんべえも重宝しているFX口座のSBI FXトレードとタイアップしました!

1通貨からトレードができるので初心者には特におすすめの口座です。



>>ハイリターン投資×SBI FXトレード(Amazoneギフト券3000円プレゼント)<<


⇒SBI FXトレードの詳細な情報はこちら